人生案内の作品情報・感想・評価

人生案内1931年製作の映画)

POUTIEVKA V GIZN

製作国:

上映時間:122分

3.5

「人生案内」に投稿された感想・評価

柊

柊の感想・評価

4.3
マカレンコ教育の実践を映画にした作品。人間は目的を持った教育を受けると大きく変わることができると言う事なんだと思う。
ソビエト連邦時代の作品だし、今となっては、評価は微妙だけど、モノクロの世界に少年達が変わっていく過程は良かった。最後の列車のシーンはスーっと涙が出た事を覚えている。
蒸気が微かに響くだけのあの静かな空間に、音が聞こえるくらい重い脱帽。

モンタージュもキレてた。

いぬが死ぬことで、調和は破られ、混乱と破壊に巻き込まれる。いぬ、みんなといっしょに、あんなにご飯食べてたのに……。
あーや

あーやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画大国ソビエト初のトーキー映画です。連日ソビエト映画を観続け、6本目ともなると少しキリル文字のアルファベットが読めてくるようになります。н→N、р→Rとか。どうでも良いのですけどね。
初のトーキー映画なのですが、サイレント映画時代の作風からはあまり変わらない。音があるのに字幕を挿入していたり、音があるということで演者がやたらと大声で歌っている。そして少年たちの再生を描いているため、プロパガンダ色がかなり色濃い。戦争で両親を亡くして行き場を無くした孤児たちが不良と化していた街。しかし彼らが心を入れ替えて自力で線路を作って電車を走らせる。労働最高!という見事なラストでした。悪ガキ連中の中には娯楽施設を作ったメンバーもいたのですが、残念なことに成敗されてしまいました。。この時代は必要悪なんてもっての外!認められるわけがないですよね。面白い云々というよりも政府の検閲が凄まじいなぁというのがモロにわかる作品でした。
obao

obaoの感想・評価

3.7
@シネ・ヌーヴォ
浮浪児たちが勤労の喜びに目覚めてゆく…ガチガチのプロパガンダ映画。
娯楽は悪であり、勤勉こそ善であると。
NHK Eテレで昔(その時はもちろんNHK教育テレビという名称)よく見たような感じのもの。
しかし、これが意外と面白かった。

第一次世界大戦やロシア革命で親を失った子どもたちが、町にたむろし盗みや略奪を繰り返している。彼らを捕まえて収容所に閉じ込めても脱走したり、根本的な解決にはならない。そこで、工場を作って生き甲斐を見出させようと…。

ソビエト初のトーキー作品というフィルムをシネ・ヌーヴォさんが発掘しての上映。サイレント時代の大袈裟な芝居や字幕等の名残りもあり、過渡期…というかまだ移行し切れていない。資料的に貴重なものを観られたと…感謝です。

【ロシア・ソビエト映画祭】にて