人生案内の作品情報・感想・評価・動画配信

人生案内1931年製作の映画)

POUTIEVKA V GIZN

製作国:

上映時間:122分

3.6

「人生案内」に投稿された感想・評価

sanjuro

sanjuroの感想・評価

-
浮浪者だった少年たちが、労働をすることによって更生して、人間らしい尊厳を取り戻すという感じの映画だったと思う。
トロッコで線路をノリノリで進むムスタファが楽しそう。そして、そこからの展開がおもしろい。
線路の上で、夕陽のシルエットで人物を写すショットがかっこよかった。
czech

czechの感想・評価

3.7
ソ連初のトーキー映画だそうです。
無声字幕→トーキーの過渡期だからか、無声映画につきもののインタータイトルがお空を背景になぜだか3Dで入るのがユニーク。ラストの機関車のシーンでは意外とこれがいい仕事をしてる。
ラストのほうで、夕陽の風景を写しながら、ムスタファのうめき声が音声だけで入るシーンとか、お国初のトーキーと思えないほど手慣れた演出ですごい!
ムスタファが中央アジア系(?)でコーリカがロシア系なのは民族統一を掲げるソ連のプロパカンダと言おうかポリティカル・コレクトネスと言おうか。
労働バンザイな社会主義的テーマであるものの、ドラマとしても出来がいいし、凝ったショットも結構あって楽しめました。
労働教により野蛮人を文明化した話。労働のためには暴力も辞さないので展開が読めずハラハラする。明らかに西洋でもアジアでもない文脈
クソみたいな労働讃歌が流れるが普通に面白い。大胆な余白を以ってシルエットを際立たせた画作りとムスタファの面構えが大分良い。キートン、ルノワール。

このレビューはネタバレを含みます

ソビエト初のトーキー映画。

紛争によって浮浪児が増え、治安が悪くなった街。盗みや騙しが染みついてしまった子供たちに、児童保護団体は共同工場での労働を通して社会性と人間性を植え付けようと試みる物語。

今ではコンプライアンス的に完全アウトであろう児童労働など諸々の描写も、このようなプロパガンダがつくられる位には現実味があったのだろうし、無為という自由に晒された人間が堕落するのも頷ける。

教育と目的を与えられた子供たちが、自分たちに向けられる眼差しに応えようと生々としていく様は素直に感動的だったと言え、ラストの列車に乗せられ、みんなのもとに辿り着くムスタファの姿には胸を打たれた。

字幕の挿入や陰影によるダイナミックな演出などはサイレントの名残りを感じさせる。
ソ連初のトーキー映画
正直期待以上だった、字幕の使い方などユニークで観ていて楽しい

春休み33
浮浪児どもの風体がものすごい。基本的に猿。ソ連は猿を文明化したのだという偏見しかないプロパガンダだが調教する大人の方にも西洋的なヒューマニズムはないのでガチ感がやばい感じだった。もうどこを見ても今の世だと無理だよな。ガキにタバコ与えて懐柔するし、児童労働で更生させようとするし、ガキを堕落させた可哀想な街娼たちをボッコボコに殴るし、あと犬殺すし。

ガキを手駒にしたい窃盗団の頭目が工場の近くにインスタント慰安所を作ってガキにガンガン酒を飲ませ女を抱かせようとするのもすごいが、そんな輩は俺たちが許さねぇと警察ではなくガキ工員たちが銃を手に踏み込んで撃ちまくりながら慰安所を破壊していくのだからすごい。恐るべしボリシェヴィキ!この野蛮なパワーにはやはり圧倒されてしまうし、殺すか殺されるかの野蛮な生が労働と生産を通して文明化されていく過程はイデオロギー抜きに感動的なのであった。

ちなみにソ連初のトーキー映画ということでガキどものガヤとかがどうも売り物になってるっぽいのだが、素晴らしいのは音に頼らない影絵のような「決闘」の場面だったりするので、そのへんはまだサイレントの美学という感じがした。
プロパガンダ映画?
実際にいた方の働きを称えた作品なのかな…?

浮浪児達を信じて、まとめていく過程が面白い。

ラストの汽車のシーン展開は、胸熱の涙。
n

nの感想・評価

-
プロパガンダすぎておもしろい
靄がかかったりピントがあったりする画面が綺麗だった
HAL

HALの感想・評価

3.5
シネマヴェーラ渋谷"ソヴィエト映画特集"にて。

プロパガンダ臭さには閉口する。特に戦後付け足した部分は酷い。ただ、そこをやり過ごせばなかなか良い。
浮浪児が働くことに目覚め、生き生きしてくる様(これ自体がプロパガンダなんですけどね)の描き方は見事。ソ連初トーキーなんで、まだ手慣れていなくて、シーンの盛り上げ方は『戦艦ポチョムキン』ぽいのも私には嬉しい。
>|