1931年製作のおすすめ映画 293作品

1931年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督の街の灯や、ジュリアン・ウェストが出演する吸血鬼、フランケンシュタインなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

世界の喜劇王チャップリンの作品の中でも“名作”と名高い逸品。どこのレビューでも高評価の嵐であり、きっと本作を否定しよう…

>>続きを読む

盲目の花売りの少女に恋をしたチャップリン。本当の姿を隠し紳士のフリをして彼女と親しくなっていくが......。 はい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ホラーはあまり観ないので多くは語れないのですが、大きな音で観客をビビらせたり、ギャーギャーと騒いで驚く登場人物がいなく…

>>続きを読む

主人公アランが旅の途中で立ち寄った村の宿で、突然現れた謎の老人に娘を死なせないでくれと頼まれます。その村に滞在するうち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

生命の創造術を研究する若い科学者によって生み出された人造人間が、自我の発達途上により殺人行為に手を染めてしまう。人間の…

>>続きを読む

そういえば、フランケンシュタイン、ちゃんと見たことないなと。 フランケンシュタイン男爵家の嫡男である若き科学者ヘンリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ギャング映画の原点。 ジェームズ・キャグニーが脚光を浴びた作品。 シカゴに実在したギャングたちをモデルに創作された原…

>>続きを読む

脇道を一切見ない映画。 ジェームズ・キャグニー演じるトムに「葛藤」なんてものは全く用意されていない。母親の前では弱さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 せっかくだからトーキー・デビュー作にしようかと思ったけど、借りられなかったので代わりに同じく未見のトーキー3作目を鑑…

>>続きを読む

命知らずのルビッチがもし日本人として生まれていたのなら政界の策略的な男女関係より皇室風景をスマートな艶笑喜劇として映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最も好きな女優、マレーネ・ディートリッヒ。 彼女の気高く聡明で近寄りがたい姿、 スクリーンの中からこちらを見やる眼差し…

>>続きを読む

松岡正剛がディートリッヒの自伝から引用していた下りをさらに引くわけだから要は「孫引き」ってことだが、ディートリッヒに言…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

願かけ 酒浸りの元ボクサーと彼の息子との暮らしぶりを描くドラマ 友情がスゴい パパのことをチャンプと呼びます 子…

>>続きを読む

父と子の物語を型どるが本質にあるのは後の『少林サッカー』や『ロッキー』と同じなめんじゃねーぞ魂。 そして見事己に打ち勝…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんで「突貫貫太」なんだろう?と思っていて、裏ジャケみたら貫太の愛称で呼ばれるエディ・カンターて書いてあって、そこかよ…

>>続きを読む

ジョークのセンスがとても良かったです。日本語訳もかなり上手くいっていたのでは。ミュージカルシークエンスなどに時々挿入さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あるホワイトクリスマスの夜、ミッキー&ミニー&プルートの棲む家に、子猫たちが捨てられているのが見つかります。 この子…

>>続きを読む

クリスマス…☆ ミッキー & ミニーの家が…幸せそうに見えたのかな?…♪ 子ねこたち…やりたい放題…(^^;; 可愛…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

連続幼児殺人鬼の狂気を描いたサイコ・スリラー。監督はドイツ映画界の巨匠フリッツ・ラング。 学生時代、私はこの映画で、…

>>続きを読む

高度に演劇寄りな統制がなされてると同時に、映像芸術としてのゾクゾクさせるワークを完遂。飾って引き締めての演出術がじつに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

元祖ドラキュラとして名高い名作! ジョンバダム版『ドラキュラ』をオススメいただいたんですけど、まずは手元にあるこれから…

>>続きを読む

ドラキュラ伯爵の眼光に射抜かれても正気を保っていられるのは、よほど信仰心か自我の強い人間だけだろう。白黒映画だが、あれ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦前のドイツで作られた軽やかなミュージカル(オペレッタ)の最高峰 ナポレオンが欧州を席巻後、エルバ島に流刑になり、各…

>>続きを読む

何とも不思議な映画だねぇ。ナポレオン島流し後の欧州の体制をめぐる国際会議のために、ウィーンに集まった諸国の首脳たち。彼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

父と母を戦争で亡くし、預けられた先の伯母にまで見放された主人公マヌエラ、“秩序と空腹こそが国を強くするのだ”という学院…

>>続きを読む

トーキー映画の幕開けとテクニカラー誕生の間の時代に生まれた監督もキャストもすべて女性の徹底的に男性性が排除された花園。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フラハティの自然主義的表現とムルナウの卓越した演出が合わさり最高に見える!……かと思いきやムルナウの演出(と思しきもの…

>>続きを読む

ムルナウの作風的にはちょっと違うらしいけど『死滅の谷』しか観てなかったからそれは分からず。 “タブー”という枠で括ら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

拝啓、私の最も敬愛する映画人であるチャーリー様。 私が初めて【子供映画を除いて】映画館で観たのは貴公の「モダンタイム…

>>続きを読む

工場に吸い込まれるように労働者達はタイムカードを押し、流れるベルトコンベアに生気を無くしたように無言で作業に勤しむ。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「シマロン」 原題「Cimarron」 1932/12月公開 アメリカ作品 2017-205 アカデミー賞作品賞再鑑賞…

>>続きを読む

第四回アカデミー賞作品賞。 独立不羈の西部の男、ヤンシー・クラバットは、銃の腕がめっぽう立ち、弁舌爽やか、交遊関係の広…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

※授業で鑑賞したのを今さらレビュー 対極分析をしながらの鑑賞だったので その観点からレビューします。 映画の中には…

>>続きを読む

KAVC 神戸開港150年記念上映 ~映画初上陸は神戸だった!~ 「映画の初めて」集めました より。 1931(昭和…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2010/9/10鑑賞(鑑賞メーターより転載) 中世の隠れた財宝「マルタの鷹」を巡る争奪戦に主人公サム・スペードが巻き…

>>続きを読む

それなりに面白いが、映画としての完成度はもう一歩ではないかと思う。古典だが名作かどうかは微妙。 警察が始めから主人公を…

>>続きを読む

みにくいあひるの子

製作国:

上映時間:

7分
3.5

おすすめの感想・評価

これはいいですね。アンデルセン“みにくいアヒルの子”を悲劇にしなかったディズニーはえらい。というかアメリカらしい。 危…

>>続きを読む

田舎のねずみ同様小さい頃穴が空くほどビデオで見たディズニーの短編アニメ これも改めて見たときに感覚でわからせるような…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

モーリス・ルグランは(ミシェルシモン)憂鬱だ。仕事は退屈この上なく、家に帰っても口喧しい妻がいる。だが幸運なことに彼に…

>>続きを読む

ある女に恋した中年の画家がその女の背後にいたヒモの指示によってまんまと騙され、金も仕事も絵も失う話……ってどっかで観た…

>>続きを読む
>|