スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.4
モキュメンタリーだと知らなければ普通に騙されてしまいそうな、バンドの迷走密着コメディ。

リアルを組み上げる中で差し込まれる演出と誇張が絶妙で、時代が進めば進むほど「記録された映像」感が増して面白さが熟成していきそう。
悠平

悠平の感想・評価

5.0
絶頂から転落した架空バンドの迷走を描いた映画。

人形劇の後にバンドをやらされたり、軍の基地でバンドやらされたり、セット裏で迷子になったり、バンドで喧嘩したり、リーダーの彼女がめちゃめちゃ口出ししたり、
バンドの方向性がコロコロ変わる。

バンドメンバー全員馬鹿ばっかりで微笑ましい。というかサイコーかよ!!ロックは馬鹿じゃねぇと。

インタビューが深そうに見えてわけわからない。
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
字幕作成者の誤訳がすごく多い気がする
バンドメンバーがあまりにブサイクでスタイルも悪くてオーラがなく、ステージパフォーマンスも酷いもんだから、風刺になってない
80年代のhr/hmが好きな人がもう10年先輩のバンドを時代遅れだとdisるために作ったのかな、と思ってしまうね その点でおれは80年代のヘビメタが全然好きじゃないから楽しめなかった
スタンドバイミー撮ってる監督と知って安心した クソな訳だ
(追記)字幕作成者の須賀田昭子は実在しないとも言われてるらしいね これも納得
やまだ

やまだの感想・評価

3.3
モキュメンタリーってどう観れば正解なんだろう。ところどころ好きなんだけど、、、何がきっかけでスタンドバイミーに繋がってくんだろう。

好き→ステージまで迷子。クリケットのラケットは便利。オリーブの中身ってなんだ??
Sugar

Sugarの感想・評価

4.0
彼等の事はしっていましたが、ようやく作品を鑑賞。架空のバンドのドキュメンタリーですね。曲もオリジナルみたいですが、中々カッコ良かったです。歌詞はアレですが(笑)バンドが大ブレイクして、ドン底まで落ちメンバー間のいざこざがあって、最後は元の鞘に戻る。しかも日本で復活してくれるとは。巨人のユニフォーム、背中には背番号1、OHの名前が!時代を感じさせてくれます。ストーンヘンジのステージセットの大きさを間違えて、ちっこいのが上から降りてきた時には爆笑しましたよ。ハイスクールロックと並ぶ、ロック映画の最高峰!
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.0
ロックバンドのドキュメンタリーって実在だったから面白かったんだな
Rockumentary(Rock+Mockumentaryの造語?)映画。1984年制作だけあってさすがに古臭い。キャラが立っててリアル感たっぷりだけど、曲はイマイチ。でも、最後はニマッて出来たから良しとするか?

当時の日本の「洋楽」は、欧米の音楽シーンとは全く違って動いてた。ちゃんと映画に取り入れてるところはさすがです。
調べたら、これカルト映画として評価されてるのね。笑うに笑えない微妙なところも、わざとなら凄いな。まあ僕は「ROCK OF AGES」の方が好き。
ルネ

ルネの感想・評価

4.0
1984年。 監督はロブ・ライナー。

架空のハードロックバンド、スパイナル・タップのドキュメンタリー。

元ネタの使い方やバンドの前身バンドの映像など、結構丁寧に作られてる印象で、もっと無茶苦茶だと思っていたのでちょっと驚きました。 

歴代ドラマーが全員死んでたり、ツアー中にメンバー同士がケンカで離脱、人気が下火になってて人形劇と同じ会場でライブさせらりたりとか、かなり笑えます。

僕がこの作品の名前を初めて聞いたのは20年以上前で、ガンズのスラッシュの発言から。 当時ガンズのボーカル、アクセルは「オーディエンスに負けない気持ちになれるまで」2時間とか控室から出てこない人だったのだが、スラッシュが「アクセル待ってる間に『スパイナル・タップ』を観終っちゃったよ(笑)」と言っていた。

カルト的人気を誇る作品のようで、監督がこの後『スタンド・バイ・ミー』を撮るロブ・ライナーというのも面白い。 ユーモアのある、ロック愛に溢れた人だったんだろうと想像します。

ロック好きには観て頂きたい作品です。
すずき

すずきの感想・評価

3.1
1984年、10年以上のキャリアを持つUKハードロックバンド、スパイナルタップの全米ツアーに、監督が同行、その全てを赤裸々に撮影したドキュメンタリー映画。いや、モキュメンタリー映画。

映像がリアルで、ライブの様子や、挿入される過去のMV映像とかホンモノっぽい。
でもそれだけに、一部のシーンでのカメラワークの不自然さ、意図的なギャグの不自然さが目立つ。
例えば、「ライブ中にメンバーの一人がカプセルから登場する演出なのに出られない、やむを得ずスタッフがこじ開ける」というギャグ。その様子は劇中ではしっかり撮影されてる。
だけどもっとこう、明らかに事故ってるのに、カメラはなるべく隠そうとする。だけど画面端にスタッフがこじ開けてる様子がひっそりと映ってる、みたいな、それとない演出の方がいいんじゃないかな、と個人的に思ったり。
自分はそーゆー点が気になったしまったけど、基本コメディ映画だから、細かい事は気にせず楽しむのが吉。

洋楽ロックバンドあるあるネタやパロディばかりで、元ネタが分かる詳しい人には爆笑モノなんだろーなー。自分にはちょっと難しかった。
「ドラマーが何度もメンバー交代」や、「『ビートルズ』にでいうところの『オノ・ヨーコ』的なボーカルの恋人」ネタしか分からんかった…。
wikipediaにも一部の元ネタの解説が書かれてるので、それ読んで、自分に合うかどーか見極めてから鑑賞してもいい、そんなカルト映画。

パロディネタは難しかったけど、クライマックスの展開は漢の友情と音楽の力を感じさせる展開で燃える。
初代ドラマーは庭いじり中に変死。2代目ドラマーは他人の吐瀉物を喉に詰まらせ窒息死。3代目ドラマーはパフォーマンス中、自然発火により緑色の粘液だけを残し消失。
度重なるメンバーの悲劇的な死を経てもなお活躍する架空のハードロックバンド「スパイナルタップ」の素顔に迫ったモキュメンタリー。

ハードロックやメタルなどの正気か冗談か分からない絶妙にダサい演出やルックスや歌詞を、これまた絶妙な塩梅で戯画化。
門外漢の私ですら面白く感じたので、この手のジャンルの音楽に詳しい人ほど笑えると思います。