スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

擬似ドキュメンタリー形式の冷徹なカメラを生かしきって、落ちぶれていくロックバンドとそのメンバーの自意識の可笑しさを描いたコメディ。他人には時に滑稽であっても、好きなことが出来る人は輝いているのかもしれない。笑いのセンスも84年としてはかなり今っぽい。短いのもよい。
324

324の感想・評価

3.7
当時にこれを作ったというのはやっぱり凄い。なにより面白いのが凄い。
noxco

noxcoの感想・評価

3.5
架空のロックバンドのドキュメンタリー風。バンドの軸がブレブレすぎてめちゃくちゃ面白い(笑)
映画好きより、音楽バカにしかもバリバリのメタラーとハードロック野郎に診て頂きたい作品。

まあ、主に70年代のパロディが詰まってるんで後追い世代のわたくしにはあんまり笑えない事もあるんですけどね!

バンドがダメになる大体の原因は〇〇って決まってるんやね!
やくぶつでは無いのでね!

途中のケルトっぽいサントラ好きやな!
ペジオ

ペジオの感想・評価

4.0
自分は映画が好きではあるが、「じゃあ」映画が他の娯楽や芸術よりも優れているのか?と問われれば口ごもる
でも映画というメディアの弱点や悪口を必要以上に浴びせられれば「…ちょっと待てよ」と反論したくはなる
好きなものを貶されると、それを選んだ自分を貶されている様な気分になるからだろう
「我」ながら不純物の混じった愛情だと思う

モキュメンタリーというこの映画の作り手の対象への愛情表現は見習わねばならない
「自分が好きなものが必ずしも素晴らしいものとは限らない」という至極当たり前の事実に乗っ取った距離感を保っているから
だから笑える所は殊更強調して笑いものにする事ができる
対象の褒められない部分も丸ごと受け入れる愛情には「自己愛」などという不純物が入り込む余地は無い

劇中バンド「スパイナルタップ」もただただロックが好きなんだろうなあ
好きなものに一心不乱に興じる様は滑稽だが愛らしい
そもそもロックにはどこか滑稽さや馬鹿馬鹿しさと同義なところがある
主観的な熱狂の裏には客観的なドン引きや笑いが伴うものだ
まあでも楽しんだ者勝ちなんですけどね

散りばめられたロックの小ネタも「ありそうw」と思えた

自戒の意味も込め、もう一度言います
「自分が好きなものが必ずしも素晴らしいものとは限らない」
USK

USKの感想・評価

3.8
完全にロックバンドのドキュメンタリー映画。しかし「スパイナルタップ」なんていうバンドは実際には存在しない。
偽ドキュメンタリーとかいう謎の映画でしたが結構面白い。
イペー

イペーの感想・評価

3.6
かの名作、スタンドバイミーは成る程この作品のセルフリメイクだったんだ!などという事は決してありません。
モキュメンタリーという手法はこの映画で有名になったんです。…ウィキペディアなんて見てません。
バックステージで迷子になるシーンがアホ過ぎて脱力‼︎

このレビューはネタバレを含みます

マイケル・マッキーン目当て。とにかくマッキーンさんが若くてむちゃくちゃイケメンなので彼のファンは必見。ドラマーだけが謎の変死を遂げ続けるバンドというだけでもうなんか凄まじい破壊力がある。現ドラマーはいつ死ぬんだ?と思っていたら最後の日本公演ではやっぱり死んでおった。こういう小ネタがぴりりと効いていて、最後まで楽しめた。
EriIto

EriItoの感想・評価

-
しょうもなさすぎて笑った。

ロックミュージシャンの紙一重感が余計わらえる。
よくも悪くもすごく80年代的なコメディ。
オンタイムで観たら笑えたかもしれないが、今観ると微妙。

ジョン・ボーナムやキース・ムーン、オノ・ヨーコのパロディは面白いっちゃあ面白いが、こすられすぎて古くさい。まあそれもしょうがない。なにせ30年前の作品だし。

個人的には「マーシャルアンプ」のくだり(“UP TO ELEVEN”)がツボ。

DVD(7/4/2015)