小さい逃亡者の作品情報・感想・評価

「小さい逃亡者」に投稿された感想・評価

1966年の日ソ合作映画。両親がおらず叔父とともに流しのバイオリン弾きをして生計を立てている10歳の男の子が、実は父親がモスクワで生きていると知り、単身、ソ連に密入国してモスクワを目指す⋯という壮大なお話。衣笠貞之助、小国英雄、宮川一夫、宇野重吉、京マチ子、船越英二、宇津井健と、日方スタッフ&キャストはやたらと豪華。ソ連側も相当なモノらしいがよく知らない。

基本設定が似ているだけに、どうしても名作「ボクは五才」(幼児が父を探して高知から大阪まで、単身、旅する話)と比較してしまうが、アチラが物語や設定にリアリティを持たせるべく、色々と工夫を凝らしていたのに対し、コチラはどうしても設定と筋立てに無理がある。

しかしながら、ナホトカ、ハバロフスク、イルクーツク、サマルカンド(当時はソ連領)、レニングラード(現サンクトペテルブルク)、モスクワ、シベリア鉄道、タイガ(「デルス・ウザーラ」ばりの)、木材輸送の巨大筏(筏の上で生活しながら川を下る)など、当時、鉄のカーテンに遮られていた向こうの情景がふんだんに登場、現在でもじゅうぶん楽しめるこれらのロケーションには一見の価値がある。

また、舞台が日本からソ連に移ってからのパート(ソ連側のクルーが担当したパート)も丁寧に作られていて、さすが国を挙げて映画芸術を高めていった国だわいと感心させられる。音楽もやたらと哀愁を帯びた名曲なのだが、これに関しては、日本人感覚的には少々物悲しすぎるかもしれない。

何より、設定や筋立てに少々無理があろうと、作品に多少のプロパガンダ的意味合いが込められていようと、いたいけな少年に優しく接する日ソのオトナたちと、彼等に見守られながらも逞しく旅を続ける少年と、その結果彼を待ち受ける運命が織りなすドラマは感動的である。
内容ほとんど覚えてないけど、まだ幼稚園?小学校?の頃にBSで観たのは、たぶん、この映画です。
1966年に作られた日本とソ連の合作映画。

親のない少年が父を探しにソ連へと一人で旅立つという物語であり、日本での撮影は衣笠貞之助が監督。

主人公の孤独な少年は異国の地であっても、その抜群のコミュ力と愛嬌だけで危機を乗り越えていく。

登場する人物の表情がみな温かく活き活きと撮られているのがよかった。

なかでも主人公の少年の目は常にキラキラしており、好奇心と淋しさを同時に表現した見事な逸材であった。

日本とソ連の両監督が映像化した作品であるが、二つのパートの移り変わりに違和感が無かったというのが逆に面白かった。