刺青の作品情報・感想・評価

刺青1966年製作の映画)

製作国:

上映時間:86分

3.8

「刺青」に投稿された感想・評価

MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.2
若尾文子演じるお艶の調子が一辺倒に思えた。強い冷徹な女なのは伝わるが、それ故にあまり女性的魅力を感じられなかった。谷崎特有の変態的おどろおどろしさを期待してしまったのでちょっと残念。
koro

koroの感想・評価

3.2
刺青を彫る前と彫ってからの差がないように思えたけど
徐々に強烈になってゆく方がこわいよな、と思った時に、でも若尾文子自体にあまりぞっとしなかったのも事実。
相手の男の豹変が一番こわさを感じた。
にしても、濃い。
若尾文子が増村監督と格闘したと思われる作品で、熱演!

背中の蜘蛛が生きているみたいでした。
yosimiki

yosimikiの感想・評価

4.0
若尾文子まっしろいなめらかな背中さいこう
戦闘シーンぜんぶはらはらした〜
Lisa

Lisaの感想・評価

3.7
若尾文子の存在はもはや芸術…。
常に生意気で誰にでも刃向かう彼女が男に襲われる瞬間、女に対する絶望と色っぽさが同時に沸いてしまう。これって若尾文子だからこそ成せる技だと思う。。この人は本当に色んな種類の危険な女になれるんだな…すごすぎる。

と、同時に彫り師の存在感よ…。
あの生命力のなさ、どこにでも現れる感じから、最初から彼は死んでんじゃないかとも思えてしまった。ウロウロしすぎ笑。

明らかにスタジオで撮ったであろう前半の橋のシーンはかなりチープで、時代を感じてしまった。。。
akikoishii

akikoishiiの感想・評価

5.0
文楽落語の要素が散りばめられ、新藤兼人の脚本が光る!宮川一夫のキャメラが江戸時代に誘う全てが江戸時代にタイムトラベル出来る素晴らしい作品。

このレビューはネタバレを含みます

男を手玉に取り
勝ち気で肝っ玉の据わった女と
意気地なしの煮え切らない男。
果たしてどちらが狂気的なのか
嘆く男の姿に迫りくるものを感じさせる。
谷崎潤一郎氏の他作品は好きだが
これは作品そのものが苦手。
りんご

りんごの感想・評価

3.7
増村作品のナチュラルにとんでもない気狂いになる若尾文子が好きなので物足りなかった。

色白ムチムチ文子は芸術作品。
uemiki

uemikiの感想・評価

4.5
いいいいいいいい

宮川一夫撮影監督
久しぶりに見て
見ていて、これが日本の映画って
感じになれる心地よかった〜
撮影かっこいい色もかっこいい
こんな撮影、新作で見たいな
あいにくこれが別に好きじゃない。増村監督作品としてなんとか安っぽいし、物語もキャラクターもどうでもいい・・・「卍」もそうだったから谷崎潤一郎の映画化は僕にはダメかもしれん?他の監督の谷崎小説の映画化の方が好き、池田敏春の「鍵」とか。
>|