刺青の作品情報・感想・評価

刺青1966年製作の映画)

上映日:1966年01月15日

製作国:

上映時間:86分

3.8

「刺青」に投稿された感想・評価

くずみ

くずみの感想・評価

4.0
コントラストの強い、アシンメトリーな画面構成から目が離せない。若尾文子の一部分を写さなくても、ここまで官能的に見せられるという自信に満ちている。
女の復讐譚ととらえれば爽快感も漂う。殺しの表現や雨中の移動など、歌舞伎の南北や黙阿弥を思わせる描写に風情がある。
すー

すーの感想・評価

4.0
「刺青」というかほぼほぼ筋は「お艶殺し」

若尾文子の艶めかしい白肌、そしてファム・ファタールっぷりを堪能する映画。惚れ惚れする程の美しさとふてぶてしさでもって男を手練にする様が凄い…いやあ魅入った。
ドラマチック ドラマチックだが大袈裟に感じる場面もあった どんどん豪胆になっていくお艶が良い
I

Iの感想・評価

4.2
若尾さん演じるお艶のドスが効いたかっこよさエロさ。ドロドロした展開に毒々しい鮮やかな色合い、光と闇の演出がドラマチック。
Jasminne

Jasminneの感想・評価

3.5
原作読んだけど記憶が曖昧。「卍」と混ざったり。それは若尾文子のせいでしょう。
自分を理不尽に扱うアイツとかそいつとかにできる範囲の報復をするのは綺麗じゃない勧善懲悪で私好み。

177
長谷川明男だけが可哀想だった。

それにしても若尾文子の彫られる時の悶え方は声といい仕草といい刺激が強過ぎる(笑)
わ〜かおあやこのせな〜か〜のその刺青のせいだよ〜♪ (香水の節で)
若尾文子に刺青を彫るザクザクって音が耳に残ります。官能的です。
miyagi

miyagiの感想・評価

3.5
若尾文子の異常な肌の白さから放たれるファムファタールの気質。
宮川一夫の撮影がワンカットワンカットばっちばちにキマリすぎてて話がどうでもよくなってしまうレベル。
お前を殺して俺も死ぬ。ってその心意気迷惑なだけやで。
谷崎潤一郎原作 4Kデジタル復刻版。

背中に女郎蜘蛛の刺青。
男を次々と手玉に取り破滅させてく若尾文子が美しすぎる。
>|