ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

ゆうむ

ゆうむの感想・評価

4.0
諦められない夢をめぐるお話。ズキズキ刺さる内容だけど、見終わったいま爽やかな気持ち。
もやし

もやしの感想・評価

3.7
心の深いところを覗かれたようにじくじく痛み、胃のあたりがみぞみぞする感覚。でもそれが何故か心地よくも感じられる。夢といったテーマに対して考えさせられる作品だった。

すこし抉られるように見るのにエネルギーを使った。夢の叶え方のようなサクセスストーリーではなく、夢の諦め方がわからないといった現実。

後半の天童の相手の言葉を引き出すような柔らかい言葉や表情、みち代の段々とすっきりと晴れやかになっていく雰囲気が良かった。

お互いに帰っていくところだったり起き上がったり同じことをしているときのシーンのカメラの切り替わり方が好きだった。
安田くんが可愛いな。おと・な・りの2人が立場が逆になってでてくるのが面白い。2時間は長い。
kottan

kottanの感想・評価

3.5
何度心が折れてもとことん夢を見る女とやってもみないでそんなこと簡単だと豪語する男。
頑張っても叶わないことは世の中にたくさんある。いい歳して夢ばかりと言われても恥ずかしくてもイタくても、夢を見ることは楽しい。そんな気分になる映画。
みっこ

みっこの感想・評価

4.8

ひさしぶりに
過去邦画で
良い作品をみっけました

共感の連続で
おえおえ泣いてしまった

なんて生々しくて
切なくて
痛くて
そっと横にいてくれる映画なんだろう

DVDにありがとうって
伝えてしまいました、思わず
ざき

ざきの感想・評価

4.2
個人的にラストがすごく好き。
悲しい終わり方でもなくめちゃくちゃハッピーエンドでもない、でも中途半端って表現はできない終わり方。
正直主人公にイライラしてしまったけど、そういう葛藤がそれほどうまく描かれているんだなあと。
これを見て人生変わる人、いるのでは?
この映画を作った方はどうなんだろう?って作品を見ながら何度も思いました。
女同士の汚い部分も男女間の汚い部分も業界の汚い部分も描きつつ、夢を追うことに対するポジティブな印象を与えている。
匙加減が神だと思った。
ジャニーズが主演だからといって敬遠するものではないですよー。
図書館で無料で借りれて鑑賞。


「自分は特別」と思い、夢を抱いてしまった、そして叶えることのできないまま大人になってしまった往生際の悪い大人たちの話。

夢に挫折した経験を持つ大人なら、少なからず共感できると思う。

夢って諦めどきがわからない…!

という言葉は、確かにそうかもなと思ったし、自分も挫折したことのある身として、うっ!てなるところもあった〜

ただ主人公は、脚本家になりたくて"ばしゃ馬"と呼ばれるにしては、いつでも実家の両親が待っててくれてるという点でかなり恵まれているので「崖っぷち」さはゼロ。

あと、泣きすぎやろ…

やっぱり個人的に、女性が男性の前でメソメソしてるのを見るのはちょっと不快…
特に、元彼に対して「あわよくば」感を出しまくってメソメソ泣くあのシーンは、良くも悪くも印象に残った!

山田真歩さんめちゃいい!🙆‍♀️💮💯
めいり

めいりの感想・評価

3.8
夢を追いかける男女のほっこりムービーかと思いきや、いい意味でグサグサ期待を裏切られた。

思い通りにいかない人生と、それでも諦めきれない夢、いくつになってもどこかで「自分は違う」「自分は成功する」という気持ちがあって、もがき苦しむ女の人と、

まだ若く失敗を知らない青年の「自分はこれから成功する」という根拠のない自信が、
どれも本当に本当にリアルで、痛くて、優しかった。

最終的にどうなるか、本当にだめなのか続ければ上手くいくのかは、神様以外誰にもわからない
だけど、年を取るたびに、失敗を重ねるたびに「なれる、なりたい」という気持ちに対する「だめだ、将来どうしよう」という気持ちが大きくなってきて、もうやめるもやめないもギリギリのところにいる主人公。
でも、いざ辞めよう、諦めようと思ってみても、憧れる気持ち、脚本を書くことが大好きな気持ち、どうしても脚本家になりたい気持ちが捨てられない、それで男に救いを求めたり、成功した人の作品を批評してみたり、そんな葛藤が痛々しく伝わってきて目が離せませんでした。

自分も似たような境遇にいるため、
ラストには背中を押されたような、現実を見せつけられた複雑な気持ちになりました。
自分がみち代ルートを辿るのか、それともまだ見ぬ天童くんルートなのかわからないけれど、このどうしようもない葛藤は本当に自分を見ているようで、個人的に感情移入しまくりました。

あと、邦画の良さが出てる映像の雰囲気が好き。
kanz

kanzの感想・評価

3.3
美人だなぁ麻生さん
ペッティングシーンで岡田義徳がやめるとこめちゃ良かった

ちょいちょいキャラの濃い人らをムダに使うシーンとおかんと息子の話すシーンが良かった

良いシーンとフレーズが多いのになぁ〜

このレビューはネタバレを含みます

最初は安田くんがきつかった。だんだん麻生久美子がきつくなっていった。わたしもこの間バイトの面接で「君のいっていることは薄い。この仕事はそんなに楽しいものじゃない。好奇心だけじゃだめなんだ」と言われたばかりです。とてもリンクしました。というか、言われた日に泣きながらツタヤにいって借りて来た映画でまた言われて、辛いです(笑)麻生久美子を見るのが辛くなっていったのは、わたしもおんなじことを言われて、おんなじように泣いたから。安田くんを見るのが辛くなくなっていったのは、彼はだめなところを指摘されて、ふてくされずにちゃんと向き合う姿勢を見せたから。

そしてわたしも、夢を叶えられる方の人間だと思っていました。というか今でも思ってます。「夢を叶える人はいるけど、それの倍叶えられない人もいる」って言葉が残りました。わたしは叶えられないかもしれないけど、それでも悔いのないように、一生懸命ばしゃ馬したいと思います。

安田くんの恋、応援しています。ぜひ、シナリオ通りになってほしい。

映画なのに股間にそのままのモザイクを入れてる映画は初めてみました。サイコーに笑えました。あとジャニーズなのにオナニーシーンがあるのも(笑)