パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Ri

Riの感想・評価

4.3
2013年ボストンにて実際に起こった爆弾テロ事件を題材とし犯人逮捕までの経緯を描くノンフィクション作品。

そしてピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグのコンビが描く実話作品第3段。

警察たちの戦いだけでなく一般市民にも焦点をあてて事件が起きる前と起きた後の状況などすごくリアルに描かれていてとても緊迫感のある映画だった。
もちろん実話だから実際に被害にあった人々の話を完璧に再現しようとし過度な映画らしい脚本にせずありのままの真実を映そうとしたスタッフたちの努力にも脱帽。

そしてトラウマが甦る可能性もあるのに映画に協力してくれたボストンの人々の絆や精神力が凄いと思った。是非ブルーレイを買って本編だけでなく特典映像も鑑賞してほしい。
実話っていうのがつらい…
ケガの描写も思ったよりしっかり映して痛そうで…
いつも実話系の映画は役者さんを本人に寄せててすごいなあと思う
メリッサブノワが出てるの、途中まで気がつかなかった
おりこ

おりこの感想・評価

3.2
普通。テロ直後にネットでたくさん記事を読んでて、その通りのストーリーだったから目新しさもなく。もうちょっと記憶薄れてから見れば良かった。
ボストン・ストロングに備えて見直し。犯人が行き当たりばったりで無計画な感覚でテロを行う奴だった所や、前例の無い通常に無い手順の操作、あっさりと現場のスマホからデータ抜いてるところとか今見ても色々考えさせられる映画。何よりもこの二人が白人のイスラム教徒って所は社会の闇を見せつけられる。
emma

emmaの感想・評価

-
アメリカで9.11以降特に大きな問題となっているイスラムによるテロ、そしてイスラム教徒やサリーを着けた女性に対する差別。私は差別主義では無いが、アメリカに住む人間として、差別される側に原因はあるのだとこの作品を見て再認識させられる(ただこれは”いじめられる側にも問題がある”概念とは全く別物だって事を大前提として)。トランプのイスラム教徒の入国を拒否する政策が最善かは別として、一人でも多くの命を守る策の一つであることは確か。
NuTs

NuTsの感想・評価

3.2
実話だとは信じ難い出来事。
アメリカの"社会"がこの事件を通して垣間見えた。→9.11での宗教への対策など…気難しい…
実際の映像が入っていたので「本当にこんな事が起きるのか…」と現実味が出てきた。
展開のテンポも絶妙で観やすい。
泣けましてた。
mutty

muttyの感想・評価

3.5
実際にあった出来事。

東京マラソンに出場するのが怖くなりました。エントリーもしてないけど。

大都市ボストンで起きたテロ。
都会で電車に乗るのも怖くなった。

テロリストを捜査して追跡できて良かった。
ニューヨークで大惨事にならずに済んで本当に良かった。

負傷者の方々の傷が少しでも癒えますように。
ローンサバイバーと比べると、アクション少なめでエンターテイメント性は低めかも。
ただ、事実に基づいてるので、そこは仕方なし。
ボストンの団結力に最後は感動。
yun

yunの感想・評価

2.5
ボストンマラソン爆破事件。
実話が元なのでストーリーに関してはコメントしないけど、主演にマークウォールバーグ(ハリウッドスター)起用はなんだかコレジャナイ感。

そもそもアメリカのこういう事件は、“裏側”が気になって素直に受けとめられない。
色んな意味で、フィクションだったらいいのになと思う。
テロはいつあるかわかりません。怖いですね。テレビのニュースで見ました、犯人逮捕の場面。
思い出されます。