パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

"君たちを忘れない。この街はくじけない。ボストンよ、強くあれ。"

マークウォルバーグ主演、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の映画化作品。パトリオットデイ、のタイトル自体がまず愛国者の日だったんですね…予備知識がない自分には、まずそこからでした。(^^; とても歴史ある国民的マラソン大会だったみたい。
そんな内容なだけに、愛国心の塊みたいな、いかにもアメリカ!って感じの映画なんだけれど、無駄なアクションやBGMは省き、事件発生から犯人逮捕まで緊張感がものすごかったです。血やもげた手足など、描写も容赦なく生々しい…リアル。
初っ端から犯人グループや時間に関わる人々にスポットを当てていて、次第にリンクしていくので24に近いつくりと面白さがあった!とにかく人々の強さ、愛情、絆が力強かった… ラストは悪い事が起きても、悲観しない前向きな持って行き方なので、救われる映画でした。ラストの助かったテロ被害者同士のハグ…泣けました(T . T)

やはり今回も、名作の陰にJKシモンズアリ。笑
いい映画
ちゃんとみればよかったのかも笑
実話だし考えさせられる
paulriku

paulrikuの感想・評価

4.0
地元警察とFBIの犯人を追い続ける様は実際の事件を扱っているだけにリアリティーがありました。緊迫感が半端無いです。
秋

秋の感想・評価

3.9
いきなりオタクの話だけど

漫画のうしおととらみたい

スゲーヒーローが1人でなんでもやります!
みたいじゃなくて色々な人が色々な人生があって 愛した人 友人 家族がいて
人質になる人にも大切な家族 気になる彼女

1人1人の人生には色々な生き方がある

まさに雑草という花はない

という感じで
とても丁寧に絵がガレていた

とても良かったが

ただし

その丁寧さに犯人側の視点がとても少なかったのが残念
映画という時間が限られたなかで難しいと思うが
何故犯人がそのテロを実行したかの動機の描写も欲しかった


観た後仕事頑張ろうと思った
観て良かった
Gatt

Gattの感想・評価

3.8
実際の事件を2時間でリアルに再現した良作。誰が主演というわけでもなく、群像劇的に4日間を追う。
犯人を追い詰めての銃撃戦の迫力は、ドキドキさせられた。
最後の5分は完全にドキュメンタリーを挟み、事件に携わった人々や、被害者の今の姿を映してくれる。悲劇的な事件だけれど、その中で生まれた人間の強い姿が心に残る。
sanbaasan

sanbaasanの感想・評価

3.8
2013年4月15日、愛国者の日に開催されたボストンマラソンで実際に起きた爆弾テロ事件を題材に、警察・FBI・市民が一丸となって犯人逮捕へ突き進んでゆく物語。
.
予告を観た印象では、
「大捕物で警察すごーい!のよくあるアクションものかな」と思っていたけど、
実際はとても地道で、繊細で、メッセージ性の強い物語でした。
.
ところどころに挿入される実際の映像とエンディングの本人インタビューによって、この物語に大きな説得力と共感性を持たせることに成功していたように思います。
.
自分ひとりの力ではどうすることもできない事態に直面したとき、
人は悲嘆に暮れ下を向き涙を落とすことしかできないのか。
主人公は言います。
悲しみよりも深い、声にならない呻きを吐いたあと、その目に宿るのは悲嘆ではなく戦いだったと。
そこでは神と悪魔が戦っていて、悪魔の攻撃を防ぐことはできないが、たとえどんな攻撃をもってしても神から愛を奪うことはできない、愛こそが悪を打ち破るのだと。
.
ここで言う愛とは、
愛国心であり、家族愛であり、自愛であるかもしれない。
どんな残虐非道なテロリズムをもってしても、KANの名曲ではないけれど最後に愛は勝つのだと、実にアメリカらしい明快なメッセージでこの映画は終わりを迎える。
.
でもここで忘れてはならないのは、
犯人側の視点であり思想で、
たとえ兄弟や妻、娘がどうなろうと、聖戦と信じる行為に殉じる覚悟というか、盲信(猛進)の裏にある神かはたまた悪魔への愛の存在。
愛と愛がぶつかり合う故の痛ましい惨劇を、果たして誰が、何が止め得るのだろう。
.
このあたりにあと一歩踏み込んで問題提起をするような作品であったならば、もっともっと深く心に残る作品になったかもな。
それでもやっぱり、最後の最後のシーンは目に焼き付いて離れない、実話だからこそ持てる圧倒的な重みにやられました。
アメリカ人は人が死にまくる銃撃戦の映画が好きだったり、他所の国に爆撃したり、【他人の痛み】に鈍感なのに

自分が傷つけられる【自分の痛み】には敏感だなー、と

それでも、やっぱり理由はどうあれ

【テロ、ダメ、ゼッタイ】
K1

K1の感想・評価

4.0
最大の危機は、最大の奇跡を生むーー

実話ベース。
この映画を観ていると、卑劣なテロリストたちへの怒りが沸々と湧いてくる。どんな理由や背景があろうと、罪のない人々の命を奪うことは絶対に許せない。
それにしても、アメリカの団結力はすごい。
こんぶ

こんぶの感想・評価

4.3
BOSTON STRONG
日本でも衝撃だったボストンマラソン爆破テロ。あの防犯カメラの映像が何度も流れていたのを覚えている。まるで映画のような展開だけど、これが事実なのが怖い。犯人達は本当に無差別で、妻が話していた「シリアではもっと罪のない人が殺されてる」って言うのは、だからこそ殺人やテロ以外での方法を考えなければいけないのでは?と思った。
捜査官も警官も市民も、みんなそれぞれを守って助け合って、この早い解決に繋がったのだと思う。負傷者の人達が家族と会うシーンで泣いた。最後の数分で当時の映像やインタビューに切り替わるのですが、その数分がとてもよかった。皆さんとても強くて素敵だった。こういった事件が2度と起こらなければいいのにと思わずにはいられない。
愛国者の日。その悲劇の全貌と信実、事実が語られる。マーク・ウォールバーグ✖︎ピーター・バーグ✖︎ノンフィクションは最高の作品になる。ボストンマラソンの悲劇を題材にし、突如悲惨な状況にされたボストンの街の人々が強くたくましい愛の力で乗り越える!まさにパトリオット(愛国者)