アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティ…

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

KanaeSh

KanaeShの感想・評価

3.4
あまり好きでなかった後輩や、少し病み気味の妹に、オススメの映画として進められていた作品。

たまたま実家で一緒になった妹に、Amazon primeで今観れるよって、また勧められて観てみた。

エンディングロールまで、
なんかありがちな作品かもって脳で考えてしまってたけど、
なんかふと自分のこと見つめ返したらすごく悲しくなって涙であふれた。

色んなことがあって嫌なこともあるけど、その時にしか出会えない人や、できないこと、感じられないこと、ちゃんと大切にしていきたい。
AOI

AOIの感想・評価

5.0
恋愛と思いきや家族愛の物語

最初はタイムトラベルに頼ってばかりいたが、父親になり、家族が増えるにつれ本当に大事なものが何かわかった主人公ティムの人間としての成長物語でもある

ティムが子どもに戻って父と海辺の散歩をするシーンが泣ける
Yuko

Yukoの感想・評価

3.8
This story is about the time.

初めて見るのになつかしいような家族や愛の物語。

主演の女性がキュート!
MSTY

MSTYの感想・評価

4.8
恋愛SF映画。ほっこりした気持ちになれます。ウィットに富んだ会話のやり取りが心地よいです。
がく

がくの感想・評価

4.9
幸せって何だっけ?
時を過ごすってどういうことだっけ?
と、目の前が少し曇りかけた時に、そっと曇りを拭ってくれる作品。生きる意味を再認識させてくれたり、新たに気付かせてくれたりする、サイコーの映画。

日々生きていることに意味を見出せなくなるほど、疲れたり追い詰められたり、考え込んでしまったりした時に、どうにかこうにか時間をとって紅茶を手に観返したい作品。

観終わるとアバウト タイムという原題がしっくり来て、温もりを感じるようになる。時間について考え、時の過ごし方について考え、愛おしい時について思いを馳せることになる。邦題は間違ってないのだけど、余計な気がして、少々野暮な印象を醸し出してるかなあ。

作中の人物、髪型、腕時計やドレス、キルティングの掛け布団などの小物、雨の結婚式も含め、どれをとっても徹底して、絵に描いたような条件でない。適度にダサく、洗練されてなく、おしゃれの最前線から外しているのだけど、そこが一層キュートで色褪せることなく愛おしくさせてくれる。

タイムトラベルものかと思いきや、ラブストーリーなのかと思いきや、いやいや家族愛もの。前情報なしで観るとジャンルがナチュラルに変遷していくのが新鮮で、面白い。
タイムトラベル枠ではかなりライトタッチなので、頭を悩ませたい作品を観たい時には相応しくないかもしれないので注意。

主演のドーナルグリーソンは、白鯨との闘いのあの渋いブレンダングリーソンの息子で、今後味わいが増すのはもう間違いない。本作で時間の過ごし方を悟った筈なのに、スターウォーズ フォースの覚醒では、帝国軍の将軍にまでなっちゃってて、意外性が凄い。

レイチェルマクアダムスは、きみに読む物語に匹敵するぐらい可愛さが引き出されていて、友達の少ない独特のキャラからユーモアもある優しい妻となり母親となり、夫方の家族の一員になる様が自然で満点。うん満点。

美し過ぎるマーゴットロビーは、ウルフオブウォールストリートに繋がる良い美人具合を振りまいていて楽しませてくれた。

妻と過ごす時間がメインだけど、父親との時間が良かったなぁ。それに母親と妻との時間も地味に良い。
電話番号を交換する路地や家まで送り届ける道、海沿いのロケーションなどイギリスの雰囲気がいちいち素敵で行きたくなる。

これは誰かと語りたくなる映画の上位に入るなー。
るる

るるの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

大切にしたい映画。ハートフル・ヒューマンストーリー、日常系SFとして見て楽しんだ。ラブストーリーだからと敬遠しないでよかった。人生へのエールが詰まっていた。

監督は、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。今作をもって引退するという。おそらくは家族との大切な時間を過ごすためだろう。まさに監督の遺言のような映画。

登場人物たちがみんなキュートで、劇作家の叔父、カツラをかぶった弁護士姿の主人公など、イギリス映画的エッセンスもたくさん盛り込まれていて楽しい。

サントラが良いので、それだけでも見る価値あった。『HOW LONG WILL I LOVE YOU』のカバーが良い。

DVDで鑑賞したので、吹替版も見たが、会話の軽妙さが増して、悪くなかった。特典映像の、本編ではカットされたエピソード、出産間際の妻を病院へ連れて行くまでの奮闘をコミカルに描いた『アビーロードの渋滞』も必見。
シータ

シータの感想・評価

2.7
レイチェル マクアダムスが可愛いくて日常が素敵
大廣静

大廣静の感想・評価

3.5
過去に戻ることで幸せを手に入れてるけど、果たしてそれは本当の幸せなのか?っていう問いに対しての物語かと思ったけどその答えがあったようにも思えにない。
ただ自分の人生を自分自身でコントロールしたいという欲望の果てにあるものが語られている。でも「雨が降ってても幸せだよ」って言ってた時といやいやでも好きな人の歌を結婚式で流すのは素敵
>|