海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

色んな愛がじんわり伝わり、じんわり泣けた。
江ノ島の街のあの家の縁側に始終ほっこり。
映像も完璧。
mk

mkの感想・評価

4.0
好きな映画。
美女ばかし。◎

ただあの父親の再婚相手の妻だけイラッとした(笑)
ユウト

ユウトの感想・評価

3.5
ゆっくり時間が流れて日常が進んで素敵な映画でした☺
4姉妹の成長をずっと観ていたいと思ってしまいます。


『2018.53作目』
のぼり

のぼりの感想・評価

4.4

是枝監督作品3つ目。

この映画で度々出てくる「自分はここにいてもいいのか?」という問題は日常の中でも直面することが割と多くて、この映画のすずちゃんみたいにわかりやすい例以外にも、女の子数人の中に男1人とか、サッカーで先輩たちの中に混じった時とか、もしくは誰かと2人でいる時でさえこの人は今1人になりたいんじゃないかとか考える。さらに言えばラインを送るときでさえ、めんどくさがられてるんじゃないかと思う。

自分が存在することが誰かのマイナスの感情を生み出してるかもしれないと思って、どんどん内向的になっていく。

誰かといると楽しいけど、誰かといるとその危険性が伴う。それを直接言ってもらえるわけではないし、自分だって本当は不快でも言わない。

それでもそういう恐怖を乗り越えて誰かといることを選ぶのは価値のあることだというメッセージを感じて、素敵だなと思った。


それとは別に3つ目にして、なんとなく是枝作品の見方がわかってきた。
どの作品もどこにでもありそうな会話で終始進んでいくけど、細かな仕掛けとか伏線が散りばめられてて、徐々にそれらの持つ意味がわかっていく緻密な台本が本当にかっこいい。注意してみてないと気づけない伏線が多くて何度も見たくなる。
でいお

でいおの感想・評価

4.3
観てるだけで涙出てきた
田舎独特の時間がゆっくり流れる感じ、古い家、電子機器がほとんど出てこない所、自然いっぱいの暮らし、もうそれだけで観る価値ある素晴らしい映画

腹違いだけどちゃんと4姉妹な所も素敵
都会のせかせかした日常に疲れてる時にみると激しく憧れる日常がぎっしり詰まってる
ゆう

ゆうの感想・評価

4.5
はー♡なんなのこの美人姉妹は💓❤💕
終始、長澤まさみの顔、スタイルに目が釘付け😍

腹違いの妹スズが家族に増え
お父さんへの想いと、お母さんへの想いがそれぞれの壁へ当たって、でも姉妹それぞれの優しさ思いやりで絆を深めていってる感じ💓

んーいいね♡

海のシーン、ワー\(⊃‐^)/のシーン
花火のシーンが好き❤
ほのぼのしてると思いきや、一人一人の感情をしっかり感じられて心に響きました。
Yoko

Yokoの感想・評価

4.1
鎌倉に住む三姉妹のもとに家庭を捨てた父親の訃報の報せが舞い込んできた。
遠く山形に住んでいた父には腹違いの娘がおり…。

各人が抱える悩みの表出が絶妙。
奇妙にも境遇が似てしまうのは親と子の因果というべきものなのか。
切っても切れない言動の癖は血縁によって紡がれる。
サッカー少年を演じるまえだまえだの弟には意外にも泣かされた。
ヴェニスに死すのマーラーを思わせるOP楽曲から早くも涙腺緩んでいたが…
ただ桜トンネルはちょっと狙いすぎかなとも思う。
いずれにせよ色々と感情がこみあげてくる、良い作品でした。
Matsuri

Matsuriの感想・評価

3.9
兄弟ごとに性格が違うのがみてて面白かった!みんな日常の中で頑張って生きてるんだよ、っていうのが伝わる映画
ただただ美人すぎる...
田舎苦手やけどこんな姉妹と一緒になら楽しく住めたかも。
おばあちゃんの梅酒が飲みたくなった。
>|