海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

む

むの感想・評価

3.8
とんでもなくいい映画だった
ようやく見れた

四姉妹の海街生活。
淡い印象しか語られないが4人の共通点である「父」を巡った、絆の物語。
「家族」の形はどうあるべきか。
父と母が揃えば「家族」なのか。

いやちがうと、
形はどうであれ、自分の「居場所」があれば、そこが「家族」になるんだね
是枝監督を好きになった一作。


ただ穏やかに流れていく映画って、邦画っぽいな、邦画の良さだなといつも思います。

そして美女は心を癒すなーと再確認しました
たみ子

たみ子の感想・評価

4.0
説明・字幕・モノローグが一切無く、4姉妹それぞれの人間性や想いが、生活や会話の中で鮮明に浮かび上がっていくのが心地よかった。ゆったりとして、ずっと観ていたくなる映画だった。
Sayuri

Sayuriの感想・評価

-
穏やかな映画。

受け入れかたは人、家族それぞれだけど
それぞれ秘めている自分自身のことを引きずらず、誰もが前向きに捉えるこの雰囲気は好き。
minicooga

minicoogaの感想・評価

3.5
心模様を描写した監督らしい作品。キャストが豪華すぎる。しんみり、またいつか観たくなるんやろな。特に大きな展開もなくBGM的な映画。あの姉妹を見てるだけでいい。
hiraeri

hiraeriの感想・評価

3.8
姉妹の愛情や信頼感が日常の中に散りばめられていて、見ていてとても穏やかになる映画
広瀬すずの透明感が半端ない
めめめ

めめめの感想・評価

4.0
なにか突然のアクシデントがあって、急展開を迎えるんじゃないかとドキドキした。突拍子なことがなくて良かった。。。時間や出来事を重ねて関係が深まっていく模様が見えて胸にくるものがある。
hirop

hiropの感想・評価

3.8
18年59本目
何となく三月のライオン思い出した。鎌倉行きたい
minmi1103

minmi1103の感想・評価

3.0
鎌倉が舞台だったので観ました。
長澤まさみさんの奔放な役が好きです!
4人それぞれがいい味だしてた。
絶妙にリアル。
男版もみてみたい、
>|