夜の片鱗の作品情報・感想・評価

「夜の片鱗」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

4.0
青一色のクレジットからしてすでに異様。原色のネオンに照らされた桑野みゆきの艶やかさ。平幹二朗との関係が徐々に反転していく語り口が絶妙
@神保町シアター
以前、体調不良で途中退場した映画に再挑戦。
場所も同じ神保町シアター。
苦手な男と女の腐れ縁物語りだが、主演の桑野みゆきと平幹二朗が素晴らしく、その演技を引き出した中村登監督! 近年の再評価も頷けます。好きな映画ではないけど
認めざるを得ません。題字は野口久光。
あらき

あらきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

平幹二朗刺した後の桑野みゆきが直立してるカットにゾクっとした
昔の新宿の街並みやデパートの屋上に立つ桑野みゆきの撮り方も好き

あんな笑顔で湯豆腐作ろうかとか言われたら甘やかしちゃうよね〜
Pipi

Pipiの感想・評価

3.8
10代には少し厳しかったところが正直ありました。描写ではなく、ジェネレーションギャップというもの。男尊女卑な部分がまだまだ色濃く残っているこの時代の映画に触れて、むしろ今との違いを再認識させられた感じがします。周りのおじいさん、おばあさん方は涙を拭ってらっしゃって自分が泣けないことが逆に辛かった。。

しかしながら、主人公のお二人の美しさとかっこよさには圧倒されました。古き良き、といった美男美女ですね。現代でいうかわいいやイケメンではないです。

そして、音響が少しホラー要素があって怖かったというのが正直なところ。

総括すると、主人公の演技力がハンパじゃない!見る機会があれば見てみるべきだとは思いますよ
一

一の感想・評価

-
売春婦とヒモの話。インポになってからヒモとしての完成度がグッと高まる平幹二郎にはたしかに見捨てがたい愛嬌があって、「君はこんなことをするような子じゃない愛してるんだ一緒に逃げよう」とかしょうもないこと言い出す堅気の園井啓介よりは全然魅力的なのだった。不合理を説き伏せるだけのパワーが働いていた。ヤクザの菅原文太凄みが凄い。木村功はチョイとしか出てこないが相変わらずヤラシイ顔しててよかった。
KY

KYの感想・評価

3.8
仙台セントラルホールの特選サヨナラ上映で鑑賞。久々に体験する開演ブザーと35㎜フィルムとシネマスコープサイズに開くバリマスク。シビれたなあ。そんな環境で観た本作は思い出深い作品となりました。
さわら

さわらの感想・評価

4.0
1番の見所は、新宿駅まで娼婦の自分を愛してくれた男との集合場所に向かう長めの横移動の場面で、すっごく痺れた。内省しているナレーションもがんがん泣けてくる。オススメ!

「男は理性で女を愛し、女は本能で男を愛す」なんて言葉をどこかで聞いたことあって、それを体現したかのような映画だった。

その意味で男女がお互いを真に理解し合うことは到底できないのかもしれぬ。だけど、多くの男は女に惹かれ、女は男に惹かれる事実を思うと、神は如何にしてそんな厄介な生き物をつくらんや、と思うのよね。そんな映画だった。
Hero

Heroの感想・評価

4.3
【クズな男とイイ女】
女の名前はヨシエ。苗字は昔捨てた。
ネオンの光を頬に受け、夜な夜な男に股開く。汚れた銭で繕えど、残るは拭えぬ背徳感。軽い気持ちで始めたスナックが思い返せば地獄の入り口。身も心も捧げた初めの男が案内人。あれよあれよと知らぬ間に道を彷徨い深淵へ。地獄で触れた偽善にも揺れぬ心の哀しさよ。出ようと思えば出れるのに今更何よと突き進む。あなたは私の何なのか。私はあなたの何なのか。あるはずのない答えを求め、今日も夜の片鱗と成る。

傑作メロドラマ!!!

2017-
ウォン・カーウァイとか、エドワード・ヤンの『カップルズ』なんかをすごく感じたが、影響関係あるのかしら?
milagros

milagrosの感想・評価

4.3
夜の、とタイトルにつく映画と言えばニコラス・レイの『夜の人々』なんだけど、それと同じくらいこの『夜の片鱗』が好き。夜にしか生きられなかった人々のどうしようもない愛の物語は、理屈じゃ語れない。
その理屈なんかをとうとうと語る男なんかより、だめでクズなやくざの男を、観客は彼女と同じように愛してしまうのだから、この映画はすごい。理屈じゃないのよを、映像と物語で観客に説き伏せるのである。

ネオンの光は美しい。彼女が最後に決意する瞬間の顔は美しい。
>|