スペシャリスト 自覚なき殺戮者の作品情報・感想・評価

スペシャリスト 自覚なき殺戮者1999年製作の映画)

UN SPECIALISTE

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:123分

3.6

あらすじ

1961年4月11日イェルサレムで始まった裁判は、イスラエル政府の意向で裁判の一部始終が撮影・録音され、その内容は全世界37カ国で放映されたと言われている。イェルサレムに保管された、アメリカの取材チームが記録したビデオ素材に初めてアクセスを試みたのが、本作の作り手たちである。ハンナ・アーレントの裁判傍聴記『イェルサレムのアイヒマン悪の陳腐さについての報告』に感銘を受けた、“国境なき医師団”元総裁…

1961年4月11日イェルサレムで始まった裁判は、イスラエル政府の意向で裁判の一部始終が撮影・録音され、その内容は全世界37カ国で放映されたと言われている。イェルサレムに保管された、アメリカの取材チームが記録したビデオ素材に初めてアクセスを試みたのが、本作の作り手たちである。ハンナ・アーレントの裁判傍聴記『イェルサレムのアイヒマン悪の陳腐さについての報告』に感銘を受けた、“国境なき医師団”元総裁のロニー・ブローマンと、イスラエル映画界の“反体制派”の1人と言われる映像作家エイアル・シヴァンは、約350時間に及ぶ映像素材の内容をもとに、約2時間の映画に再構成。映画は、“専門家(スペシャリスト)”としてのアイヒマンの技術的能力と専門知識を浮かび上がらせる一方で、防弾ガラスに囲まれた被告人席で口びるをゆがめ「自分は上司の命令に従っただけ」とひたすら主張する小役人の肖像を、無慈悲なまでのリアリズムで映し出す。ハンナ・アーレントが説いた“悪の凡庸さ”の実像を鮮烈に暴いた衝撃作。

「スペシャリスト 自覚なき殺戮者」に投稿された感想・評価

ummidori

ummidoriの感想・評価

4.2
アレントの「イェルサレムのアイヒマン」を読んだあと、その余白を埋めるようにして観た映画。
彼がなぜこの場に出てきたのか――アルゼンチンで「逮捕された」ということだが、実際には晩年ほとんど身を隠すことなく生活していたようであるし、何よりも彼がこの裁判を受けるにあたってイスラエル当局に書かされた誓約書に自分なりの文言を付け加えたりするほどの積極性を見せているのである――ということを、彼の時に慇懃にも見える態度と、変わることのない発言のトーン(裁判官や検事ですら疲れや感情の揺れを時には表すのと対照的である)から、考えてしまう。死刑を避けられると思って裁判をうけたわけではないことは、彼の拘留中の発言の記録からも明らかなのだが、だとしたらいったい全体彼は何のために裁判をうけたのか。何を守るために、最初から最後までこのような冷静で疲れを知らない態度をとり続けたのだろうか。
判決が出た後一週間もせずに絞首刑は実行され、死刑の当日に焼かれてその灰は地中海に撒かれたわけだが、その未来を予見してなおこのような態度をとり続ける彼の姿は、やはり一種異様である。
もちろん「ある体制にたんに服従することそのものが犯罪になる(⇔命令に従っただけだから罪にならないのだ、というアイヒマンの主張)」という、アイヒマン裁判が示唆する一つの警告の意義が薄まるわけではない。時として、自分の属する社会や体制に抵抗することが、唯一の正義の道であることがある。
(まさに杉原千畝はそういう人物であった。それゆえに彼は外交官の職を賭して日本政府の許可なくビザを発給したし、その後は事実上クビになった。しかしそれは常に裏表である。彼がもしビザを発給しなかったら、杉原千畝はもう一人のアイヒマンになっていたわけである。正直なところ、そういう彼が安易に「ニッポンの偉人」として顕彰されることの居心地の悪さをどこかで感じざるを得ない。彼を顕彰するとしたら「いざとなったら体制に抗っても自らの信ずるところの正義を実行すべし、正義とは何かということを自らの属する社会の文脈から離れてでも不断に考え続けるべし」ということなのだが、彼を顕彰する表現がそういうメッセージになっているようにはあまり思えないことも多い。)

しかしやはり、この裁判の「異様さ」が、なんともいえぬ後味とともに舌に残る。
さく

さくの感想・評価

4.5
見ていると、誰もがアイヒマンの立場になることがあるだろうと思うし、それを破るのが難しくて葛藤したのに責められる…ということがあるとも思う。民族絶滅なんて大それた枠組みでなくても、会社や学校、家庭でも、アイヒマンのようになることがあるのではないか。大体、アイヒマンだって結構陳腐だったし。ただ命令に従ってぼーっと任務を遂行するのはやめておこう…それくらいしか、私にはできないから。
AA
いやはやすごいドキュメンタリーだった!時間あってやっと観れた。真の「悪」なのか、従った「悪」なのか。何かを演じているのでなく彼は自分の行った「業務」を遂行したにすぎないのか。誰しも持つ悪を浮き彫りにしている気がする。ただ裁判の記録にすぎないけれどとんでもない映画だった。
智

智の感想・評価

2.4
今まで見た中で一番疲れた映画。アイヒマン相手に感情的になる追求する側も、アイヒマンのきもちも平等に写していました。だけどどちらも人間だし、傍観者に過ぎない自分が何を考えたところで、、という気持ちに負けないようにするので精一杯だった。終わり方がなんかオシャレで笑っちゃった。
卒論テーマに関わるため興味を持ち観た映画。アイヒマン裁判のドキュメンタリー。
裁判の映画で物語性もある『アイヒマン・ショー』を観た後これを観ると、知識があまりなくても楽しめるかもしれない。
アイヒマンの言葉を慎重に選ぶ様子、それでいて曖昧な様子がよく見て取れた。公正であろうとする裁判官や次々に出てくる「犠牲者」(証人)も印象的だった。
研究するにあたってはもちろん、当時を知るのにありのままの映像を見て知ることができることは大きな意味があると思う。
とても勉強になる映画だった。
shibamike

shibamikeの感想・評価

3.5
しかし、アイヒマンという人は見応えがあるというか、味があるというか思わず見入ってしまう顔をしていますね。口をひん曲げたり。ただ、裁判を観ていたら、頭のいい人なんだろうなと思った。

終盤にアイヒマンが「重要なのは今後同じような過ちを再び犯さないことだ。」とおま言う的なことを言っていたが、また人間はやってしまうのではないだろうか。
情けない話だが、自分はアイヒマンや当時のナチスにいた人と同じ状況だった場合、同じような振る舞いをしているかもしれない。あー、ヤダヤダ。
責任を引き受けるのって自分は大の苦手であるが、仕事では勇気を出して自分の責任を自覚しようと思った。

ユダヤ人評議会のユダヤ人がナチスと手を組んでいたという事実もあるらしいが、手を組んでいたユダヤ人も家族を人質に取られていたなど、とにもかくにも救いのない話だわ。神も仏もありゃしない。

エンドロールにて流れたトム・ウェイツのロシアン・ダンスは最高にクールだった。
面白い面白くないのエンターテイメントで評価するものではない。
森達也や想田和弘の言を借りれば、ドギュメンタリーに事実はなく、必ずある視点が存在し、演出もある。
その上で、このドキュメンタリー映画は裁判を繋ぎ合わせたものであるが、しかし、効果的にアドルフ・アイヒマンの人物像と大戦下のナチスドイツを的確に炙り出すことに成功している。
官僚制、全体主義。一歩間違えればこうなることに、職場に忠誠を誓う日本人も気付いているのだろうか。
映画の影響でナチスや全体主義のお勉強にちょっと興味があって見てみた。自分が楽しんでいる映画とは同列におきがたかったので点数はなし。

以下本作で印象的だったこと。

本作はアイヒマンの裁判の記録映像を編集して作られたドキュメンタリー。当然裁判なので被告のアイヒマンに弁護士がつくのだけれど、映画が描く「ナチス=絶対悪」に慣れ過ぎていたため(問答無用でナチスを殺す映画)、弁護士の登場に動揺してしまった。頭では理解していても「慣れ」は情動や感情に深く関係しているなぁと。

アイヒマンの発言内容や彼の行為の概要はいつか何かの本で読めばいいやって思っていたので、彼が発言するときの様子を気にしていて観ていた。そこで印象的だったことは、彼はほとんど全く言いよどまないということ。あの状況で立て板に水だった。仮にも自らの生死がかかる場面であの冷静さ。怖い。自分の命がかかっていても事務的手続きを粛々とこなす奴には、他人の命を事務的手続きの過程に組み込んで殺し続けることに何のためらいもないのだろう。その冷静さは感情や情動を自分から締め出してしまっているようだった。

感情や情動と人間的なスイッチをアイヒマンが絞りきるようになった過程は本作では描かれないが、そういった高いロボット的事務処理能力の人間は非人間性を発揮することで組織に存在しているのかもしれない。その歴史的に最悪の一例がアイヒマン。ならばアイヒマンのように無感動に高速事務処理能力を駆使する非人間的人間(非人間性ゆえに、何らかのハプニングにはうろたえたり怒ったりとエラー反応を炸裂させるようなロボット、ハプニングに対応できるのは人間)が循環させる組織とは人間に何をもたらしているのか、とか考えてみたりもした。あと、感情を殺す/殺されることは超ムカつくなぁとか。感情を守るためにもいい映画とかしょうもない映画とかいっぱい観ようと思った。

アイヒマン的な人間が優秀とされるのならば、そんな優秀な人がいっぱいいるところってヤバイよね。ケンローチ監督の「私は、ダニエル ブレイク」の役所を思い出した。ビューロクラシーは最悪だなぁと思った。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.2
ユダヤ人収容所でナチスの官僚であり、「死の斡旋人」と呼ばれていたアドルフ・アイヒマンの裁判映像が主のドキュメンタリー作。淡々とアイヒマン自ら語られる面もあるが、映画的な演出も加えられている内容。ナチス関連映画は多々あるが、闇の深さが底知れない題材で、本作でも中心人物の証言であり生々しさはあるが、深さは知れない。アイヒマンという人物像を知るには最適な作品だが、演出が過度にも感じる面もある。一教材のような作品。
hinano

hinanoの感想・評価

-
アドルフ・アイヒマンの実録裁判映像。
ナチに関する作品や、アイヒマン裁判に関する作品は多く世に出ていますが、アイヒマン本人が映され、アイヒマン本人の言葉で語られる内容、そして証言者の生の声で聞く悲惨な事実より重みのあるものはないんだと実感させられました。その点で価値がある作品だなあと。敢えて点数は付けません。