ゲッベルスと私の作品情報・感想・評価

ゲッベルスと私2016年製作の映画)

A German Life

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。 彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。 若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストに…

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。 彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。 若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストについては、なにも知らなかった”と語るポムゼルの30時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、“いわれたことをタイプしていただけ”と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

「ゲッベルスと私」に投稿された感想・評価

103歳であんなに年号や日付まで詳細に覚えてるのは凄い。ただ、本人も誰も信じてくれないがと前置きしているけど、何も知らなかったは考えられないけれど・・・そこまで無関心を装えたって事なのか映画からは読み取れませんでした。
Coco

Cocoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん、キツかった。
合間に挟まれるアメリカの教育映画は良かったけど、ドイツ敗戦後の収容所の記録フィルムなどは、直視しなければと思いながら見た。ともすれば目をそらしそうになってしまった。
この現実を知らなければならないとアメリカのナレーションは伝えるのだけど、昨日「この世界の片隅で」を見たところだったので、加害者と被害者ってメビウスの環なんじゃないか?と複雑な気持ちになった。
しかし103歳でこのしっかりとした記憶と言葉、すごいなぁ。
でも結局人間って、枝葉末節が記憶に残るんだな、等とも思った。
蘭豆

蘭豆の感想・評価

2.0
ナチス狂気の時代、ゲッベルスの側近として生きたポムゼル103歳の独白。
「仕方なかった」と繰り返す深い皺の刻まれた表情。痩せ細ったユダヤ人の山積みされた遺体。ユダヤ人友人の死。その全てに絶望した。

そして脚色のないどこまでもドキュメンタリーな映像。抑揚のない映像は次第に夢の中の出来事になり、静かにエンドロールを迎えた。
2018年劇場鑑賞14作目。これはお勧めできない。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.0
ドキュメンタリー。

人類の悲しい歴史。

神や正義は存在しないが

悪は確かに存在する。
harukapi

harukapiの感想・評価

3.0
印象的なのは、ポムゼルの顔の深い皺。静寂。白黒の世界。痩せきった収容者の体。
彼女は当時の雰囲気や教育方法などから、自分に罪がないことを主張し、ただし個人ではなくドイツ国民全体の過ちという点であれば罪があるとした。
でも撮影当時103歳という驚くべき高齢にも関わらず、ここまで鮮明に当時のことを明確に喋っているという事実。これがすでに、彼女が戦中当時を何度も何度も反復して記憶を辿って、反省や葛藤から自分なりの結論を導き出した結果を表しているのでは?と、ちらっと思った。
るか

るかの感想・評価

4.0
ゲッベルスの秘書を勤めていたという103歳の女性への単独インタビュー。老女のモノローグの間にナチスの宣伝映画やアメリカの反独教育フィルム、ゲッベルスの言葉などが挿入されるという非常に地味な構成の映画です。
ポムゼルは、時代の流れの中で自分が逃げようのない状況に追い込まれてしまったこと、私に罪はない、罪があるとすれば、ナチス政権を生んでしまったドイツ国民全体に罪があるということだと語っている。その通りなんだろう、自分が是か非か選択を迫られない時代に生きられるということは、逃れられる状況を想像できる時代に生きられることはそれだけで幸せなことだ。
しかしポムゼルの置かれた状況は決して対岸の火事ではなく、世界のどこにいようと今日まであたりまえだった世界があっという間に恒久的に失われてしまうことがあり得ると私たちは歴史からさんざん学んできたのではないだろうか。
誰が彼女を責められようか、それでも103歳になって、当時を知る人がほぼ全員この世を去ってからはじめて口を開き、彼女自身も亡くなった後に映画が封切られたという事実、そのこと自体がここで語られている内容以上の重みを持っている気がする。
映画がはじまってから10分ぐらいして「ええっ、おばあちゃんのモノローグだけ⁈」と驚愕しましたが、「正義など存在しない」と断言するポムゼルの最後の言葉を聞いて、自分がいかに予定調和的な物語を欲し、そうした世界観に毒されているかにあらためて気づかされました。
深く考えることなくナチスドイツに同調した、普通の人を描いた映画。
戦争の記憶が風化していく現代に生きる自分にとって、生涯大切にしたい映画だと思う。
Rosalie

Rosalieの感想・評価

3.5
観終わった後に、
深いため息が出てしまう。
現実とのギャップに
しばし戸惑ってしまう。
そんな圧倒的な力を感じる作品です。

とても静謐なつくりである分
現実の非情さが浮き彫りになります。
モノクロフィルムにすることで
刻まれた皺の深さや
瞳の中にある戸惑いが
うつしだされます。

過去をみることで
今を見つめる。
映画の中で語られることは
今後決して繰り返しては
ならない過ちについてですが、
人間の心の中の普遍的な悪しきもの
とどう対峙していくかは
現代を生きる私たちの
当事者としての葛藤を呼び起こします。

鑑賞しながら、
モラルジレンマに
苛まれる作品です。
考えてみたところで、変わるのは
自分の心の中だけですが…
凡庸な悪にならないために
見つめ直す意義のある作品だと思います。

関連本も出版されているので
そちらも読んでみたい。
彼女の証言や当時の記録映像をスクリーンにかける意義はあるが、2時間弱の鑑賞に耐えうる作品だとは思わない。過度に飾り立てる必要はないが多くの観客の目に届けてこそなのでもう少し眠気を誘わないものだといいかな。
panpie

panpieの感想・評価

3.9
顔中に刻まれた深い深い皺。
ブルンヒルデ・ポムゼル。
103歳。
ヒトラーの下宣伝大臣を務めたゲッベルスの秘書だったというポムゼル。
長い沈黙を破りインタビューに答えたのは何故か。


彼女は何度も「私は何も知らなかった」を繰り返した。
知らなかったから悪くないとでも訴えるように。
何処か釈然としないがもし自分が当時のポムゼルの立場だったら責められただろうか。
ナチス党員になったのも少しでも給料のいい職場で働きたいと思ったからであって決してヒトラーに賛同するとか政治的な事ではなかった。
当時のドイツ人は世界最悪の悪魔の所業を分かっていたのだとしても自分の身に降りかかるのが怖くて止めたくても止められなく何も出来なかったのだと思う。
中にはヒトラーに抵抗を試みる勇敢な人々もいて数々の映画で描かれているがあれは少数だ。
実際ドイツ人であっても同性愛者と言うだけで強制収容所に連行されたそうだし。
ただ彼女を責めるとしたら仲の良かったユダヤ人の友達エヴァに対する仕打ちだと思う。
ゲッベルスの下で働いていたのなら見るなと言われて見ないようにしていたとは言え強制収容所で何が行われていたのか全然知らなかったと言い切るポムゼルに不信感しか湧かないし何か良くない事が起きているとせめて友達だけでも救おうとは思わなかったのか。
派手に動かないまでもこっそりと教えていたらもしかしたらエヴァは助かったのかもしれないという淡い期待を持ってしまう。
戦後にポムゼルはエヴァが強制収容所で亡くなった事を調べるのだが何故そんなに心を占めていたのならドイツを離れる様に助言するとかエヴァが生きているうちに何か出来たのではないだろうか。
ドイツを離れても強制収容所へ送られた人も多かったから逃げられたかは分からないが友達だったのなら、安否を確認するほど気にかけていたのなら、偶然再会したあの時に何か出来たのではないか。
そもそもエヴァと偶然の再会の時にゲッベルスの下で働く事になったので来ない方がいいと言ったのはユダヤ人に対して恐ろしい事をしているのを知っていたからではないのか。
人は集団で何かを排除する時自分がこちら側にいる事に安堵しあちら側にされなかった事に喜びそして一致団結して排除する。
まるでいじめの構図だ。
最初は楽しんでいたとしても次第にやり過ぎだと気付いても時既に遅しでドイツ国民は引き返せない所まで来てしまっていたのかもしれない。
権力者に屈する姿はミルグラム実験で証明された通り。
あまりにも行動を起こさず無関心なポムゼルを見ているととても日本人に近いと思った。
ヒトラーも初めから独裁者ではなかったし国民も新しい自国のリーダーに期待したがそれが見誤ったと気付いても後の祭りで逆らえずドイツ国民は流されてしまっただけなのかもしれない。
許されないがそれが罪と責める事は出来ない。


ポムゼル自身の告白によればヒトラーやゲッベルスの演説を聞いてよく分からないけど演説に呆然と立ち尽くしていたら後ろの人から「拍手ぐらいしろ」と言われ拍手をしたと言っていた。
確かに導かれるままに流されていっただけとも言える。
現代の私達日本人も政治に無関心で流されてはいないだろうか。
イエスマンばかりで今の安倍首相に物申せない一強政治が段々と戦時下のドイツに近づいているのでないかと考え過ぎなんだろうけど考えてしまう。
言論の自由が無くなればこんな事言ってる私は即刻逮捕されて投獄されるのだろう。


ポムゼルのインタビューと並行して当時の映像が交互に差し挟まれる。
映像はないがゲッベルスの力強い演説から始まり外遊先の飼い犬のエピソード、当時のドイツ人の熱狂ぶり、ヒトラーユーゲント、次第に映像は無数の痩せこけた山積みの遺体を映し出し最後にはガリガリに痩せた裸のユダヤ人が映し出される。
中でも遺体を小さな荷車に乗せて運ぶ時腕や足がだらりと地面へ垂れ下がり「ラジオコバニ」の冒頭の遺体のシーンを思い出した。
掘られた巨大な穴に板の上を滑らせて上から落とされた沢山の遺体には小さな子供の痩せこけた遺体がとても多く胸が痛んだ。
戦争が終わりドイツの敗北が宣言されアウシュヴィッツに救出の手が伸びる。
肩車をされた人は見慣れた人間の姿ではなく一人で立つことも出来ず生きているのが不思議な程に痩せこけて骨と皮だけの骸骨の様な姿で全裸だった。
死の淵を彷徨った彼の顔に助かったということだろうか、笑顔が広がっていたのが忘れられない。


ポムゼルは2017年1月27日亡くなっている。
この映画制作は2016年、日本で公開されたのがその2年後だったのでその間に亡くなったことになる。
全然「ゲッベルスと私」じゃないじゃない。
「A German Life」の方がしっくりくる。
あんな恐ろしい戦争を二度と繰り返さない為にも間違った歴史から目を背けずに積極的に知る事が私達に課せられた課題だと思った。
もうすぐ8月15日が来る。
あらためて戦争について考えてみたい。
>|