ゲッベルスと私の作品情報・感想・評価

ゲッベルスと私2016年製作の映画)

A German Life

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。 彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。 若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストに…

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。 彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。 若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストについては、なにも知らなかった”と語るポムゼルの30時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、“いわれたことをタイプしていただけ”と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

「ゲッベルスと私」に投稿された感想・評価

ゲッべルスの秘書だった方が実際に見たww1終戦からww2終戦までを語る。御年103歳(撮影当時)。ドイツの普通の若い女性視点でリアリティがあって非常に興味深かった。歴史の生き証人。

細部と全体。熱狂と同調圧力、悪の凡庸。百聞は一見に如かず。

ポムゼルさんMIU MIUの眼鏡。

岩波ホール創立50周年作品。
原題は「A German Life(あるドイツ人の人生)」で、
ブルンヒルデ・ポムゼルの想いを良く表していますが、
邦題「ゲッベルスと私」のほうが映画をイメージし易いです。

ジョセフ・ゲッベルスは、演説しただけ、ユダヤ人を殺してはいない。
ドイツ人は、ジョセフ・ゲッベルスの演説を聞いただけで、ユダヤ人を
大量虐殺したということです。

ブルンヒルデ・ポムゼルは、見ていただけで、ユダヤ人を殺してはいない。

命令者と実行者が別々になれば、責任が曖昧になり、人間は大量虐殺さえ行う。

ユーゴスラビア紛争でも、大量虐殺はありました。(THE PROMISE/君への誓い)
旧日本軍は、南京市で中国人を大量虐殺しました。
米国政府は、太平洋戦争で日本人を大量虐殺しました。
米国政府は、ベトナム戦争でベトナム人を大量虐殺しました。
イラク政府は、クルド人を大量虐殺しました。
ルワンダ紛争でも、大量虐殺はありました。(ホテル・ルワンダ)
例をあげ始めたらきりがないので「大量虐殺」で検索してください。

新聞とラジオだけでなく、テレビ、PC、インターネットもスマートフォン
が普及し、いつでも、誰でもどんな情報も取得できるような時代です。
今の日本では何でも知ることができます。

今の日本にもジョセフ・ゲッベルスやブルンヒルデ・ポムゼルのような
人々は数多く存在します。

猪瀬直樹東京都知事は、45億米ドルの大会開催準備基金で、2020年
東京オリンピックを実現できると言っただけで、実現していません。
2018年リオデジャネイロオリンピックには、120億米ドルかかりました。
2012年ロンドンオリンピックには、300億米ドルかかりました。
2008年北京オリンピックには、300億米ドルかかりました。
2004年アテネオリンピックには、100億米ドルかかりました。
2000年シドニーオリンピックには、40億米ドルかかりました。
1996年アトランタオリンピックには、55億米ドルかかりました。
1992年バルセロナオリンピックには、100億米ドルかかりました。
1988年ソウルオリンピックには、63億米ドルかかりました。
小池百合子都知事は、何億ドルで2020年東京オリンピックを実現するの
でしょうか?

滝川クリステルは何も知らずに「お・も・て・な・し」と言っただけで、
何も実現していません。

大成建設は、納期を優先して、新国立競技場の建設工事を行うように
現場監督をしていた23歳の青年に言っただけで、自殺の手助けはしていません。

現場監督をしていた23歳の青年は、納期を優先して、新国立競技場の
建設工事を行うように言われただけで、自殺しました。

NHKは、都議選と参議院選を取材するように佐戸未和さんに言っただけで、
殺してはいませんが、死亡した事実を隠蔽していました。

佐戸未和さんは、都議選と参議院選を取材するよう言われただけで、
NHKから支給された携帯を握ったまま死亡しました。

大東建託は、20代、40代、50代の社員に仕事をするように言っただけで、
自殺の手助けはしていません。

大東建託の20代、40代、50代の社員は、仕事をするように言われただけで、
自殺しました。

私は、2020年東京オリンピックを支持していませんし、熱中症になるかも
しれないボランティアとして参加しませんし、競技を観ることもないです。

2015年7月15日、衆議院の特別委員会は、
「自衛隊法」、「国際平和協力法」、「重要影響事態安全確保法」、
「船舶検査活動法」、「事態対処法」、「米軍等行動関連措置法」、
「特定公共施設利用法」、「海上輸送規制法」、「捕虜取扱い法」、
「国家安全保障会議設置法」を強行採決し、可決されました。

2015年7月16日、衆議院本会議で起立採決され、自民党・公明党などの
賛成により可決されました。

2015年9月17日、参議院の特別委員会は、
「自衛隊法」、「国際平和協力法」、「重要影響事態安全確保法」、
「船舶検査活動法」、「事態対処法」、「米軍等行動関連措置法」、
「特定公共施設利用法」、「海上輸送規制法」、「捕虜取扱い法」、
「国家安全保障会議設置法」を強行採決し、可決されました。

2015年9月19日、参議院本会議で記名投票による採決がされ、
自民党と公明党などの賛成多数により可決し、成立しました。
2015年9月月30日に公布されました。

2016年7月10日、第24回参議院議員通常選挙では、自民党と公明党は
前回を上回る議席を獲得しました。

2017年10月22日、第48回衆議院議員総選挙では、自民党は291議席、
公明党は35議席を獲得し、合わせて議席数の3分の2以上を獲得しました。

安倍晋三首相は「私や妻が関係していたということになれば、
首相も国会議員も辞める」と言っただけで、財務省の理財局の役人達が
決裁文書を改ざんし、虚偽公文書作成や、国有地を不当に安く売却したと
する背任の手助けはしていませんし、財務省近畿財務局の赤木俊夫の自殺の
手助けもしていません。

財務省の理財局の役人達は、安倍晋三首相が「私や妻が関係していたと
いうことになれば、首相も国会議員も辞める」と言っただけで、
決裁文書を改ざんし、虚偽公文書作成や、国有地を不当に安く売却したと
する背任し、財務省近畿財務局の赤木俊夫は自殺しました。

安倍晋三首相がは、獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項はないと
言っただけで、文科省の役人達がこの文書を隠滅の手助けはしていません。

文科省の役人達は、安倍晋三首相が獣医学部新設に係る内閣府からの
伝達事項はないと言っただけで、この文書を隠滅しました。

電通の社員は、大嶋一郎さんや高橋まつりさんに仕事をするように
言っただけで、自殺の手助けをしていません。

大嶋一郎さんや高橋まつりさんは、電通の社員から仕事をするように
言われただけで、自殺しました。

日本大学のアメリカンフットボールの内田正人監督、井上奨コーチは、
宮川泰介選手に故意による危険タックルで関西学院大学の奥野耕世選手を
潰してこいと言っただけで、故意による危険タックルで関西学院大学の
奥野耕世選手を潰してはいません。

日本大学のアメリカンフットボールの宮川泰介選手は、内田正人監督、
井上奨コーチから言われただけで、関西学院大学の奥野耕世選手を
故意による危険タックルで潰しに行きました。

日本のマスメディアは、自主規制をして、事実を伝えないので、
読む価値も、見る価値もないです。
外国映画は、自主規制をせずに、事実を伝えるから、観たいと思います。

時代は変わりましたが、人間は変わりません。

体制に逆らうには命がけで、最悪のことを覚悟する必要がある。
悪は存在する。神は存在しない。悪魔は存在する。正義は存在しない。

今の時代でも、運命を操作することはできずに、流されるだけです。

何でも知ることができる日本人に罪はある。

映画の余韻に浸りたいという人にはパンフレットの購入をお勧めします。
Kan

Kanの感想・評価

4.8
「神はいないが、悪魔はいる。この世に正義などない」
凡庸の悪についての映画。必見。
ナチ党員としてナチのNo. 2だった宣伝相ゲッペルスを下支えしていた同時代の最後の生き証人ポムゼム氏(撮影時103歳)のモノローグを中心とした映画。
言い訳がましく聞こえたり、本当なのかと耳を疑う内容もあるが、その都度、当時の資料映像が挿入され、語りが相対化される点でユニークな工夫がなされていた。
tori

toriの感想・評価

-
チラシとトレーラー@岩波ホール

2つの理由で最も楽しみな映画の1つ
「ゲッベルスと私」
速記タイピストをしていた期間は彼女の人生の3%に過ぎない
ゲッベルスが映画の売りだろうが特別な関係がなければ30時間も彼を語れないと思う
邦題に無理あるかも知れない
原題「あるドイツ人の人生」から想起するのは100年の人生で遭遇した
第一次大戦終了後の大恐慌、天文学的インフレ、軍事力剥奪、領土分割、多額の賠償金、共産主義の脅威、ユダヤ人との葛藤、第二次世界大戦後の混沌などゲッベルスとホロコースト以外に多くを語ってくれると期待
PRの天才とも称されるゲッベルスが国民啓蒙宣伝大臣としてした仕事も興味津々

ユダヤ、ホロコースト、ナチスまたはヒットラーやアイヒマンを入れるのが邦題ルールのようだが隣のダブルバイト国台湾は「ポムゼムの回想録」、中国はまんま「あるドイツ人の生涯」
観終わった後でこの邦題は???と思うコトが多い
「あるドイツ人の生涯」を3%の時間で代表し「ゲッベルスと私」に貶める正当性があるのか
戦後70年経ってもホロコースト(優生)、ナチスという脈絡のみで歴史ドキュメンタリーを売る邦題文化に観る前から体が拒絶反応

これら本編でじっくり確かめたい