ぼくたちは上手にゆっくりできない。の作品情報・感想・評価

ぼくたちは上手にゆっくりできない。2015年製作の映画)

上映日:2015年03月28日

製作国:

上映時間:105分

2.8

あらすじ

日常生活の象徴としてある「コーヒー」を共通のアイコンとして、”上手に何かをできない”ぼくたちの人生のある1ページを紡ぐ。

「ぼくたちは上手にゆっくりできない。」に投稿された感想・評価

よくわからなかった。2番目は人の生活見てるみたいで良かった。
よしい

よしいの感想・評価

3.5
昔観たの思い出した
舞城目当てだったから最後の話やっぱり好きだった
この人が使う大丈夫って言葉の肯定力すごく強いから救われる
あとタイトル最高
ゆきよ

ゆきよの感想・評価

5.0
『BREAK』の岸井ゆきのちゃんが舞城作品に出てくる女性キャラっぽさ100点満点!
舞城作品映像化の際には是非また岸井ゆきのちゃんをよろしくお願いします!!!!どうか!!どうか!!!

『花火カフェ』、小松彩夏さんの盲目演技が上手。
ナカノ

ナカノの感想・評価

3.8
小説家三人による珈琲に纏わるオムニバス映画。最後の舞城王太郎の「BREAK」が素敵だった。
自身を守るため、事実を虚構を塗り替える。そんな行為は世にありふれたものだと思う。だがそうしてしまうと、トラウマを解消しようとも原因がわからず迷宮入りし路頭に迷うことになってしまう。
人を頼ろう。頼っていこう。良い映画。
最後に、とてもつまらないことを言うようだけど、世にも奇妙な物語とか好きな人はハマるはずです。
FR

FRの感想・評価

3.1
普通に面白かったけどなぁ
すべて不穏な空気感が漂ってるとことか
ぐっときた
原作読んでみようかな
2個目が好き
独白されるセリフはいつも狂気
na

naの感想・評価

1.0
どんなにつまらない映画や小説でも「あたしがやめちゃったあとでおもしろくなってしまったらどうしよう…」と思って最後まで見てしまうんだけど、これは辞められた。1話目で切っちゃったけどせめてそれぞれの話のさわりだけでも見たかったな。風邪ひいて寝込むことでもあったら見よ。
ちふれ

ちふれの感想・評価

3.4
上映後のトークショー内の全員参加のじゃんけんコーナーであやうく舞城王太郎になりそうになって焦った思い出
Tyga

Tygaの感想・評価

2.2
映画サークルにいる文学オタクがこういう映画とりそう。

桜井亜美、舞城王太郎の2つは物語としてはよく出来ている。
でも、言葉に頼りすぎて映像があまり面白くない。そもそもちょっと台詞としては臭い。舞城王太郎の方はそれが味になるような作風だったけど。

後、コーヒーが全然魅力的に撮れてないのは致命的な気がする。
kwr

kwrの感想・評価

3.0
舞城はひたすらに舞城。良くも悪くも。実写で何か変わるのかと思いきや何も変わらず、ただひたすらに舞城。望んだものが出てくるのが良いお店の条件なのであれば、悪くは無いのでしょうが、作家として映像表現という普段と違うジャンルに挑むのだからもっとチャレンジして欲しかったというのが本音。(近年アニメ・漫画ではいろいろやっているようだけれど)
桜井亜美氏の作品が素晴らしかった。ぶっちゃけてあまり大したことのない作品の並んだ中、この作品はほんとうに僕の心にしんみり染み入った良い作品だった。見終わってもう何年も経つが、未だにじんわりとした感動を覚えている。(まあこれは、逆に桜井さんの小説をほとんど読んだことがなかったからこその感動だったのかもしれない。結局あのあとも一作興味のあるテーマのものを読んだきりである)
一番映像慣れしているはずの乙一氏の作品が、演技の面でも演出の面でも、そして何より発想の面でも一番劣っていて、これ単体の上映だったら間違いなく「金返せ」と思っているレベルのひどさ。それなりに自主制作で映画を撮ってきてるはずだし、小説ではあれだけのものを書ける乙一氏が、なんで映画を撮るとこんなにひどいのができちゃうのか。全くもって不思議だ。
>|