美しい都市の作品情報・感想・評価

「美しい都市」に投稿された感想・評価

拘置所で18歳の誕生日を迎えたアクバル。
彼は16歳のときに殺人を犯し、死刑判決を受けて更生施設に収容されている。
法律的には18歳にならないと死刑が執行できない。
そして、アクバルは刑務所に移され、死刑執行の日を待つことに。
アクバルの友人で、自らも強盗罪で服役していたアラは、釈放後すぐに、アクバルの家族の元に行く。
今から被害者家族に会って、死刑取り下げの同意を求めに行くと伝えに来た。

アスガー・ファルハディ監督作品。
ファルハディ監督の作品にしては演出を少々劇的に狙いに行こうとしすぎているように思った。
yuria

yuriaの感想・評価

4.4
暴走し疲れきった彼はタクシーを止めて「美しい都市に連れて行ってくれ」と言った

あなたにおすすめの記事