小原庄助さんの作品情報・感想・評価

小原庄助さん1949年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

「小原庄助さん」に投稿された感想・評価

dude

dudeの感想・評価

4.2
陽気な地主の没落話。頼まれたら断れない性分故、村のために金を使って借金がかさんでいく小原庄助さん(愛称)だが、撃退した泥棒に酒を勧めて「お見かけしたところ まだ経験が浅いようじゃが」とか妙にイカす。
玄関から客間に移動するまでを追う、屋敷を貫くような横移動ショットがすんごい。ミシンを動かす女性たちと経を唱える和尚が真横に並んで音量バトルが繰り広げられる異様なシーンもあったが、最後には横並びから解き放たれ画面の奥に消えていくってのもグッとくる。
屋敷に入ってきた泥棒2人組を柔道技で投げ飛ばしたあと、酒瓶を直すところなど、演出が細かい。いつもの横移動が冴えてる。
kyo

kyoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ロバにまたがり身を揺らす小原庄助さん(とぼくも呼んでしまいましょう、愛をこめて)。その姿はどことなく『オン・ザ・ミルキー・ロード』のエミール・クストリッツァさんを想起させる(わたくしクストリッツァ監督のファンなのです)。ロバもおじさんもなんだかかわいい。いとおしすぎるラストシーンは、『モダン・タイムス』のチャップリンのようでもあった。

ふっくらとしたあたたかさ、メロウなやさしさ、しずくのようなさみしさ。清水宏監督の映画はどれもまろみがあって柔らかい。ささやかなユーモアと慈母のようなまなざしがフィルムの中に同時に存在していて、観ているあいだずっと"映画"に背中をさすってもらっているような、つまりはそんな感覚。あぁ、やっぱりいいなぁ、このひとの表現は。とっても。

エンディングの字幕「始」の文字にこころがおどる。手放したものと引き換えに自由を手に入れた彼の新しいものがたりが、いま"始"まるんだ。ぼくはそんなふうに解釈してみましたよ。
清水宏「小原庄助さん」普通に面白いのだが、公開の1949年がGHQの農地改革で日本中で旧家没落の光景だらけだったのを思うと観客にはセミドキュメンタリーみたいに受け止めたのかも。なのに全然湿っぽくなく消えゆくものへの応援歌になってる。だからラスト字幕は「小原庄助さん 始」なのよね
kaomatsu

kaomatsuの感想・評価

4.5
貴族や名家の没落劇というと、どうもルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』のような、重厚かつ退廃的なイメージを思い出してしまうが、清水宏監督の『小原庄助さん』は、没落地主でありながら、根っからの楽天家でお人好し、悲壮感などこれっぽっちもなく、大好きな朝風呂に入りながら、マイペースで人生を謳歌している。不審人物が家に侵入しても、投げ飛ばしたかと思ったら、最後は一緒になって酒を酌み交わし、相手に同情してるし…。コメディでも悲劇でもなく、こういう大らかな人物を淡々と描いた作品を観るにつけ、やっぱり映画はこうでなきゃ、と思ってしまう。ジャン・ルノワールの作品にも通じる、人間賛歌。悲劇の剣豪・丹下左膳の役で有名な大河内傳次郎が、まるで正反対ともいえる“萌え”キャラ・小原庄助さんを演じるところが、最大のキーポイントである。日本映画の隠れた傑作。
じょり

じょりの感想・評価

4.1
①幅広い鑑賞対象年齢を感じさせる、子どもとのやり取りに毎度ほっこりさせられる清水監督あるある度 100%
②風見章子の、カメラが多少下からのアングルからのラスト、泣ける嫁度 95%
③ほとんど人から頼まれて、村の発展のために財産を使い果たした結果が素寒貧なんて、、、まして泥棒と一献とか…とにかく主人公の器のデカさ ∞
最高。大河内伝次郎が、お人好しのダメ地主役なのだが、ダメすぎてもはや笑えないレベルに達してて狂気すら感じる。
なのにいとおしい(笑)
ラストを含め『アキレスと亀』にそっくり。
伝次郎が、寄付したミシンを「ふーん、こんなんなんだ~」みたいな感じで弄ってると、それを見てた女学生達が絶妙なタイミングで笑うのたが、あのタイミングは演出不可能。どう考えても彼女らは小原庄之助でなく、伝次郎に笑ってる。
清水宏の映画にはそういう瞬間が残っている。
例えば『簪』で、少年が明日の日記まで書いているのを笠に指摘されて、毎日がいかにルーティンかを語り反論するシーンなんかも、あの少年の台詞のもつれ方は、明らかにその場で思いついたこと言わせてるとしか思えないもんな~
伝次郎がロバに乗ってるシーンや、子供達にロバをあげちゃうシーンなんて、すげぇロッセリーニを感じたのだが。
やっぱり、作り込まれた巧さとドキュメンタリー性の同居が魅力だわこの人の映画は。
没後50年メモリアル
孤高の天才・清水宏
@シネマヴェーラ
一

一の感想・評価

-
シネマヴェーラ。
ちょっと寝ちゃって、起きたらおじさんが泥棒2人を背負い投げして空っぽの家にもてなしていた。「なんで身上つぶした~」みたいな歌がやたらと頭に残った。
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

4.5
スーツの奴らもいれば着物の人も普通にいる。コーヒーとカステラを出されても食べ方が分からない。
そういう外国文化が田舎に流れてきた時代の話。

闖入者と酌み交わすシーンは悲しい。
>|