ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ぬめら

ぬめらの感想・評価

5.0
この映画を超える映画を一生のうちに見られる気がしない。本当に。見られるなら幸せだと思うけど。

華やかなドレスやダンス、歌、煌びやかなLAの街並みばかりに焦点を当てられたCMをサラッと見て(それでもめっちゃ楽しみにしてたからなるべく最低限の情報しか入れてなかった)から映画館に行ったので単なる楽しくて素敵なミュージカル映画と思っていたけど全然違う。逆にそれを期待して観ると多少がっかりすると思う。

夢を持ってそれに向かって走り続けている2人が出会い、惹かれあいながらもすれ違うっていうすっごくシンプルで有りがちなストーリーなのに1つ1つの細かい描写がこの映画を普通のままにさせない。
映画で描かれていないはずのミアとセブが離れ離れになってからの数年間も、まるで観ていたかのように感じるくらい描写が丁寧で繊細。

若くて、パワーが溢れてて、自分はなんだって出来る気がして、でもそんなことはなくてっていう、そういう誰にでも経験のある真っ直ぐで綺麗で儚い瞬間をそのままフィルムに閉じ込めたような映画。
愛というより、恋の物語。
喜怒哀楽のどれにもしっかり当てはまらないような気持ちで胸がいっぱいになった。
観た後1週間はいろいろ考えて眠れなかったし半年経った今でもしっかり向き合えているのか怪しいくらい自分の中では衝撃的だった。
本当に好きな映画って言いたいことありすぎて逆に全然長く感想書けないんだなぁ…

多分書き直すと思う。
きくゆ

きくゆの感想・評価

3.7
2018.1.16
on DVD

オープニングはボーッと観てたのだけど、どんどん惹き込まれ。
気付いたらのめり込むように観てた。
おかげで感情移入し過ぎて辛くなってしまった。。
ライアン・ゴズリングが良いわぁ~。
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.5
一回目観た時は、お互いの夢応援しあってるのよかった〜!いい映画!て思った。

二回目観た時は、後半から悲しくなってきて、最後のseb'sのシーンでボロボロ泣いてしまった。

これをみると、女性はちゃっかり幸せつかみ、男性は引き続きやりたいことを貫き通す、ということが分かる。

プーーッ🚗ていう合図は何回観てもよい。
夢

夢の感想・評価

2.0
ものすごくいいと聞いていたので、とても楽しみにして行ったけどちょっと期待はずれ。
CMでは大勢が一斉に踊る迫力あるダンスシーンばかりだったけど、ダンスシーン思ったより少なかった。
ミュージカル映画っていう固定観念持ってるからダメだったのかな…途中少し寝てしまった。
Layla

Laylaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

初見時は予告編とのあまりのギャップやほろ苦さにとまどいの方が強くそこまでハマらなかったものの、サントラを聴き、歌詞の意味を吟味し、2度目の鑑賞で完全に主演の2人に心を奪われてしまい、以来大好きで大切な作品となってしまいました。

スマホで映画が観れる時代に映画館で観る作品を撮りたいという監督の思い通り、本当に全編にわたって色彩豊かで夢のような世界が広がっている。音楽はミュージカル映画にしては少なめに感じる部分もありますが、この映画の場合は、無闇に本筋と関係ない歌やダンスシーンがあるのではなく、「恋をすれば歌わずにはいられない」「天に昇ってダンスをせざるをえない」という演出や演技の延長上にあり、そこがまたいい!

ラストのミアのオーデイションシーンは鳥肌ものですが、その後のエンディングが更に素晴らしい。誰もが感じる、あの時こうしてれば?という苦く切ない思いを音楽に乗せる9分間のエンディング、誰もが自分の人生と重ね合わせてしまうのではないでしょうか。
また、エンディング後も2人の主人公がしっかりと前を向いて歩いており、人生は続くということを暗示させる、優しい、最後の最後の数秒のエンディング。
「夢を、見ていた」という日本版のキャッチコピーにふさわしく、2時間強、まるで夢を見ていたかのような幸福な映画体験でした。

天才と賞賛される若きデミアン・チャゼル監督、この一作だけで完全に降伏します。ありがとう、デミアン・チャゼル監督。
おいも

おいもの感想・評価

5.0
予想外の結末だった。
歌もダンスも台詞も音楽も見どころ聞きどころが多くて、何度も観たくなる!
LAで夢叶えるぜウェーイ!なミュージカル映画だと思ってた

アッパーでダンスフルなJazzのように無邪気に夢と恋を追ってた二人
時が過ぎて立場も取り巻く状況も変わり、ほろ苦くビターでメロウなJazzが流れ出す。
これ以上の描写も言葉も要らないラスト、これ以上はチープになってしまう。

John Legendがこの役で出演してるのはシュールで驚いた
ライアン・ゴズリングの演技には「きみに読む物語」に続いて泣かされる
CRANE

CRANEの感想・評価

4.2
特別上映がやってたので観た。ミュージカル映画あんま見ないけどすごく好きだった。 オープニングとラストとかかなり凝ってたと思う。夢を追いかけることって素晴らしい!あとサントラ欲しいなぁ♪
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.0
『映画史に残る、ミュージカルエンターテインメント』

昨年公開映画で、言わずもがな話題に上がった作品。

音楽が本当に素晴らしかった!

<夢を追う男女二人の物語。
女優を目指す、ミア。ジャズピアニストで、夢を追いかけるセブ。
そんな夢追い人二人が、ロサンゼルスの街で出会う。
お互い、目標を持つ者同士意気投合し、愛を育むようになる。
それからセブは旧友のツテでバンドで一躍成功する。
成功したが、セブが本当にやりたい音楽をやっているかどうかに疑問に思うミア。
二人はすれ違っていってしまう…>

ネタバレ回避すると、二人の関係性には、人生の喜び辛酸、すべてが詰まっているような印象。

そんな甘いわけじゃないけど、こうやって夢を追いかけ、希望を持ち続けることが、世の厳しさを誇張するよりもずっと大切。
厳しさを誇張する風潮にはなんか違和感。

厳しい、厳しいばっか言ってないで、もっと楽しく!。朗らかに!
と思いなおしたりしました。
himeco

himecoの感想・評価

3.3
観たのち、レビュー忘れ。
映画館にて鑑賞。
オープニングで一気に引き込まれた。ミュージカル映画の、ああいう一体感がとても好き。
中盤の中だるみと後半の引っ張る感じが少し期待外れでもありつつ、誰もが楽しめる映画なのだと思う。

同じ監督であれば前作のセッションの方が個人的には好みかなあ。
>|