13時間 ベンガジの秘密の兵士の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「13時間 ベンガジの秘密の兵士」に投稿された感想・評価

RYAN

RYANの感想・評価

4.0
マイケルベイ節炸裂!
日本では話題にならなかった作品
隠れてなにをやってるのかと思ったらもうマイケルベイったら〜

実在の物語
2012年9月11日
テロリストによりアメリカ領事館が襲撃されその圧倒的な力を持つ敵からCIAを守るため任務についた6人の元軍人工作員の精鋭たちの物語。

主演
ジョンクラシンスキー


みんな大好きマイケルベイ!

やはりマイケルベイだなと。
誰がどの人物か途中からまったくわからんし、話の展開の飛び方や夜のシーンなのに明らかに早朝のような絵のつながりをどうでもいいというマイケルベイ節が炸裂している。
ちゃんとスローのとこはスローでさらに爆薬の量が異常
マジで頭おかしい
キャストさん火の粉かかってるもんw
それでもその臨場感たるやマイケルベイにしか作り出せない!
カットたくさん割すぎるから自分でも絵のつながりがわからなくなってるんじゃない?と感じるがそれを無視する。
映画界のスティーヴジョブスと言うべきか。

最後には思わず涙が出る
アメリカという国は寛大だが秘密工作員に対しての扱いは人並み以下。
それでも、彼らは命をかけて戦う理由は祖国のため
切ない。
乙女の心のような寛容さ。
しかし、彼らも黙ってはいない
反撃しだしたらすごいんだから!
思わずバンブルビーって叫びたくなりました。
だいき

だいきの感想・評価

4.0
実話を基にした作品であり、とても迫力がありました。
シチュエーションはブラックホーク・ダウンと似ていますね。祖国から離れた中東で四面楚歌に。。兵士たちは生き残れるのかと言った具合です。
基地に立てこもって攻城戦を続けるのですが特別守りが硬い訳では無いのでいつ突破されるのかヒヤヒヤ(^^;
正直、なぜ中東の過激派に執拗に攻撃されているのかが分からなかったのでただ単にマイケル・ベイ作品を楽しみました。

最後に、火炎瓶投げられたり銃撃たれまくっても走り続けたベンツは流石ですね。
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

5.0
マイケルベイ監督の演出に関して意見はあるが、この様な題材を真面目に取り上げた作品に対しては、評価を差し控える もしくは 最高点を付けるしか俺には選択肢がない。

このレビューはネタバレを含みます

ベイ様好きなので鑑賞。

映画に出てくる兵士ってだいたい故郷に小さな子供か妊娠してる奥さんいるけど、そんなん誰だって早く帰りたいに決まってるやん!

感情移入出来る意外性がなくて全然乗れなかったな、実話物なので色々言うと罰当たりそうだけど。
ひろ

ひろの感想・評価

4.0
実話であることも含めて気楽にみれる作品ではない。軍隊を持たず、紛争に介入することもない日本としては、本当に映画の中の話だが、これが現実に起きていることに考えさせられる。
映画そのものは、ほぼ戦闘シーンで、息つく暇もない。相手も含めて人が沢山死ぬので、嫌悪感を覚える人もいるかもしれない。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.3
戦争を知らず紛争なども身近にない自分にはよく分からない。敵の正体も目的も、敵ではないあちらの国の集団の目的も、アメリカが非公式であそこにいる理由も、秘密と言いながらバレバレの基地も、あれだけ守らなければならない大使館の警備が現地人によるゆるゆるな事も、あんなに危機的状況にあるにも関わらず非公式だからと基地の場所すら伝えられない、そうかと思えば無人機は来た、でも上をただ飛んでるだけ。なんのため?全て分からない。事実だからめちゃくちゃご都合主義な事も起こらない。米国人が観たら感想は全く別のものになると思う。
軍事に関わってる人、政治対立関係に詳しい人が観れば別だが一般の日本人には到底分からない映画だと思う。美化されて軍人格好良いというような感想しか出ない。自分の無知さを実感する。
しょう

しょうの感想・評価

4.0
実在の大使館襲撃事件を元にした映画。144分とかなり長い作品だが、序盤以外はずっと戦闘しているので体感では短く感じる。戦闘シーンはやはりマイケルベイ作品と言った感じでゲーム的。ストーリーはCIAのパラミリが主人公のため珍しい印象を受けた。長いが観る価値のある映画。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
何故ためらったんだチーフ!!味方なのか敵なのかわかりにくい殉教者旅団とは何者?どういう構成集団なのだろうか。壮絶な銃撃戦ではあるが、でも何故アメリカがその地で、それほどまでに介入し、それほどまでに標的にされるのか、全てを理解しきれない点は少なからず残る。
eri

eriの感想・評価

3.7
全体を通して、救われないなぁという感想。
フルで緊張感。ほぼ息つく間もない映画で、そこが臨場感を出していた。この尺を集中力全開で観て、どっと疲れた…。登場人物が似たり寄ったりに見えたのが残念だったけど、見応えのある映画。
取れてる腕とか、吹き出す血とかえぐかった。

敵か味方かわからないって怖すぎん???