パディントン 2の作品情報・感想・評価 - 286ページ目

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

uerei

uereiの感想・評価

4.8
1作目もキュートでモフモフで、意外と社会派なところが大好きでしたが、今回も最高です! なによりヒュー・グラント堪能映画でもあります。

何度、大笑いしてしまったことか。前半の伏線の見事な回収が、気持ちがいいほど。そして、しっかりと泣かせます。

癒しの効果絶大のベン・ウィショーさんパディントンとヒュー・グラント対決のみならず、ブラウンさんことヒュ-・ボネヴィルとのWヒューの対決も!

エンドロールが終わった後、心の底から「ああ、おもしろかったなぁ」と感じることのできる映画でした。2作目も最高の映画になるとは!『スター・ウォーズ』かっ。

誰よりも誠実であり、誰に対しても親切であり、どんな人の中にも美点を見い出すことのできるパディントンですが、

今度の相手は、ある理由から飛び出す絵本を狙う“落ち目の俳優”フェニックス・ブキャナン。口が達者で変装の名人。

それがヒュー・グラントです。

コスプレして、歌って踊って、笑わせて。正直、ほぼヒュー・グラント劇場。最高でした。

また、「ダウントン・アビー」でおなじみのヒュー・ボネヴィルは今回もやってくれました。パディントンのムショ友を演じたブレンダン・グリーソンも何気に活躍。

ブラウン夫人ことサリー・ホーキンスが『シェイプ・オブ・ウォーター』に出ていることを目配せするようなシーンもありました。


何気に、“おじさまたち万歳”映画でもあります。アイルランド系、インド系、イタリア系、アフリカ系、さまざまな人たちがパディントンを助けてくれます。

これは現代世界の縮図なのです。

ダンケルク飯の次は、マーマレードサンドで決まりだな。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

5.0
キャラクターは相変わらずよくて皆んなとっても魅力的で最高!
個人的にナックルズがお気に入り!

中盤の刑務所の中の一つ一つのデザインや囚人服の柄などがグランド・ブダペスト・ホテルに似ててとてもお洒落でよかったです!食堂のシーンとサンドを作るシーンはかなり好きです!

サラッと語られる付箋も全て綺麗に回収してくれるしユーモアもありしかもちゃんと感動もさせられて完璧に徹底されてる!

これ以上にないくらいハッピーエンドでエンドクレジットまで楽しい!抜かりがない!

心温まると言う言葉が一番相応しい作品!
felicity

felicityの感想・評価

4.6
本当に大好き。
優しい世界すぎて涙ぐんでは笑顔になってを繰り返す2時間。

「人のいいところを見ましょう」
「得意なことを見つけましょう」
「最悪な状況でもそこでできることをしましょう」
こぐまが教えてくれた大切なこと。

ヒュー・グラント、セルフパロディみたいな役を楽しそうにやってて最高だった!
そしてしかめ面ブレンダン・グリーソンが意外にもこの世界にハマっててとってもかわいかった。

見た後世界が少し良いところに見える、そんな映画。元気と勇気をもらったから、私も少しがんばろう
gassky

gasskyの感想・評価

3.3
パディントン2を観た。

とりあえず、ジャングルの話のほうが観たかった。

ヒューグラントの一人芝居は、吹き替えいらない。

序盤は、ものすごく退屈。

途中からジブリ感あり。

たまにカッコよいシーンが、くる。

ジャンクロードヴァンダム最高!

父親は、昇進しない方が良かった。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

2.3
【空気を読めないクマさん】53点
ーーーーーーーーーーーーーーーー
監督:ポール・キング
製作国:イギリス/フランス
ジャンル:コメディ・ファンタジー
収録時間:104分
ーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞2本目。
あー、、終始イライラしてしまいました。素直に楽しめない自分が悪いのですがパディントンのあざとさというか、間抜けぶりが1以上に出ていた作品と感じました。1はまだ慣れない環境で頑張るという自立的映画だったのでパディントンの背中を押せましたが、今作はロンドンに住んでもうだいぶ経つはず。何故にそんなにおっちょこちょいをしでかすのか。これではまるで成長していない子どもであります。1もそれほどですが、僕は今作より断然1派です。

パディントンはロンドンのブラウン家に住んでいる。ある日パディントンはロンドンの街が飛び出す絵本を買おうとアンティークショップに向かうのだが。。

紳士なのだが何から何まで空気を読めない態度がかなり癇に障りました。また、あらゆる選択肢から最悪の選択肢を選び、事を大袈裟にしてしまうのもいただけない。例えば、とある男の髪の毛を思わずばっさり剃ってしまうシーンなんて、そのバリカンを手から離せばそんなことにならなかったでしょうと思わずツッコミたくなる。これはパディントンがそれで震えまくって爆笑!という製作者側の遊び心に他ならない。パディントンのあざとさというか製作者側のあざとさが窺えてしまいどうも気にくわない。こんなことをしておけばパディントン可愛いでしょう?みたいな。ふざけるな笑

そんな事を考えながらみてる内にパディントンは濡れ衣を着せられ刑務所に閉じ込められてしまいます。そこでの態度もまあ呑気なこと。。笑える箇所は随所にあるはずなのですが残念ながら自分の中では全て不発。最早ただただロンドンに住み空気を読めていないクマの物語であります。残念ながらそこには濃厚な笑いや感動は皆無。悪役として出てくるヒュー・グラントも微妙な存在感。もうちょっと狂ってても良かったのに(笑)
エンディングでピットブルのshake senoraのカヴァーが流れ、日本版主題歌のAIの曲が良かったのでやや挽回したか。。ただ、頗る評価は高いので僕が合わなかっただけだと思います。お気にせずに。。
Sachi

Sachiの感想・評価

4.3
号泣。
前作よりもすごく好き。
なんだこの優し過ぎる世界は。最高。
美術的な面でも最高だし、
とくに期待してなかったプリズンシーンが
めちゃくちゃ素敵に可愛くて、大好きだ〜!!
初日はとりあえず字幕版でウィショーさんの声を堪能できたので、
今度は吹替え版も見てみたい。
尊龍兄貴のヒューグラントが正直ぜんぜん想像できないので楽しみ。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
最高。

ひたすら真ん中に停滞し続ける動きが、ミドルエイジクライシスにも繋がってくる。
花信風

花信風の感想・評価

4.0
うん!
なめてると、泣きます。

いやぁ~!

沁みますわ。

ヒュー・グラント、頑張ってます。

エンドロール必見です。
蓮

蓮の感想・評価

4.3
観ると心が優しくなれるよ☺️マーマレード付けてサンドイッチ食べなくちゃ☺️
モモモ

モモモの感想・評価

4.2
傑作の続編は、やはり傑作だった。
前作でも魅せてくれた「序盤で描かれた何気無い描写の数々がラストで伏線と化して回収されていく」展開は最高としか言い様が無い。
絵本の様に優しい色遣いで作られた世界観で、テンポよく笑わせ、パディントンが前作で手に入れた「家」をもう一度家族全員で取り返す姿に胸が熱くなり、中盤の面会シーンでフルCGのクマに胸が張り裂けそうな切なさを覚え、ラストシーンでホロリときてしまう。これ以上何を望むと言うのか。
小学3年に上がるまでには本作を鑑賞する事を義務化しよう。