イーダの作品情報・感想・評価

イーダ2013年製作の映画)

IDA - FORMERLY SISTER OF MERCY

上映日:2014年08月02日

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.9

「イーダ」に投稿された感想・評価

海檸

海檸の感想・評価

3.8
静かに言葉少なく物語が進むが、展開から目が離せない。色が無くとも少女の美しさが際立っている。人間模様も注目です。
sri

sriの感想・評価

4.3
唐突に思い出した
静謐の映像化。綺麗な画を眺める感覚。
黒色が綺麗。デジタルだからか白黒なのに古くない。
深海魚

深海魚の感想・評価

3.5
夏休みポーランド映画祭にて鑑賞。

モノクロでBGMもなく、セリフも最低限で、静謐で淡々と進んでいく映像だったがどこか美しく目が離せなかった。

叔母が窓から飛び降りるシーンが衝撃だった。
写真展を歩いているような絵作り
頑なに定点で撮るのは芸術としてのこだわりか或いは人手不足か
煙草の煙が綺麗な映画
空衣

空衣の感想・評価

3.9
柔らかい彫刻のような尼
空虚でいて訴えかける眼がずっと後に残る
モノクロで口数も少ない、その冷淡さこそ語ってくる
健一

健一の感想・評価

3.8
ポーランド映画祭にて。アカデミー外国語映画賞を受賞した作品は必ず劇場で観てるのだがこの作品だけは公開後に受賞したため見落としていた。静かだがズシリとくる映画。ポーランドが歩んできた歴史や時代背景など鑑賞後に色々考えさせられる。良作!
のん

のんの感想・評価

3.0

ポーランド映画らしい。
硬派です。

1960年代のポーランドが舞台。
幼い頃戦争孤児として修道院に引き取られそこで育った主人公が、ユダヤ人としての出生の秘密をたどるロードムービー。
その中で、幼い頃から日常としてあった自らの信仰を見つめ直すというテーマ。

なんというか…お堅い映画。
お酒もタバコも男も好きなように嗜む叔母の存在が良いアクセントになっていたけれど、正直退屈でした…。
等身大といえばそうなのかな。「信仰と向き合う」機会がない私にはぐっとくる要素がなかった。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

3.4
2017.12.15 ポーランド映画祭
東京都写真美術館
Akari

Akariの感想・評価

3.4
映画館でモノクロを観るのもたまにはいい
モノクロはやはり苦手だけど
映像がすごく綺麗に撮られてた
もういっかいみたいな
モノクロ映画。映像美と女の子が女性になっていく姿に見惚れる。
>|