ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 50ページ目

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

TY

TYの感想・評価

3.9
57本目

最近、個人的にジェシカ・チャヤティンの出ている映画はハズレがないです。
女神の見えざる手も凄く良かったし今回の作品も凄くいい‼
途中話がなかなか進まなくヤキモキしますが凄くいい映画でした。
見終わったら無性にポーランドに行きたくなってしまう(笑)
実話に基づく話。

第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、ナチスから迫害を受けていたユダヤ人を動物園に匿い、300人もの命を救った夫婦の物語。

最初、動物たちと同じ檻に入れられるとは酷いと思ったが、いつもの通りに私の早とちりであった。

主人公のアントニーナを演じるは、ジェシカ・チャステイン。

動物の扱いが、本職の飼育員のように演じていました。

この女優さんは、「ゼロ・ダーク・サーティ」「インターステラー」に出てたかなぁ。(今度は「女神の見えざる手」を見に行こう)

ストーリーは、戦時下の緊張した状況の下、いつ見つかるのかハラハラさせられました。

戦争の一番の被害者は子供や女性などの弱い人たちだなぁというのも実感させられました。

そして、この作品の一番の演技者は、動物たちです。よく調教されているのでしょうが、主人公と触れ合う様子が、本当に自然で素晴らしいものでした。

そういう点から見ても、一見の価値がある作品でした。
‪実話に基づく内容であることに意義があり、考えさせられる作品。動物園という舞台を使って、動物や人間の命の尊さを訴えかけてくる作品が持つ力強さ。綺麗事ではない、真の命の物語に素直に感動させられる。良作。‬
すぎた

すぎたの感想・評価

3.6
戦時下で動物園の動物がどうなるのかってことを今まであまり想像してなかったのでとても勉強になる。

子供が無能でヒロインは終盤割とヒステリーで苦手な展開にはなってしまうんだけど、興味深くて結構面白かった。

冒頭の動物たちのシーンや灰が降るシーンが凄く良い。

敢えて言うならば原題が『The Zookeeper's Wife』でやたらワイフフィーチャーなのがハマらなかった。
ワイフもワイフですげぇ頑張ってるし、ジェシカ・チャステインは勿論素晴らしい演技をしているから全然文句はない。だけど、夫も大活躍してて劇的だったから夫婦どちらにもフィーチャーしてくれたらもっと好きだったかなぁ。
あと動物たちがどうなったのかっての
かは途中からちょっとおざなりで残念。
実話を知らなかったからなんとも言えないけど、そこら辺が効いてか若干インパクトに欠けた印象。
☆☆☆★★

2017年12月15日 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン5
あやの

あやのの感想・評価

4.0
良かった。映画全体としてのクオリティが高く、見応えのある映画だった。ジェシカ・チャステインは、今アカデミー賞に最も近い女優と言われるのも納得の演技で、『女神の見えざる手』とは完全に別人。強い女性という点では共通しているけれども、その強さも異なるし。子役の女の子の演技がすごいなと思って調べてみたら、シラ・ハイスという女優さん。でも検索しても全然引っかからないし、そもそも子役じゃなくて私より年上の22歳だった。笑
終始描かれる迫害シーンや動物が襲撃されるシーンなど、苦しい部分もたくさんあるけれど、まさにアントニーナの愛に溢れた素敵な映画。
けろえ

けろえの感想・評価

4.3
邦題をどうにかしてください。今年度邦題ワースト候補。
映画の方は、人が人として生きることができなかった時代を動物園を通してうまく描いていて、胸にせまるものがありました。
ジェシカ・チャスティンは「女神の見えざる手」とはまるで別人。俳優さんてスゴイな、と改めて思った次第です。

ポーランドで動物園を管理するヤンとアントニーナ夫婦は園を破壊され動物たちの多くを失ってしまうが、命の危険に晒されるユダヤ人たちを救出し動物園に匿うことを決めるというストーリー。

見つかってしまったら即処刑されてしまうであろうリスクを背負いながらも大勢の人々を助け支えとなった実際の人物の話とあって、彼らの勇敢な行動に感動しました。
先日日本でも公開されたジェシカの「女神の見えざる手」と同じようにフェミニンで力強い女性像のキャラクターで、なおなつ第二次大戦中という時代背景の中で自らの信念のもと人々を助け出したアントニーナたちの姿がとても素晴らしかったです。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.7
第二次世界大戦中のワルシャワ動物園を舞台にそこで飼育員として勤務していた夫妻が300人もの動物園の檻に忍ばせユダヤ人の命を救った実話をベースに描いた劇映画‼開幕でジェシカ・チャスティン演じる園長婦人が自転車に跨がり軽快に園内を挨拶して動物園の全体が映し出されるオープニングは高揚感に包まれた。同時に彼女がのちに捨て身の奇策でユダヤ人を匿う様は周囲の視線や我が子を守り抜く責務など秩序と混沌が飛び交うエモーショナルなホロコーストものだった。原題の『The Zookeeper's Wife』は直訳で"飼育員の妻"。チャスティン演じるアントニーナのポーランド訛りな方言も発音がやや独特でした。作品の前半でドイツ兵の奇襲から動物園が阿鼻叫喚な地獄へ追い立てられる過程が描かれ後半でユダヤ人が家内から道端に呼びたされそのまま膝をつかせ銃殺される無秩序な場面まで劇映画ならではの病理やリアリズムが体現されていた。逃げ出した動物がドイツ兵の手で無惨に銃殺される描写も非常に報われない。いわば今年観て評価した『女神の見えざる手(2017年)』とチャスティンの役柄がいい意味で真逆なので俳優の幅は実感させ振り幅の域を痛感させられる。終盤でドイツ兵に檻の存在がバレどうなるかも本作一番の見所であろう。敵兵による戦時中の秩序が崩壊した無情感やポーランドでの勇敢な市民によりユダヤ人救助に刻まれた新たな発見など年末にお勧めできる重厚な一品であった。
saitounagi

saitounagiの感想・評価

3.8
フリーパスでもう1回スターウォーズか迷ったけど、これ観てきた。
杉原千畝やシンドラーを想起させるよな内容だけど、こういう話がきっとたくさんあったんだろう。やっぱり、登場人物みんな英語喋ってるのは、私的には違和感があったかな。