わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

Hayato

Hayatoの感想・評価

-
んー、麦の穂をゆらす風とは
また違った辛さが、、
消えていくような美しさというより泥臭くてより身近に感じる。
これダンと同じ歳になってもう一度観たらどうなるかな
KAREN

KARENの感想・評価

4.2
彼が求めていることなんて、すごくシンプルな事なのに…重い深い考えさせられる
KKK

KKKの感想・評価

3.9
国の制度は本当に困っている人間を助けるにはお粗末なのかな。理由があって働けなくなったり、確かに楽して援助を受けようとする人もいるから難しい点も多いと思う。1人1人によりそうことは制度どしては難しいのかも。もっと隣人同士が助け合い困っている時に手を差し伸べ合うことができれば、、、でもお年寄りの援助には国が力をいれるべき!
KarimF

KarimFの感想・評価

3.8
ガバメントあるある。こんな経験した人たちどんだけいるんだろう、、
ゆめ

ゆめの感想・評価

-
ハートフルヒューマンものなのかなくらいの気持ちで臨んだので非常に心臓に悪かった。
じわじわと心に鉛を飲まされるようなしんどさ。個人を切り刻み、点数化し、"切り捨てても構わない人"を選別していく体制に怒り、自分のすぐそばにある深淵に戦慄する。いつ自分がこの深淵に足を取られるか分からない恐怖。
主人公たちはどこにでもいる、正直で、実直で、親切な、少し不器用なだけの人々。私たち自身であり、私たちの隣人だ。
イギリスだけの問題ではあるまい。こういう社会にならないためにはどうしたら良いのだろう。効率化、生産性、そういうものを追求した結果、生身の人間を見失っている現状。腹の中に鉛がずっと溜まっている。
個人的に一番辛かったのは缶詰のシーン。自分も母なので、発作的に涙が出た。
ダニエルは尊厳を失わなくて済んで良かったと思ってしまった……。
こもえ

こもえの感想・評価

4.4
心臓病を患うダニエル・ブレイクは医師から働くのはまだ無理だと言われ、休息とリハビリを勧められる。

そんな彼と支援手当の認定医とのやり取りからこの映画は始まるんだけど、全くかみ合わない会話(お役所の型にはまった受け答え)に思わず笑ってしまう。
改めて客観的に聞くとなんと滑稽な…(笑) でもそこからのダニエルの人生は笑ってはいられない。

ダニエルの隣に住む若者が言う。「役所は何もしてくれない。俺たちを惨めな気持ちにさせてくれるだけだ」と。

ダニエルが偶然出会って助けたシングルマザーのケイティもまた同じように規則違反だからと支援の受付さえしてもらえない。

それでも生きていかなければならないわけで、ダニエルはケイティ親子を、そしてケイティもダニエルを気にかけ、時には距離を置くこともありながらもなんとか暮らしを立てていく姿が描かれる。

作品としての派手さはないけど、静かな中にもしっかりとしたメッセージが込められていてじわ〜っと染みてくる。

タイトルの「わたしは、ダニエル・ブレイク」の意味は深く、個人の尊厳を守り抜いたダニエルは理不尽なことにきちんと怒り、困っている人に寄り添える優しい心の持ち主だった。
そんな彼の人生が報われる世の中でなければならないと思う。

観終わったあと余韻にひたりながら、いろんな場面を思い出している。
特に、ケイティが空腹に耐えきれず缶詰を食べてしまうシーンを思い出すと本当に胸が痛い。
わたしは、ダニエルブレイク

🇬🇧イギリスのニューキャッスル

心臓を悪くして休職している大工さんが主人公。

役所の対応や近所のマナーなどの悪さにいつもイライラしていた。💢

年寄りでパソコンが苦手の為、役所に来ていた際、遅刻でお金を受け取れない子持ちの女の怒りを代弁する主人公と意気投合する。

しかし母と子供2人を抱えるこの家族も仕事がなく家は電気も使えない始末。

なんとか出来る事は手伝う主人公だが主人公も働けず、支給も止められ八方塞がり。

頭の固い役所や国の制度に頑張る主人公と出会った親子の話


◉86C点。
こりゃ感情移入しまくりました。
見た後の怒りをどこにぶつけたらいいのやら💢
★彡世界全ての政府や役所や会社の人達に見て貰いたい作品だと心底思う。



◎第1位👴
とにかくかわいそう!やる気があるのに世間が冷たい!
★彡なんでも行動を起こして対応しようとしている主人公しかし、一々うまくいかない!
感情移入しまくりです!


◎第2位💸
お金がないと生活ができない恐怖を考えさせられる。
★彡配布される食料を貰いに行く辛さや貧乏でイジメられる子供の事を考えると何より辛い。


◎第3位😇
こんなに優しくて頑張る親父が天使に見えました。
★彡こんな人が良い主人公を見つけるのも奇跡に近いかもしれない。この世の中不器用で損をしている人はたくさんいるんでしょうね。
まずはじめに、イギリスには寝室税やフードバンクというものがあることを初めて知った。

W座にて鑑賞したのだが、小山薫堂さんの言葉がとても印象的だった。

「言葉の体重」

まったく同じ言葉であっても誰が言うかで重みが変わるということー。

市長とホームレスが同じことを訴えた時、通じるのはどちらか。

劇中のダニエルの言葉は通じなかった。

怒鳴ったりイラついた態度を取ったことで審査に悪い影響を与えたであろう。

私が審査員の立場だったらあのような態度で暴言を浴びせられたとしたら…きっと優しくは出来ない。

ただ規則に従うことしかしないだろう。

だからこそ言葉を伝えるときには、伝え方が大事だと思う。

怒り狂って言葉を吐くのと、冷静でいて真剣に話すのでは受け取る側に与える印象は全然違う。

前者はとても損をすると思う。

ダニエルはこれまで妻の介護と両立させながら仕事に励み、真面目に税金を納めて来た一市民だということ。

心臓が悪く医者から仕事を止められているのに、就労可能と判断される。

パソコンやネットを使って申請してくださいと係員は簡単に言うが、パソコンを使った事がない人間にとってはとても難しいこと。

若者たちに尋ねながらパソコンを操作するダニエルの姿に胸を締め付けられた。

文句を言いながらも、履歴書講座だって受講し、仕事は出来ないと分かっているのに言われた通り求職活動もした。

生きるためにダニエルは動き続けた。

しかし残念な結果を下される。

その後のダニエルの行動には驚かされた。

まさかスプレーで、、、

それも逮捕される事を承知の上で。

規則や法律は国民を守るためにあるのではないのかー。


一見すると頑固でうるさいじいちゃんにしか見えないダニエルでも困っている人を助ける親切でとても優しい一面もあった。

苦労しているシングルマザーのケイティを放っておくことが出来なかった。

自分に出来る事を考え、困っているなら助けたいというただその気持ちだけだったと思う。

ダニエルは見返りなんて求めていなかった。

ダニエルは愛情深い人だった。

元職場の人達や、隣に住む若者達、街中で会った製材所の人がダニエルに見せる態度や話し方から、ダニエルは愛されている人間だと想像できた。

ただ、ダニエルは役所・政府に対しては冷静になれなかった。それだけ。

そんなダニエルが迎える人生の結末。

悔しい。

この言葉が一番合うと思う。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

その人の環境や身なりで人は勝手にその人を計ってしまっている。

お金では与えられないものを与えられる人間になりたい。

この世の中、ダニエルのように他人に堂々と注意をする人は少ないだろう。
ドキュメンタリーのよう。
胸につまる…どうにかならないの、と言いたくなる。
少しでもも出会えた人との時間が大切だったろー。
sugi

sugiの感想・評価

3.3
あぁ20年後こうならないように今頑張らないとやばいな…俺…他人事な気がしなかった。
>|