わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

Ayahana

Ayahanaの感想・評価

4.1
ひとりの人として尊厳、プライドを持って生きること。重い映画を選んでしまったかな?と思って観たけど、暖かく、柔らかで人間性溢れる映画でした。だからこそ深い問題もしっかりと伝わってきた。タイトルにしっかりと刻まれてます。I,DANIEL BREAK!
jjjk

jjjkの感想・評価

3.4
昨年のパルムドールということで。

思いのほか淡々とした映画だった。あまりにも理にかなってない社会の福祉システムと事務的な役所の対応と、ダニエルが関わる人々との世の中捨てたもんじゃないなと思える助け合いの心の対比が印象的だった。(役所の人もマニュアルに従って自分の仕事をこなしてるだけでそこまで非はないんだよあとも思ったが)

どれほど自分が社会の制度について無知で恵まれた環境で生きているかを実感した。でも今の時代、他人事では済まないよね。

ただちょっと物語の起伏が少なくて意外性もあまりなく想像できる展開だったのと、ラストがあまりにも報われなさすぎるからこの点数。
万引き家族がよかったので過去のパルムドール受賞作を観てみようと選んだのだが、思いのほか、というかとにかくとっても良かった Filmarksのマーク数を見るとあんまり(いま6566)観られていないっぽいのはアメリカ映画じゃないからでしょうか こういう明確な意図を持って作られている映画(に限らず音楽や小説も)ってすごく好きです
#IDanielBlake 2016
たいち

たいちの感想・評価

3.5
不条理な社会制度、弱い立場にはより厳しい世間の目が。
ロンドンのいたって普通な街並みを通じて描き、とても身近なコトとして訴えてくる。
社会から必要とされていないと感じながらも今までそしてこれからも当たり前の尊厳を、権利を求め続ける姿に胸がうたれる
貧困とかお役所的な制度とかいろんな問題が投げかけた映画だけど、一番伝えたいことが「わたしはダニエルブレイクだ」であることが一番切ない。

どんな状況でも他人や自分によって尊厳を傷つけられるべきじゃないけど、それはなかなか難しい。それができるダニエルは本当に立派だし、それまでいい人生を送ってきたんだと思う。
orizza

orizzaの感想・評価

4.5
ラスト、まさか下手なエンディング無いよね?
それを良い意味で裏切られた
涙こそ出なかったけど、胸が熱くなったです
chita

chitaの感想・評価

3.9
社会的立場の弱い人にも手を差し伸べられるようになりたいな。権力には屈しないが、隣人には手を貸す?みたいなセリフが好きだった。
政治は人を殺す。

社会的に弱い人も普通に生活できる世の中でなければ人間なんて滅びた方がよい。

隣の人に優しくしてあげられる生活を心がけよう。

そして、法律や制度、政治をキチンと見ておこう。
考えさせられる作品でした。
どこの国でも貧困や制度の問題を抱えているんだなと感じました。
悲しい現実を描いているのに後味が悪くないのは主人公が口は悪いが人情味に溢れた魅力的な人物だからでしょうね。
最後まで人としての尊厳を失わなかった彼に敬意を払いたい。
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.7
なんとも悲しい結末。イギリスの貧困の現実。決して大げさでなく、でも真実の姿なんだろうな。お金で買えないもの。人間の当たり前に主張しうる尊厳。
>|