わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

GoKanno

GoKannoの感想・評価

2.5
社会的弱者が善、強者が悪。
の演出が過剰に表現されてて、
政府に対する怒りを感じる。
その怒りが純粋すぎて、
役所の人間は悪魔なのか?笑
くらいの勢い。
この悲しい現実は
社会制度が間違えていて、
いつも傷つくのは弱者!
可愛そう!
という感想を抱かせたいんだろうけど、
ほんとにそうなの?と思う。
左翼特有のプロパガンダに
感じてしまうし、
なんか上から目線で苦手(●´ω`●)
chi0722

chi0722の感想・評価

4.0
この世界にケンローチみたいな視線を向けてる人間が存在するってだけで安心する。
あったかい距離感◎
Yuri

Yuriの感想・評価

3.7
多くの国でこういう人達がいる。「こういう人達」ではなく、その人にも人生や信条や家族がいる。そういう事に目を背けていける方が楽だろうけど、そうしたくないなって思わされる映画。働けるありがたさ、恵まれてるなあ。
久しぶりにボロ泣き。
不意をつかれた。
今の私と似たような暮らしだからだ
この映画までは貧困ではないけど
その苦しさはよく理解できた。

この映画を観ると多くの人は
優しい気持ちになるんじゃないかな。
多くの人に観てほしい。
ケンローチ監督が引退を撤回して作り上げた傑作。カンヌではパルムドールを取りましたね。

まず本作はハッキリとキャメロン政権の緊縮財政を批判していると思います。2010年以降からキャメロン政権は財政赤字解消のために福祉予算を大幅に削減してきました。よって貧困層の生活状況は悪化の一途を辿っています。

冒頭から本作の主人公、ダニエルと行政職員の会話から始まります。ここのやり取りとかもうほとんどコメディですよね。ダニエルが苛立つのもよく分かります。どう苛立つかというともう徹底した水際作戦の連続でシステムにコミットさせないように話を進めていくと。「揺りかごから墓場まで」と言われたのは遥か昔の話。イギリスは今では「指が一本でも残っていれば働かされる国」と揶揄されるようにまでなってしまいました。

本作は官僚制の非人間性をあぶり出していきます。冷酷に切り捨てるだけならまだしも、彼らは煩雑かつ無意味な手続きによって弱者を疲弊させ、人としての尊厳を失わせてしまう。「働けない」事を「働かないこと」へと巧妙に論理をすり替え、その責任を本人に取らせる。確かに本作のダニエルが全て正しい人物とは言えません。見る人によっては彼は正しくないかもしれない。頑張りが足りないかもしれない。だからといって救いの手を差し伸べないばかりか、人としての尊厳までを踏みにじる権利は誰にも無いはずです。

そんな中でダニエルが発する「人間」としてのメッセージは非常に胸を打つし、「人間は個人として尊重されるべきだ」という当たり前の事を思い出させてくれるという点で素晴らしいとしか言えない出来になっていると思います。
遠い親戚より近くの他人
便利さと責任に支配されている人々
の2本立てって感じ
Sayu

Sayuの感想・評価

4.0
悔しい苦しい
映画館で涙したのは今年初
エンドロールが短く気持ちが落ち着かないまま外に出たからか
帰りに寄った本屋でまた泣きそうになった

考えたことなかった現実社会
言葉でも行動でも
人の優しさがどんなに大きなものか….
日本も似たような制度。ただ不正受給もいて何とも言い難い。刹那い。
QHEY

QHEYの感想・評価

3.9
ほぼ挿入歌なしでウェットに偏り過ぎないようにしながら現実の融通の利かなさをありのまま描く良作。
英国の空のようなモノクロなシステムの中で、主人公が持つ人間臭さは一際色彩があり、熱を帯びていた。
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
強くて美しい心を持つダニエルが無慈悲な仕打ちを受ける世の中に憤りを感じました。彼の思いやりの気持ちを忘れずにいたい。
>|