ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.6

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

こにし

こにしの感想・評価

3.6
なんか色々考えさせる部分はあるんだけれど、観てて、気持ちよく観れない映画。。
なんとも言えないドローっとした雰囲気が漂ってた。いかにもパルムドールを獲りそうな作品。
jane

janeの感想・評価

2.5
気まずさや疑う心があったら駄目かって
あっていいに決まってる。
不快。後味悪いのが醍醐味な映画
haru

haruの感想・評価

2.5
フレンチアルプスで起きたことパート2。

現代アート「ザ・スクエア」を発表しようとしたとき、微妙なトラブルが多発する話。

「フレンチアルプスで起きたこと」と同じ監督且つ同じような話なんですけど、個人的にはフレンチアルプスの方が好きです。こちらは小ネタ多くてちょっと疲れちゃいました。笑いも「ちょーウケるぅ!(爆笑)」ではなく、「あー…(苦笑い)」系なので、微妙な空気がお好きな方にオススメです。私は大雑把でストレートな笑いが好きなので、ちょっとコムズかしかったです。
ただエリザベス・モスみたいな空気読めないキャラはすごいいそうです。
T

Tの感想・評価

3.8
ストレスフルでどっと疲れた、建前や自己保身といった目をそらしたくなる人間のくだらなさが露呈していく様がとにかく居心地悪くて仕方ない

流れる音楽や違和感のある効果音、存在、ところどころに出てくるスクエアの意味などを考察するのも楽しいけれど結局そういった部分にめんどくさい意味をもたせているのも人間だと思うと全てがくだらなく思える、皮肉に溢れた作品
これでもかというぐらいの
気まづさ、居心地の悪さを
鑑賞者にぶつけてくるあたり
『フレンチアルプスで起きたこと』
の監督さんと知って納得。。

きっかけは被害者になってしまったこと
から始まる負のスパイラル。
怒りと出来心で起こした行動が
大きな波紋を描いていきます。
そう、池の中に石を投げたように。

そしてその行動の1つ1つを取っても
その状況下では
その選択をしたかもなー
なんて自分自身に置き換えることが
できるのが居心地の悪さ、気まづさの
原因なのでしょうね。

価値の分かりにくい現代美術と
小銭を恵んで欲しい人々。
HELP!が聴こえても無関心な人々。
面倒に関わりたくない人々。

ザ・スクエアは
“思いやりの聖域”で
この聖域の中の人を助けるという
真四角なインスタレーションと
主人公の娘のチアリーディングの
真四角なステージは
人を信頼する、信頼しなければならない
といった対比が面白かったし、
聖域外の世間は正反対の世界なのが
とても皮肉でした。



鑑賞者後
満員電車で喧嘩が始まって無関係を装う人の中、緊急停止ボタンを押した友達が
とても良い行動と感心したと共に
私ならできたであろうかと
自問自答が止まらない自分でした。
ぱぷり

ぱぷりの感想・評価

3.1
「フレンチアルプスで起きたこと」っていうほんわかした胸キュン系のタイトルで、エゲツなくイタタマレナイ映画を作った監督さんの作品。

今回のタイトルだって、ちょっと感動系と勘違いしません?
まあ、アート作品の名前なんですけどね。

その作品に付随して巻き起こる人間の皮肉、矛盾、不遜、傲慢さを現しております。

ある部下に対して、自分の言葉に責任を持てない人間は信用するに足らない。
この件り実に巧かったです。

でも、少女の動画にはドン引き。
いくらトップが任せると言ったとしても、中学生レベルの発想が通ってしまう企業に未来は無いですね。
この件り、稚拙すぎました。
美術館の話がメインなのかと思ったらおまけ程度でしたね。

財布と携帯を取られた。
彼の提案で脅迫をした。
財布と携帯が戻ってきた。
途端物乞いにも優しくなる。

軽い気持ちでやった事が誰かを傷つける結果を招く
自分した事には責任を持つ
すぐしなければ間に合わない事もある

あの男の子のしつこさがすごい、この年頃の男の子がこんなに怒れます⁉
現代社会の皮肉たっぷり
ナチ

ナチの感想・評価

2.0
オレが観るにはまだ早かった
現代アートを観たときに『ん?』てなる感覚が一緒だった
ユータ

ユータの感想・評価

3.4
自分が言ったことに責任を持ち
自分が不利でも正しいことを認めるということが信頼に繋がっていく
>|