ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.7

あらすじ

周囲から信頼と尊敬を集める有名美術館の名キュレーターが発表した美術作品「ザ・スクエア」が、世間に思わぬ反響を生み、とんでもない大騒動へと発展していく、皮肉な運命の悲喜劇。主演は本作でブレイクを果たし、ヒット作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編に出演決定したクレス・バング。共演にHuluのドラマシリーズ「侍女の物語」でエミー賞、ゴールデン・グローブ賞などを続々受賞、スターの階段を駆け上がるエリザベス…

周囲から信頼と尊敬を集める有名美術館の名キュレーターが発表した美術作品「ザ・スクエア」が、世間に思わぬ反響を生み、とんでもない大騒動へと発展していく、皮肉な運命の悲喜劇。主演は本作でブレイクを果たし、ヒット作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編に出演決定したクレス・バング。共演にHuluのドラマシリーズ「侍女の物語」でエミー賞、ゴールデン・グローブ賞などを続々受賞、スターの階段を駆け上がるエリザベス・モス、『シカゴ』などの演技派ドミニク・ウェスト、『猿の惑星』のテリー・ノタリーらが脇を固めている。あなたの<心>が試される!?先の読めない展開と思わずゾクッとさせられるシニカルな笑い満載の傑作ヒューマンドラマ!

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

展示品『スクエア』
その中では皆が平等で、その中にいる人には親切にしなければならない スクエアに代わる場所はいくらでもあって、どこの場所を切り取るか選択肢らこの世にないはずなのに、その場の環境で人は無慈悲になれるし、許せるし、非道に走れるし、戦える
物語の途中途中で『スクエア』とは何かを説明する場面があり、その言葉が頭から離れない キレイごとじゃ世の中生きていけない そんなキレイじゃない世界で生きてる人が美談や理想を作品に込め、それをゆうべんに語る 展示品で伝えたいことを出来て、ない人らがいくら発信しても皮肉にしか聞こえない 考えさせられる パンチある作品だった
ちょっと長過ぎかなぁとは思いました。そのせいか、周りで寝てる人も多かったですし。スウェーデン人も日本人も変わらないんですね。問われる系の作品を続けて観てしまったので頭が疲れました😩
krh

krhの感想・評価

-
2時間半、ノンストップでストレスがかかり続け、消化しきれずに観終わったあとジムに駆け込むくらいにはしんどかった。

表面をさらうだけで責任の所在を自分に置こうとしない、あるいは要点を掴みきれずに募る苛つきを湛えたまま、会話や状況が進んで行く。チラシ、発狂する男性、一夜の女性、モンキーマン、子供と、相手をコントロールできないという不条理を、手を替え品を替え提示してくるからたまらない。
仕方なく不条理を引き受けてしまう彼は結局爪が甘い。こういうのは嚥下した者負けで、悪い方向に展開を転がしているのは彼自身だということに気づかない。彼はそもそも「練習」しなきゃうまく立ち回れない人間で、不条理を引き受ける器にない。観ている側は「あ〜あ…」と思うものの、「自業自得」ときっぱりとは切り捨てられないくらいには同情してしまう。見て見ぬ振りをする周りの人間は決して全く正しくないし、正義感をもって問い詰める記者だって他人事だからこそ刺すことができる。なにより、「物事をいいとこ取りして自分の責任にできない」のは観ている自分自身のことでもある。SNS社会…

現代美術あるあるには終始笑ってしまう。人物の衣装はじめキャラクターや振る舞いなど、業界をとりまく人々に対する咀嚼の細かさに感心する。階段に座ってグラスを傾けがち界隈の人々、ちょっと覗いてみてはわからないのと人がいないのとで気まずさにすぐ出て行ってしまう鑑賞者。それが展示の一部と気づかずに処理しちゃう業者。動画の内容は露悪的だけれど、現代美術そのものへの批判というよりは、ああいうアプローチをして「アート」とする姿勢への揶揄と見える。それは「スクエア」自体にも言えることで、あれを優れた作品だと胸を張って言える人がどれだけいるのか…
aj

ajの感想・評価

4.9
現代の貧困問題やSNSを取り上げ、金持ちの目線を描き、貧しい人間にお金をあげたりして、自分がいい人間に思われたいや思いたいことからの親切は本当に親切と言えるのだろうかと皮肉っぽく問うた作品だ。
人に関心持たれる為や、面白おかしくやったことが知らないところで人を傷つけてしまうという現代のコミュニケーションについても考えさせられた。
maaaatam

maaaatamの感想・評価

4.3
ブラックユーモア溢れる作品。むむ?って考えさせられたりちょっと笑っちゃったり、ひやひやしたり、、
もし自分だったら、って考えざるを得ない場面がちらほらと。おもしろかった!
全てのシーンがめちゃ気まずいしヒヤヒヤするし気分悪くなるけど、ちょっとついてけなかった…
アート作品に意味を与えるってこういうことなの…?
aymm

aymmの感想・評価

4.0
自分の倫理観や道徳観念が問われているような、気まずくて逃げ出したい状況をエンドレスリピートされているような。
とにかく不思議な感覚をダイレクトに観せられた151分だった。

ゴリラ男の大暴れのヒヤヒヤ感がヤバかったけど、チンパンジー登場からの流れのsex。そしてその後のゴム騒動が一番ゾッとした(笑)
HST

HSTの感想・評価

3.3
マナーは守れ!後悔する前に引き返せ!!本物の猿はあんなに大人しいんだからって感じかなー、とりあえず胸糞。まぁ胸糞なのは共感してしまう自分にって事だけど。
主人公のセコさとか、偉そうな態度とか、逃げ腰とか、立場や世間体ばかり気にするところとか、上から目線の説教垂れ流しとか、とにかくいちいちざわざわ来る、完全なるブーメランムービー。でもそういうものを全部捨てたからといって、人生うまくいくと決まったわけじゃないんだよねー。
猿男はいいとして、アンはなんでゴリラ飼ってるんだ?ほかにもよくわからんことがたくさんあるから、わからなくてもまあいいんだけどさ。
アート作品として展示された"思いやりの聖域"。そこは人間の本質を揺さぶる場でもある。

人間関係において他人を信頼する事はとっても重要ですが、この映画では常にその信頼、信用を意地悪なくらい"本当に大丈夫か?"と問いかけてくる。

偏見や、考え方の違い、他人とのギャップを埋めようと努力すればするほど疑心暗鬼になってくる。映画全編に渡って見せつけられた気がします。

中盤の晩餐会のシーンは衝撃的だった。
>|