ザ・スクエア 思いやりの聖域の作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・スクエア 思いやりの聖域2017年製作の映画)

THE SQUARE

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:151分

3.5

あらすじ

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に投稿された感想・評価

▶︎ある美術館の展示作品をめぐって起こる大騒動を毒とユーモアたっぷりに描いた悲喜劇

現代美術館のキュレーター・クリスティアンは、現代社会のエゴや格差に一石を投じるアート「ザ・スクエア」を展示する。ある日、彼は携帯電話と財布を盗まれてしまう。だが取り戻すためにクリスティアンが取った行動は、作品の理念を裏切るようなものだった。

▷現代社会のさまざまな問題を痛烈な笑いで描き出した作品。本当の正義とは何かといった問いかけを感じた。スリ事件のあとの脅迫状配りでクリスティアンと部下が揉めてるところとか人間臭くてよかった。
Taiga

Taigaの感想・評価

3.5
意地悪〜で胸糞系の映画です。グロいわけではないけど、常にモヤモヤする場面が繰り返される感じ。
各シーンで四角(スクエア)を基調として映像が撮られているのでめちゃくちゃカットが綺麗。
二項対立の演出が何度もされており、監督の思想が随分表現されています。多分。
今や外国映画を観る際には最低限、その国の移民問題の事実を知っておかなければ理解しにくい状況になっている。日本がこの問題に鈍感な事を悲しむべきか微妙ではあるが。

難解な映画なら嫌だなと思ったが、これは面白いと観続けると、ちょいちょい訳分からん展開に。それも含めて面白いのだけれど。

【フレンチアルプスで起こった事】は1テーマでずんずん突き進んだけれど、今作は様々なシチュエーションで現代の矛盾やら偏見やら意味のない驕りなんかに警笛を鳴らしてるだろうと思う。回りくどくなくはっきり表現してる箇所が多いのでありがたいが。

それにしてもYoutubeと猿人間のくだりの不快感はもうかなりきつい。後者の「見て見ぬふり→一斉に全員で攻撃」の皮肉?よりも、猿人間がパフォーマンスなのか本物の猿人間なのかに神経が行く。怖い。怖すぎる。

この監督、主人公(つまり我々全員)の嫌なところばかりあげつらうが、面白いから良しとしよう。この監督も批判というより、人間の業を面白がってる気がするし。



以下笑ったシーンネタバレ













・赤ちゃんを変な形で抱いてあやす。あやせてる。
・何故かアパートでゴリラを飼ってるが、ゴリラは口紅を塗る。
外は雨

外は雨の感想・評価

4.0
リューベン・オストルンド監督。権威のある美術館のキュレーターがケチくさい気持ちから引き起こされるゴタゴタ。本当にこのアイロニカルな視点はどうしようもなく、意地が悪く、後悔も許されず、面白い。

美術展のレセプションのゴリラパフォーマンスを観る彼らのその態度。自分の世界とは違う「異物」を招待しそれを見せ物として楽しみ、異物が想定を超えて自分らに対して振る舞えば見えないものにしようとし、異物が乱暴をすれば抹殺する。そういう上流社会層の意識の縮図を見せられる。

全体の大部分が本当に、しょうもないちっせえなぁ〜という事だらけの中で、パーティはかなり衝撃的なシーンだった。そして彼が子供への謝罪の通話で、謝罪がいつもやっているであろう「社会への問題提起」が主題の美術作品の講釈にすり替わっていくところも最上級の皮肉だ。

現代美術というマーケティングと高尚な誰かの解釈で権威づけられた作品たち。うんそういうのは作品自体の強度がなければpgrなのだ。
クリスティアンは、美術館のメインキュレーター。
今度行われる展覧会で展示される『ザ・スクエア』の宣伝活動やプライベートでさまざまなことに追われていた。
「この正方形の中ではどんな人間も平等な権利を持ち、公平に扱われる」という展示のテーマを念頭に起きながら、順風満帆なクリスティアンの人生に起きる出来事を描く。

観ていて固唾を飲んでしまうような、気まずい…と思う事象だったり、あちゃー!てなってしまう事象だったりが多く描かれていて色んな意味で鑑賞後の疲労感がすごい作品だった。

特に印象的なのは他の人のレビューにも多いがモンキーマンのシーン。
いや、気まずいにも程がある。
自分がその場に居合わせていたら絶対「もう帰りたい」と思っていたと思う。
というかこの映画、だいたいの事象を見ていると「もう帰りたい」になってしまうのである。

まあこれは現実逃避的思考なんだと思うけど、クリスティアンを見ていると「この人を見捨てて帰ろうかな」という気持ちになる。
これもまた自分のエゴなのか…なんというか、「本当の優しさ」とは?と思わせる。

それにしてもクリスティアンはプライドの高い人間である描写が多々あり、観ていてどつきたくなってしまうシーンも多い。
心に余裕があるときに鑑賞して、自分と重ね合わせて考えるのがこの映画の伝えたいことなのかなと感じた。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.7
人間の身勝手なところだったり利己主義的なイヤ〜なところを切り取るのが上手い映画だな、と思った。
特にあのゴリラ人間のシーンとか 自分がその場に居合せてたらどうするんだろうって考えさせられる。
t

tの感想・評価

-
あそこまでして自分の罪を認めない人っている、、、?笑ここまで無責任で非情な大人が大勢いるとは思いたくないけど、それでもあっこれ自分だ...ってギクッとする部分もあったことは否めない。表では綺麗事並べておいて、どこまで真の意味で善い人でいられているか?ただの自己満足なんじゃないのか?まあ、人間みんな完璧になんてなれないし、自分を庇いたくなる気持ちも、自分の生活が1番なこともわかるんどけどね。痛いとこ突かれたような気持ちになった。
miicho

miichoの感想・評価

3.2
生きていて、こういう気まずい場面あるよなぁ...っていうのを作品にした感じ。
大衆になると謎の団結力が出来たり、嫌なのに笑って誤魔化したり...。炎上商法とかも、時代だよなぁ~って思う。
人の為とか言いつつ、結局良い事してる自分が一番!みたいなとこ、改めて客観的に見ると笑える。自分も、そうやって見えているのかな。嫌だなー。笑 人って、本当都合良く出来てる。
ブラックユーモアとかは大好きなんだけど、後半のパーティーの猿男は笑えなかった。あんなの、ただただ怖すぎるわ...
言いたい事は何となく分かるけど、言葉にしづらいというか...何だか不思議な映画でした。
夏帆

夏帆の感想・評価

3.5
あまりにも衝撃的なシーンがある場合、数ヶ月後にはそのシーンの印象しか残ってない…みたいな映画ってたまにありますよね

私にとっては、今作がそれになりそう…
きっと数ヶ月どころか数日後には、モンキーマン”しか思い出せないような気がする
まぁそもそもこれを観ようと思ったキッカケも、皆さんがレビューにモンキーマン、モンキーマン、て書いてるから、モンキーマンていったいどんなんなん?て気になりすぎたからなんだけど😅

モンキーマンなんて愛嬌のあるネーミングだから🐒←こんな感じを想像してたのに、とんでもない!!
観ててすっごく気分悪くなってしまった😨
何アレ!怖いし、気持ち悪いし、腹立つし、おそらく自分凄い形相で観てたと思う😣
あの場の空気感含め引いた~💦

この監督、「フレンチアルプスで起きたこと」が面白かったので期待してたんだけど、これは合わなかったなぁ
共通点としては、色々ととにかくしつこい!!笑

結局監督の伝えたいこともわかりにくくて考察読んでみたら、なるほどぉ…と少しはなったけど、、。

でも1週間後には、モンキーマンしか思い出せません、きっと 笑
ま

まの感想・評価

3.5
何が言いたいのか終始わからなかったのだけれど、何故か目が離せなかった。
わけわからんけどじゃあつまらないのかと聞かれたら面白い。
それこそ観てすぐ理解は出来ないだけど観てしまう現代アートを鑑賞しているような不思議な感覚。

邦題のサブタイトルで勝手にほっこり系かと勘違いしていたらめちゃくちゃ殺伐としていた。
>|