ティエリー・トグルドーの憂鬱の作品情報・感想・評価

ティエリー・トグルドーの憂鬱2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れる…

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・評価

しぇい

しぇいの感想・評価

2.7
岐路に立った男性の日常を描いた作品。

クスッと笑えるところや、
主人公の歯痒さなどは良かったけれど、
それ以上のことはなく印象に残らない映画でした。

ただし、
一定のトーンで進むものの、割と短い作品なので、眠くなったりせず観やすいと思いました。
kyuta

kyutaの感想・評価

3.9
ヴァンサン・ランドンは、やっぱりいい役者だ!表情で語れる稀有な存在。

人を疑う仕事は観ているだけでもキツい。

憂鬱な日々ではあるが、そこには確かにささやかな幸せが存在し、人々はその幸せを守るために毎日働くのだろう。
地味の一言に尽きる。最後までひたすら地味。それでも最後まで観ずにいられなかったのは、何故だろう。どこかに、役者にか、不思議な魅力があるかも。
失業し、職に就くまでのさまざまなステップの虚しさ。サポートシステムは存在するが、誰も相手の立場に立っていない。ただ暖かい家族を守りたいだけなのに。やっと見つけたスーパーの万引き監視員は、単なる盗人だけでなく、自分の仲間の不正も監視の対象。捕まえても何の解決策にもなっていない仕事の意義とは。
しかしこういう映画で地元フランスでヒットを飛ばしたっていうから、フランス人の観衆は目が肥えているというか、凄いなあと思う。
職探しをしたことのある人や転職経験のある人は、身につまされるような話が詰まっている。住宅金融公庫とか息子の面談とか、とにかく日本でも身近な庶民の生活感がこれでもかというほどに描かれていて、どういうわけかこういう流れの映画はハマっちゃうんだよなぁ~。
てかすぐ転職出来たり、障害者の息子にもきちんと世話をするし、主人公、しっかりしている人じゃん。あと日本と違って、みんなひたすら言い訳ばかりするんだね(笑)
あと、酒と煙草のシーンが全く出てこないのも新鮮だった。

なお、この作品はドラマに期待しないように。ドキュメンタリーだと思ってもらえれば、考えさせられることも多くいい映画です。
emina

eminaの感想・評価

4.3
この映画、好みです。フランスっていうとオシャレなイメージで人生楽しんでる印象があったけど、この映画はそれを覆した。日本と変わらない社会情勢を知ることができて興味深い。私も転職で面接の練習したり色々したから共感した。私はこの映画フランス人100万人が観たという話、納得です。
RMiura

RMiuraの感想・評価

-
ティエリー・トグルドーの憂鬱…ドキュメンタリータッチ。個人的な感想としては私は労働社会問題としてはサンドラの週末の方がキツかった。取り上げられる後半の出来事は現在日本でも起きている事でも。仏人と日本人の違いはあるか?とも考える。其れ程驚かないのは私自身の自己評価は低いのかもしれぬ。ティエリー・トグルドーの憂鬱はむしろ、これから社会に出る方、高校生や大学生にみてほしい。働くって本当に大変だし、親御さんだからって出してもらって当然ってない。
くみん

くみんの感想・評価

4.3
身につまされる。多くは語らない、うまくいかないことばかりだけと家族には愛されてる!ヴァンサンランドンが最高!
人生思い通りにいかない。
誰もが感じたことのある憂鬱。
とにかく今を大事に生きようと思った。
keco

kecoの感想・評価

4.7
憂鬱だけどその中にも吹けば消えてしまう幸せを必死に守ることだけが今日も生きる理由。
>|