ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:93分
    監督
    ステファヌ・ブリゼ
    キャスト
    ヴァンサン・ランドン
    キャリーン・デ・メルベック
    マシュー・スカラー
    あらすじ
    ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

    「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・レビュー

    Shizuka
    Shizukaの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    ヴァンサンランドンの顔が「憂鬱」という言葉を刻み込んだみたいな感じだった。すごい、俳優さんだ。

    カメラのアングルも、常に人目線かつ、アップ気味で、映画の世界と観てるがわの世界が一緒、みたいなものを出したかったのかな、と感じた。
    odagasukaru
    odagasukaruの感想・レビュー
    3日
    3.0
    万引きした客とか不正した従業員を問い詰める場面は本当にリアルで緊迫感もあってなかなかよかったです。でも予告編・あらすじで全部収まってた。何かそれ以上の展開があると思ってたけど、何もなかったので物足りなかったです。
    laBamba01
    laBamba01の感想・レビュー
    4日
    4.0
    被写体とカメラの距離感が好きだ。

    編集繋ぎの作為を感じさせない、でも時制をさり気なく操作してる演出の妙。

    でも、ちゃんと主人公の心情が浮彫りとなって迫ってくる。
    映画浪士
    映画浪士の感想・レビュー
    5日
    4.0
    重面白いのにながら観できちゃう
    Nスペ的な秀作で候。

    ドキュメンタリーにしか見えない
    演技と演出がかなリアルでござる。
    fonske0114
    fonske0114の感想・レビュー
    2017/03/16
    3.5
    地味で暗い。
    ドキュメンタリーのようなリアルさ。
    淡々と流れるフランス人の生活。
    日常にある緊張感。
    失業、犯罪。
    心にグサッと残る映画。
    地味で暗い。
    tonzura
    tonzuraの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.5
    まずい、救いようがない映画を観てしまった。やり場のない空気感が漂う。
    ものすごい現実感。
    詳しくは描かれていないけれど、たぶん理不尽な理由により整理解雇され失業した中年男性が主人公。
    会社との裁判闘争を仲間と共に目指すも、それに疲れ果て…失業保険を受給しつつ、職業訓練を受け、面接の練習、履歴書の書き方、座り方、話し方…諸々ダメ出しをされながらも、何とか次の仕事に就き家族との日々の生活を回そうと、その場での仕事をこなす。
    暗い暗い曇天の中に立ち尽くしてるような雰囲気。
    妻と子どもと、家でダンスをするシーン、家族の食卓シーンがせめてもの救い。
    ただそれだけ、だけれど、それがあるからこの主人公は壊れないで生きているのかもしれない。
    たぶん、ほんの些細な事で戻ってこられなくなるような暗闇がある現実。ギリギリのところで踏みとどまってるような作品。
    諒
    の感想・レビュー
    2017/03/11
    3.3
    研修を受けても仕事に就けないティエリー・トグルドー。
    失業してから1年半も経過しており焦っていた。
    妻と障害を持つ子供を失業保険で養っており、失業保険が減額されたら生きていく事すら出来ないテイエリーに世間は厳しかった。
    テイエリーの面接を見た者は、ダメ出しをし、中高年世代になっているテイエリーは自分そのものを駄目だと言われている気分になってくる。

    リアルで見ていると気分が暗くなってきた。
    きっとテイエリーの様な人が大勢いるのだと思う。
    jitsumon
    jitsumonの感想・レビュー
    2017/03/11
    3.0
    現代のカット数が多い映画に慣れているとこのような一つの絵を長く使う作品が斬新に見える。

    主人公が社会に感じている問題点に共感できるものの一貫して重い話なのでちょっと気が滅入った。

    邦題の憂鬱という言葉に囚われると憂鬱感を強く感じるが原題を直訳すると市場の法則となる。原題を頭に入れ観ると少し違った視点になれた。
    koyo
    koyoの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.1
    この映画は、理不尽な社会に勇敢に立ち向かう男ではなく、潰されまいと必死にもがいてる男の物語である

    50歳を過ぎ、障がいをもつ子供を抱えながら、不当解雇されたティエリー・トグルドー。

    集団訴訟も再就職も上手くいかない彼は、元々のエンジニアとはかけ離れたスーパーの警備員の仕事に就くことに。

    スーパー内でベテラン従業員の小さな不正が発覚。不正をしたことで解雇になった従業員は、スーパー内で自殺をしてしまう……

    全体的に、淡々と暗い雰囲気で、物語は進行していきます。
    ティエリー役の、ヴァンサン・ランドンも憂鬱な中年男性役が適役と言えるほどハマってて良かったです。

    ティエリーが、家族と過ごしてるシーンは、物語の暗い雰囲気のなかで、とても印象的に写っています。彼は、息子に希望を持っているし、妻と息子と過ごしている時は、明るくすら見える。

    そんな、対照的な映し方が余計と切なく暗く見えました。最後の、彼の行動は弱者なりの小さなもがきで反抗であると思いました。無愛想で憂鬱だけど、人間らしさを忘れてはいけない。
    >|