ティエリー・トグルドーの憂鬱の作品情報・感想・評価

ティエリー・トグルドーの憂鬱2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れる…

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・評価

人非人

人非人の感想・評価

3.0
万引きする人たちがもっと突拍子もない言い訳をしてもよかった。単調。面接練習の講習で主人公が参加者からボロクソ言われるのは良い。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
特性に合っても需要のない職か
生活のための現実的仕事か
国や時代が違っても心当たりのあるテーマ
職安でのやりとりも思い当たり過ぎる
自分が変われば視野も広がる筈
息子のなぞなぞがヒントのようで好き
Chisato

Chisatoの感想・評価

2.9
世知辛いなあ〜な出来事が次々と起きる。楽しいシーンは息子と妻と家出ダンスを踊るのくらい(これは素敵)。
フランス映画っぽい淡々とした陰鬱な雰囲気。日本では絶対ヒットしないけど、フランスでは大ヒットしたもよう。フランス人は生々しい世知辛い話が本当に好きだよなあとおもう。おもしろくなくはなかった。
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.5
フランスのとある中年男性の生活を切り取った、ドキュメンタリーの
ような映画。陰鬱なムードの中、最後まで救いはなく終わる雰囲気。
だけど、その後、テイエリー家族には小さな良い事(息子さんの成績が上向き、希望の専門学校へ入学できる。家が希望の価格で売れ、経済的にちょっと余裕が出来る。等)が始まる予感がするラストシーンでした。
なぜなら、いままで鬱々としたことばかりが起こったから。そろそろ良い事が少しずつ始まる気がする。全てはバランスで成り立っていると私は信じているから。
フランス映画だけど全然おしゃれじゃなくて、殺伐とした生活感が溢れ、世間の世知辛さが生々しく描かれている。そしてフランスの就職事情が垣間見られて興味深かった。

主演以外はプロの俳優ではなく、すべて素人を起用していることも驚きだった。でも演技がとても自然。そしてその効果なのか、ドキュメンタリーを見ているような臨場感が感じられた。

地味で大きな盛り上がりもない作品ではある。でも愛想のかけらもないティエリーが奥さんと社交ダンスの教室に通ったり、自宅で障がい者の息子を交えて親子3人で踊ったりするシーンは楽しそうで微笑ましく、ほんわかした気持ちに。ラストも希望がある。よかったです。
塩

塩の感想・評価

-
フランス映画って感じのフィルムワーク。
この世界感憂鬱になるけど、これがリアルなフランスなのか。
障害を抱えた子と妻がいる男性がリストラされ仕事を探し再就職して頑張るお話
山桃

山桃の感想・評価

-
自分の身にも起こりうる現実。「シャンボンの背中」の監督だったのね。
原題「La loi du marché」──市場の法則、市場原理ということかしらん。51歳でリストラされたエンジニアのおじさんが若者にバカにされながら再就職活動したり、スーパーの警備員になって万引き捕まえたり、同僚がクーポンくすねて……などなど、何ともシビアで冷たく悲しい光景をドキュメンタリー風の長回しで眺める、社会派のフランス映画。まーったく楽しくはないし、ドラマチックでもなく冷淡なリアルさがあるのにフランスでは100万人動員したって言うんだからスゴイ。
しぇい

しぇいの感想・評価

2.7
岐路に立った男性の日常を描いた作品。

クスッと笑えるところや、
主人公の歯痒さなどは良かったけれど、
それ以上のことはなく印象に残らない映画でした。

ただし、
一定のトーンで進むものの、割と短い作品なので、眠くなったりせず観やすいと思いました。
>|