ティエリー・トグルドーの憂鬱の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ティエリー・トグルドーの憂鬱の作品情報・感想・評価

ティエリー・トグルドーの憂鬱2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れる…

ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・評価

社会は思い描いたほど優しくない、というのをティエリーの姿を通してリアルに描いた社会派ドラマ。どうにかしなければいけないのに、どうするべきか迷い悩み、反論もあまりできぬままの彼の姿。意図せず敗者となってしまった時、人はどうするかを淡々と描いた良作。
KH

KHの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

wowowカンヌ映画祭特集積み録画消化7日目

終始陰鬱な雰囲気が続く。題名の通り、長年エンジニア1本でやってきたティエリーは51歳で急に会社からリストラされる。しかし家のローンはまだ残っており、妻や障害を持った息子を食べさせなくてはいけない。職業訓練で資格を取るがこの年からの就職活動はうまくいかず、、、

こういうあり得そうな恐怖が、一番怖いですねぇ。。この映画のティエリーと同様のことを自分の身に置き換えると資格もなく、スキルもそれほどないサラリーマンが40~50こえた後に職を失うともう絶望しかないような気がします。。まぁ今の時代普通に年金を払っていますがどうなるかなんてわかりません。。だから、自分のスキルで稼ぐ方法をいつも模索していかないとだめだと、会社の犬になって従っているだけじゃ首切られたり会社が倒産した時には一蓮托生になってしまうと。。
自分の生き方に警鐘を鳴らす意味では見て良かったと思いますが、いかんせん映画としてみると展開がなく、陰鬱とした雰囲気がずっと続くので退屈といえば退屈です。
なんというか、観ているこちらも憂鬱になりそうな内容だった。
スーパーの警備員の仕事。
監視カメラで店内をくまなく監視する。
日常的に起きる万引き。
年寄りの万引き。
監視の対象は客だけでなく、仲間の従業員もである。
毎日人を疑いの目で見ながら仕事する。
驚いたのが万引きしても、身分証を提示して商品の代金を支払えば家に帰してもらえること。
支払えなければ警察に通報される。
だが、従業員はそうはいかない。
問い詰められて解雇。
そんな中、あるベテラン従業員の行った不正を見つけてしまった事から悲劇は起きる。

愛する妻と障害を持つ息子を抱え、生活の為に働くティエリーであるが、いくら割り切ってもこういった仕事は精神的にキツい仕事であっただろう。

あの後、ティエリーはどうなったのか。
想像はつくが、考えただけでもうんざりする。
Haruki

Harukiの感想・評価

3.8
フランスのみならず、世界の憂鬱を描いている。
もがき苦しむ男を好演しているヴァンサン・ランドンだけでなく、無名の登場人物たちが厳しい現実の中で生きている姿は、観る人に強く訴えかけてくる。

カメラが人に寄り添ってドキュメンタリータッチで撮影しているため、よりリアルである。

肉を万引きした老人のシーンと、クーポン券を不正に収集した同僚の場面とが、この作品のハイライトであり、最も痛切なところ。

この映画がフランスで100万人動員したことがスゴい。
mary

maryの感想・評価

-
2017/04/09
えりみ

えりみの感想・評価

3.4
WOWOWで。
そもそもフランス映画好きちゃうのに何故録画したのか?
ホンマみて憂鬱にナリマシタ。
51歳にして長年勤めた会社をリストラされ、職業訓練で資格を取っても求職活動は上手くいかずかといって家のローンや障がいを持つ息子の進路進学は待ったなし…って、そんな遠くない自分の末路をみさせられるような映画をフランスじゃ百万人も観たんですってよ、奥さん!
映画のコピーが「まだ、勝負は終わってない」って、イヤイヤ終わってもうとるがな(´ρ`)
特にスキルもなく会社に依存してたサラリーマンは潰しがききまへんな
まさに原題(直訳)「市場の法則」まんま。

「サンドラの週末」はまだ女優さんが主役やからみられたけど、今回はオッサンやしこっちもオッサンやからまあ辛い。
矜持は捨てない!みたいな終わり方も「なんだかなぁ~」と。
嫁と子供おってローンも抱えてたら、そこは辞めたらアカンのちゃうんか⁉と。ヨーロッパ映画なのに職業の貴賤を感じるのもなぁ。。。
寛容さがない今の社会風潮もイヤやけど、ほぼ常態化していると思われるモラルの無さを目の当たりにすると監視社会も致し方無しなのか。
何なのかね?よくみる外国人の開き直り感。

このレビューはネタバレを含みます

障害がある息子を抱えたまま仕事を止めるな。とか、訴訟を諦めるな。とか、日本人から見たらいろいろ生ぬるいと思うところもあるかもしれませんが、まだ成人していない未熟な自分は、そんな疑問など全く抱かずにすんなりと飲み込めました。
個人的にはラストのティエリーの行動は「よくぞやった!」と声を出したくもなるくらい清々しかったです。

また、今作はタイトルが面白いです。邦題では主人公ティエリーに視点が置かれていますが、原題の「La Loi Du Marche」はGoogle翻訳曰く「市場の力」で、機械のように人々を失業に陥れる社会に着目しています。自分はやっぱり後者の方がいいなと思います。
地味過ぎて魅入れない。
minacco

minaccoの感想・評価

3.0
明るい要素がひとつもなく、ただただ憂鬱になる。
でもこれが現実。
この先あの一家の明るい未来も全く見えず不安が募る。
>|