ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:93分
    監督
    ステファヌ・ブリゼ
    キャスト
    ヴァンサン・ランドン
    キャリーン・デ・メルベック
    マシュー・スカラー
    あらすじ
    ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

    「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・レビュー

    Oliver
    Oliverの感想・レビュー
    4日
    3.2
    ものすごく地味で暗いけど、それがまさに現実社会の厳しさをそのまま描いたかのようにリアルだった。
    生きて行くために、家族を養うためにしなければならない仕事。ただそう簡単に見つかるものでもなければ、就いた仕事が必ずしも誇れるものでやりたいものでもない。
    そんな人生の憂鬱そのものを真っ正面から伝えた映画。
    享楽
    享楽の感想・レビュー
    2017/04/19
    4.0
    ドラマ的な深さの描写は浅く、社会問題に直接的にコミットした内容だからこそ、そして老トルクドーが沈黙を貫いているからこそ我々観客に大いに思考の余地を与える良作だと感じた。
    夏色ジーン
    夏色ジーンの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.6
    感想川柳「地味過ぎて 伝わらないかも しれないな」

    レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)


    1年半も失業中の中年男、ティエリー・トグルドーは、やっとのことでスーパーの監視員の仕事を手に入れる。しかし、「誰でも疑ってかかれ」という監視の仕事は、精神的な負担が余りに大きかった…というお話。

    なんかパッと見は取るに足らない事のように思えましたが、地味にのしかかってきますね。((((;゜Д゜)))自分らの年代には経験済みというか、そういう事実があるのを主に他人事として知ってる。ただそれだけm(。_。)m若い子がこれ見たら絶望するかな?

    人生計画通りにいかないことの方が多いし、正しいことをしたからって誉められる訳でもない。(-_-).。oOというか何が正しいかなんてわかりゃしないし。でもこれを予習と考えれば役に立つかもな〜。(゜ロ゜;

    人によっては『別に』と思うかもしれませんが、自分には戒めになりました。(。´Д⊂)

    とりあえずあの家を買いに来た夫婦にはワンパン入れないと気が済まないΣ(゜Д゜)そしてあのダンスのテンポが耳から離れない。( ̄□ ̄;)
    Aya
    Ayaの感想・レビュー
    2017/04/18
    3.4
    わたし、コレ、殺し屋の映画かと思って借りたの・・・。

    もちろん全く違って。
    ティエリーは中年で長く勤めた会社を人員削減で解雇され2年失業中。
    失業中に就職センターの勧めでトラクターの資格を取ってみたものの経験者しか雇わないような業界に再就職先はなく。
    家族は妻と障害を持つ息子。仲睦まじく暮らしているものの、経済状態が彼を追い詰める。

    なんかジャケットで持ってるトランシーバーがわたしには銃に見えたのでスーツだし殺し屋もの?と思っちゃったのよー。
    最近見た「わたしは、ダニエル・ブレイク」に似た感じの福祉も機能してない感じ。

    ティエリーはなんとか再就職するためにいろんなセミナーを受けるんだけど、面接ビデオにみんなでダメ出しし合う、とかせっかく面接までこぎつけたものの履歴書の書き方が悪いって言われたり地味に落ち込む感じのことがポンポン出てくる。
    フランス人言いたいこと言いすぎやろ!
    言い方って大事だな、と痛感しました。

    家族は仲良くてみんなで囲む食事や妻とのダンスなど家族が彼の支えになってるのかなーと。
    でもそんなことでは食べていけないわけで。

    愛着のあるトレイラーハウスを売りに出そうとしたり、もう少しでローンが完済するアパートを手放さないで、なんとか銀行からの貸付を受けようとしたり。

    そして彼がなんとかついた仕事がスーパーの警備員。
    これまたやな仕事ですよねー!!
    人を疑ってかかり、見張らなきゃいけない。
    時には同僚さえ。
    キッツイ仕事!
    でも誰かがやらなきゃダメなんやよね・・・。

    決して器用ではないティエリーの職探しに淡々と寄り添うだけの話なのですがその淡々さがリアルにメッセージを伝えてくるので効果的だな、と思いました。
    haru
    haruの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.5
    サラリーマンは、大変です。

    顔に「憂鬱」と書いてあるティエリー・トグルドーは、長年勤めた会社を突如クビになり、就活を始める。ところが資格を取っても「実務経験がない人は採用しません」と言われたり、面接中に「あなたを採用する確率は限りなくゼロ」と言われたり、模擬面接では若造に強烈なダメ出しをされたりで、身も心もズタボロ。やっとの思いで万引きGメンの職についたものの、万引き犯のみならず、同僚の不正にも目を光らせる日々。コレで良いのか、俺の人生!?

    サラリーマンなら共感できる率100%、社会の厳しさはどこも同じです。
    この映画を見ながら、新卒時代を思い出しました。私は万引きGメンではありませんでしたが、万引き犯には何度か出会ったことがあるし、同僚が会社のカネを持ってっちゃったこともありました。それまで本当の意味で人を疑った事がなかった私は、かなりショックを受けましたが、最終的には「こんなもんか」と受け入れました。なぜならこのようなことは、社会ではよくあることの一つに過ぎないからです。悪いことと知りながら悪いことをする人はいるし、親しいと思っている同僚が私に見せている顔は、彼らのほんの一部に過ぎない。ティエリーのように会社と家庭では見せる顔が全く違うというのは、社会人なら当たり前のことです。しかし時には職場でも正直になりたいと思うことがあります。一度だけ、仕事中にすべての仕事を投げ出して職場から逃走したことがあります。何もかもが嫌になって、気づいたら荷物をまとめて電車に乗っていました。罪悪感や後悔は一切なく、先のことは何も頭に浮かんできませんでした。しかしお気に入りのカフェに入って一息つくと、明日の仕事の段取りをしている自分がいて、次の日は通常通り出勤していました。そして同僚も何事もなかったかのように接してきて、私も何事もなかったかのように仕事をしました。

    私はサラリーマンです。だから明日も明後日も南の島に行きたいけど、仕事に行きます。
    ヨシユキ
    ヨシユキの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.5
    同じような世代で、働き口探している私には全編アルアルのセリフばかりで切なくなります😢‼️身近過ぎてリアル過ぎて哀しい映画でした‼️
    さちこ
    さちこの感想・レビュー
    2017/04/08
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    解雇され、苦労してスーパーの警備員にる中年主人公。万引きを見つけたり、従業員の不正も監視する。ベテラン女性がクーポン券を隠し持ち、職を辞めたあと、職場で自殺。主人公には障害のある息子と妻がいる。家族は仲良し。エンジニアだった主人公が、本意でない仕事でも、家族のため、言いたいことも言わずに黙々と仕事を追行する。
    ドキュメンタリーみたいな映画。暗く、重いけど、これが、社会人なのだ。私も。
    バルティゴ
    バルティゴの感想・レビュー
    2017/04/03
    3.0
    現実って辛い。
    重〜く暗〜い気持ちなる。
    YukikoNishimura
    YukikoNishimuraの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.5
    ホントに映画か?って位、リアルでした!自分が、この主人公の側にいて、一部始終を見ているというか、いや、自分の事のように感じた。
    フランスの一般市民の日常や問題が、ホントにリアルに描かれています。
    裕福でもなく、貧困過ぎでもなく、不幸せではないけど、幸せ過ぎでもない。
    フランスの人達だけでもなく、世界中の一般市民なら、誰でも共感できる映画だと思いました!
    よかったです。社会の問題を考えるきっかけになりました。
    ヴァンサン ランドンの演技が素晴らしい!!
    ひとみ
    ひとみの感想・レビュー
    2017/04/01
    2.7
    おじさんが解雇されてからの人生。
    見てて辛かったけど、家族がいることの幸せを再認識。
    >|