ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:93分
    監督
    ステファヌ・ブリゼ
    キャスト
    ヴァンサン・ランドン
    キャリーン・デ・メルベック
    マシュー・スカラー
    あらすじ
    ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

    「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・レビュー

    Narmy
    Narmyの感想・レビュー
    33分
    3.5
    突然、男の訴えかけるような言葉の羅列からストーリーは始まる。
    徐々にこの男が何に苛立っているのかを知ることになり、こちらのテンションも急激に冷える。
    ぶつ切りの場面展開にドキュメンタリ-のようなカメラの揺れ、終始淡々と進むストーリーにはめちゃくちゃ重たい現実がのしかかる。

    リストラされ、職業訓練所に通うティエリー。
    なかなか再就職には恵まれないが、職員の助言を道標に黙々と探し続ける。
    家には妻と障害を持つ息子がいるため、どんどん家計は逼迫していく、、

    短絡的なアドバイザー達とは対照的に一時しのぎをせず、将来のことを考えて決断しているティエリーには好感が持てる。
    ただ、そうもいっていられない。
    ある程度の年齢を経るとなかなか自分を客観的にみることは難しい。
    ましてや今までの仕事のキャリアもいかすことはできないとなると普通なら自暴自棄になりそう。
    そんな状態の中でも悔しい気持ちを押し込め、素直にコツコツと次へのステップを模索する。
    悪夢のような現実にいきあたる度、たたかうよりも諦めを繰り返す。
    救いなのは家族との関係があたたかいこと。
    家族団欒の様子には愛情が溢れていて、それが唯一の拠り所となる。
    外とは違いリラックスして妻と踊るティエリーの姿にこちらまでホッと安心する。

    後半に出てくる問題は日本でもよくある。
    フランスでもそうなのか、、ただ、日本とフランスというかわたしとティエリーとでは捉え方が違う。
    そこが逆に重大な意味を持つのかも。
    ティエリーの行動がどういう意味を持つのか。
    フランスでは日本より貧困や失業の問題が深刻化し、さらに根深いものとなっているからなのかもしれない、、
    emily
    emilyの感想・レビュー
    2日
    4.0
    長年勤めてた会社から解雇されてしまい職安に通う日々のティエリー。ようやく手にした仕事はスーパーの警備員の仕事で、防犯カメラをチェックし万引き犯や、同僚達の不正も強く追求する。ある日同僚が不正を暴かれ首を言い渡され。。

    ティエリーの目線とカメラが重なり、終始不穏な空気が漂う。ドキュメンタリーのような淡々とした描写の中、人生の岐路に立たされた男の未来への問いはリアルな痛みを伴い、家族との束の間の団欒で未来しかない障害のある高校生の息子と妻との時間だけが唯一光となり明るく響く。

    模擬面接では外見までもボロクソに言われ、散々分析され言いたい放題言われるが、表情一つ変えずその場で飲み込んでいる。万引きGメンの仕事では万引き犯を捕まえ、犯人と調査員の緊迫感のある会話をただ眺めている。カメラは常にティエリー越しに捉え、その不安感を同じように観客も体感するのだ。一切感情を出さない彼の顔には、生活疲れがリアルに浮き彫りになり、善と悪の狭間で人としての本質を問う局面に立たされる。

    誰でも魔がさすことはある。その瞬間をたまたま捉えられ悪人のように扱われる。当然悪いことであることは分かっているが、ほんの些細な悪の囁きが起こした結果なのだ。普段は真面目で戦力で、誰からも好かれている従業員である彼女1の行為が人生を揺るがす結果へ導かれる皮肉は、現社会と確実に並行する。

    同僚である仲間達の隙間をつく仕事が、彼らの生活を支える。家族のためには黙って仕事をこなすしかない。しかしそれで良いのか。今まで一度も表情を変えず流されてきた男が初めて立ち上がる。それにより何かが変わるわけではない。ただ自分の心に耳を傾けただけだ。初めてあらわになるティエリーと行動はたとえ家族の生活を苦しいものに追い込む結果になったとしても、きっと彼の家族なら誇らしい笑顔を見せてくれるだろう。それは男が家族との関係で積み上げてきた愛と正義が導く結果であろう。
    nori
    noriの感想・レビュー
    4日
    -
    会社からリストラされたが、なかなか再就職できない。
    観ているだけで、人に好かれる感じがしない主人公。

    やっと決まったスーパーの警備員。
    万引きは日本と同じようにあるもんだ。

    身内のレジ係りの不正にかかわる。
    その人が店内で自殺って自分が悪いことをしていながら、勝手すぎるとおもうが、その場にいたとなれば、気分も良くない。
    またもレジ係の不正が続く。
    一体この店はどんな人を雇っているんだ?と思えばいいけれど、彼はそう思わなかったみたい。
    世の中、それでも生きていかないといけないときもあるけれど、辞めちゃうのかな~
    たくま
    たくまの感想・レビュー
    5日
    -
    DVDほしい!
    YukaNishizawa
    YukaNishizawaの感想・レビュー
    2017/02/01
    -
    しんしんと染み渡るように迫る過酷な現実に静かに耐え忍ぶ姿が痛ましくも魅力的に見える

    障害を持つ息子の教育、妻との関係、解雇、厳しい再就職、新たな職場の葛藤

    邦題「憂鬱」という言葉は確かに的を射ているように感じる。憂鬱は多くの場合、単一的に深化した悩みというよりは、複合的に絡み合い手のつけようのない現実から生じるものであるから

    しかし本作が映すのは当然、そんな「憂鬱」たる現実そのもののみならず、そんな日々を黙って見つめ歩き続ける主人公のたくましさである

    僕はもうそれらしいことしか言ってない。早く本物になりてえ。おわり
    華菜
    華菜の感想・レビュー
    2017/01/06
    3.9
    人間は社会の一部でしかない。
    彼自身も、もちろんそれを分かっている。この映画には物語は無く、あるのは社会という機構のなかで生きる人々の姿だけ。
    えぐられまくってべこべこにへこんでしまう映画でした..
    きぬきぬ
    きぬきぬの感想・レビュー
    2016/12/18
    3.5
    一人の失業で困窮する男に視点を当て、確かにケン・ローチやダルデンヌ兄弟的なアプローチある作品だと思う。
    リストラからの失業、職業訓練受けても経験者優遇で再就職難しいとか、ハローワークの対応とか、特に主人公くらいの年齢ならなおさら難しいって、日本も同じじゃないか~っと思った。
    長年勤めた会社からリストラされての失業、とても身近な題材をドキュメンタリータッチに撮られていて、しかも主人公には身障者の息子が居るし、アパルトマンのローンもある、失業して1年半これは苦境。
    慣れた仕事を失い、仕事仲間も失い、それでも生活の為に今ある自分をも押し殺し、履歴書の書き方の指摘や職安の面接実習場面にもあるけど、一からやり直して、とにかく安定の為の仕事にありつこうとする。ほんと何処の国も同じだなあ。
    失業と再就職の為の活動で、家族を抱える生活も、減り行く貯えも不安で、すでに疲れ果て気持ちがささくれ立つのも解るし、頑固過ぎるとも思えるけどプライドを守ろうとするのも解る。でも障害ある息子に苦労させたくないのだろう。
    やっと雇われた大型スーパーの監視員の仕事でも、実直ながら、そこで目撃した事で責められ仕事を追われる人々と自らを同調させているのか、根の優しさからなのか。確かに人の罪を見つけて暴くのは神経擦り減らす仕事でもあるけど。
    確かにそんな些細なことくらいで(軽く見過ごされそうな事に思えても、しっかりクビになることではあるけどな)同じ職場の同僚を責め疑い失業に追いやる立場になるのは、やってられないと追い詰められる主人公の気持ちもわからなくもないけど、でも彼の場合、背負っているものの為にも職場放棄はどうかと思うのだけどな。
    失業と再就職の苦労をしてきた主人公にとっては、何か不祥事あれば退職させようとする企業の考えが耐えられず、彼の人間性を尊重したのだろうけど、実際、憂鬱どころでなく、さらに困窮すれば、頭下げざる負えなくなることだってあるのだろうなあ、と社会の厳しさを虚しく思った次第。

    社会派ドラマながらフランスで観客動員数100万人のヒットとなったのも、フランスの社会の現状を描いてるからだろうな。
    ぱっきゃお
    ぱっきゃおの感想・レビュー
    2016/12/15
    2.8
    悪くないんだけど、眠たくなります…。鑑賞力がいりますね。
    なにがでっきょんな
    なにがでっきょんなの感想・レビュー
    2016/12/10
    3.7
    記録
    淡々とティエリーの日々を追いかけている映画
    説明も心情表現も無く進む。
    フランスで100万人が鑑賞とのこと。言葉は変ですがあるあるネタなんでしょうね。

    憂鬱のタイトルはそのとおりに、見ていて嫌な気になりました。
    undo
    undoの感想・レビュー
    2016/12/08
    3.9
    静かで熱く、憂鬱な日々。

    インフルによる外出禁止令がとけ、今日から社会復帰しました。心配して頂きコメントくださった方々、有難うございましたm(_ _)m


    今日もフランス映画ですが、こちらは大人向けの社会派ドラマ。とっても地味な作品ですが良かったです。

    会社をリストラされてしまった51歳の男性、ティエリー・トグルドー。
    妻と障害を抱えた高校生の息子がいる。
    長年勤め上げた会社で身につけた技術も潰しがきかずに、再就職先がなかなか見つからない…。

    不景気な昨今、シャレになってない状況です。

    それでも慣れない職を見つけて、家族と自分のために静かな闘いを続けていく。そんな彼の日常を描いた作品。

    公式HPのストーリーには、あらすじがほとんど記されているので未見の方は注意。本作の醍醐味はそこではないとはいえ、ここまで書いてあるのは初めて見ました(笑)
    ラストこそ伏せられていますが、それだけラストとその先が持つ意味が大きいのだと解釈します。

    主演のヴァンサン・ランドンが、ただただ素晴らしく、屈辱的ともいえる出来事にいろいろと見舞われながらも、感情的にもならず、卑屈にもならずにじっと耐え忍ぶ姿が私にはとてもカッコ良く感じられた。大人なんだから当たり前だろ、と思う向きもあるかもしれないが、世間にはガマン出来ない大人が意外と多くて。それだけストレスを抱えているのだと思うけど。

    彼の場合、それでいて、家族と過ごす時間でリラックスした優しい表情を見せるところがたまらない。
    強い人は優しいんだ、と改めて感じてしまう。

    本作に描かれている日常は、恐らくありふれた光景なのだろう。日本でも子供がいるのに、家のローンがあるのに、リストラされて、なんていうことは珍しいことではないと思う。再就職が難しいことも。
    本作は、そんな自暴自棄になってもおかしくない状況で憂鬱な日々を送りながらも、力強く踏みとどまる男の静かで熱い物語。

    守るべきもののために、自分自身のために、粘り強く闘い続けるすべての人に幸あれ。
    >|