ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015年製作の映画)

La loi du marche

上映日:2016年08月27日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:93分
    監督
    ステファヌ・ブリゼ
    キャスト
    ヴァンサン・ランドン
    キャリーン・デ・メルベック
    マシュー・スカラー
    あらすじ
    ティエリーはエンジニア一筋で働いていた会社から集団解雇された。当初はストライキを起こしてでも闘うと仲間に息巻いていたが、結局、会社を辞め職安に通うことになる。頑固な彼は今さら、就職面接を受けても上手く対応することができない。就職訓練の場でも、年の離れた若者からその堅さを容赦なく指摘されて、面目をなくす。そんな彼の唯一の救いは、妻と身体障碍を抱えた息子の存在だ。家族といる時は、世間の厳しさを忘れることができる。ティエリーはようやくスーパーの警備員の仕事に就くことができる。希望していたエンジニアの仕事ではないが、今はそんなことは言っていられない。しかし、彼はそこで、買い物客だけでなく自分の同僚たちまで不正をしていないかを監視し、発見した場合には告発しなければならないことを知る。ある日、告発によって、従業員の一人が自殺し、彼は会社側の厳しい対応に内心疑問を覚えるが―。

    「ティエリー・トグルドーの憂鬱」に投稿された感想・レビュー

    トラヴィス
    トラヴィスの感想・レビュー
    2日
    3.8
    ダルデンヌの映画でも観てるような感覚。
    手持ちカメラで後頭部を捉え追いかけるところなんかは特に。

    マフィア映画かと思ってたら全く別物でした。

    Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.
    チャールズチャップリン

    ほんとにそうであってほしいもんです。
    トラえもん
    トラえもんの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.7
    タイトルだけで借りてみましたが、そりゃ、憂鬱でしょ、と思ってしまいました。

    まぁ、経済的な問題や雇用、子供の教育とどこの国でも大人の悩める問題なんですが。
    作品としては、まさに淡々と、日々の営みを淡々と、という感じでした。
    特別なことが起きているわけでなく、1人の中年が生きているとこれだけ悩める問題が起きるんだよっ、というような感じ。

    駐車場を歩く彼の背中に、〝わかるよ、わかる〝〝がんばれ!〝と肩を叩きたくなりました。
    克己
    克己の感想・レビュー
    2017/05/14
    3.3
    憂鬱なことばかりでした。
    再就職の難しさは、フランスも日本もそう変わりないのかな?
    kaz
    kazの感想・レビュー
    2017/05/07
    3.6
    何なん?このタイトルとか思ったんですが、実に憂鬱な映画でした…

    主人公のティエリーは長年勤めた会社をリストラされてしまい、1年半以上失業中。
    職安でのシーンで始まるんですけど、どこの国の役所もやっぱ問題あるな〜って思っちゃいます。

    見当外れな研修だったり、履歴書の書き方や面接態度にもダメ出しされたり、なかなか辛い。
    そんな彼にも養うべき家族はあって、息子は障害を抱えているし、お金に困って愛着ある家も手放したりで更に辛い。

    何とか再就職できた先はスーパーの警備の仕事。(いわゆる万引きGメンってやつですね)強面なんで妙にハマってましたけど。(笑)

    しかしそこでも悲劇はあって、またしても辛い…

    固定されたアングルからのシーンを多用して、単調にも感じてしまうんですけど、個人的には嫌いじゃない。
    派手さはなく、ハッキリ言ってかなり地味な映画。
    でも誰の人生にも起こりうる辛い現実を知るという側面からも観て損はナシです。
    幕埜リア
    幕埜リアの感想・レビュー
    2017/05/06
    3.4
    「わたしはダニエルブレイク」
    今年最も心を揺さぶられた作品です。

    ほぼ時を同じくして、フランスでもこのような作品が撮られていたというシンクロニシティ。
    こちらの男性は主張に疲れ、憂鬱さが暗い表情に翳りを加え続け、自分の言葉を失ったかのよう。

    再就職は難航、生活保護はままならず、トレーラーハウスの売却は10万円程度の攻防で決裂。
    やっとありつけた職場で遭遇するおばちゃんの何とも香ばしい送別会ですら「そういや俺、送別会もなかったな…」という声が聞こえてきそう。

    そして、新しい職場で…

    見ていてこちらも鬱々としてくる内容に対して、浮ついた希望や涙を期待してはいけない。
    大したセリフも無い主人公の背中を見ながら、何を考え何を思うのか、鑑賞者に委ねられる。

    他人事と見ることは出来ないので、社会問題云々を考える気さえ起こらない。
    如何に真摯に生活の糧と向き合おうが、不幸は突然訪れるかも知れない。
    「あなたならどうしますか?」斜め上から問われるようなフランス人的スノッブさも最早皆無。
    ドキュメンタリーでもあるまいし、今作がフランス映画作品の一つにラインナップされる時代で、恒常的憂鬱の原因に向き合わなければならないこの憂鬱よ…

    エンディング、駐車場で後ろから迫る車に一向に気付かない人に何とも気味の悪い違和感を覚える。

    〜〜〜

    個人的には序盤の超イケてないダンス教室がツボ。ダサくて可愛い。

    ポイント10倍、問題も10倍て。笑えん(^^;
    silversamurai
    silversamuraiの感想・レビュー
    2017/05/05
    3.3
    ヴァンサン ランドンいい味出してる。
    パートのおばちゃんメンタル弱過ぎ!
    Haruka
    Harukaの感想・レビュー
    2017/05/03
    3.3
    パッケージとタイトルそのままの状態で始まってそのまま続いてそのまま終わります。世の中厳しいですね。主人公の疲れ切ったような姿を見ているだけで憂鬱。
    仕事を切る人も切られる人もそれぞれ憂鬱。でもコレが生活と社会の現実。憂鬱。

    視点というのは大切だ。
    社会の下の方から見た景色による問題提起型映画。

    高校生なんかにも見て欲しいかも。
    みつき
    みつきの感想・レビュー
    2017/05/03
    3.5
    これは観てて本当に辛かったです。
    現実の残酷さを思い知らされるというか……。

    1年半も失業中のティエリー。
    職業訓練を受け、資格も取得するが
    職に就けず職安のスタッフに文句を言うシーンから物語は始まります……。

    彼なりに努力をしているが
    Skypeでの面接では『履歴書の書き方が悪い』
    と嫌味を言われたり、
    彼の面接ビデオを皆で見て
    彼のダメな所を言い合ったりされてしまいます…。

    そんな彼が、やっとの事で就いた
    職業はスーパーの警備員。
    この仕事が、また辛いんです……。
    万引きや、クーポン券の不正など
    あらゆる事に気配りしなければならない……。
    果たしてティエリーはどうなってしまうのか??

    この作品、本当に多くの人に
    観てもらいたい作品ですね。
    暗いし、重たい内容ですが
    素晴らしいので!!
    是非ご覧下さい(^^)
    yoshimin
    yoshiminの感想・レビュー
    2017/05/02
    3.2
    暗いけど、これが現実。

    クビになって、家族を養うために就活して、ようやく就いた職は他人を信用するなっていう精神的にきつい仕事。
    葛藤はあるものの、やるしかない立場。
    重く辛いを通り越して、もしくはその感情をスルーして日々を過ごすのか。
    父親はすごいな。
    やっほ
    やっほの感想・レビュー
    2017/05/02
    3.5
    「ワカラナイ」飛び出した彼の偽りのない行動は何をもたらすのだろう…。戦わずにリストラを受け入れ苦労の末にようやく手にしたもの守り通した家庭は…⁈来る日も監視を続け同じ社会の弱者でも容赦せずリストラに加担する側に変わって同僚の過ちを暴き…こんな筈ではなかったと思っても今更“行く当て”など無いだろうに…。
    >|