セールスマンの作品情報・感想・評価 - 66ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

犯人を許せない気持ちと、赦すという気持ち。複雑に感情が絡み合う作品でした。
やるせない気持ち。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.0
せっかくの「セールスマンの死」が活かされてないのが誠に残念。観る側の読解力を求めるようなオマージュだとしたら、監督は求め過ぎ、だと思う。事件が起こって警察に駆け込まないイライラをどう回収してくれるのかなと待ち構えさせた割には展開があっさりで、もうひとひねりあっても食傷感にはならなかった、と言いたくなる物足りなさ。きっと観る前の期待感が大き過ぎたことによる、きわめて個人的事情による評点です。

#セールスマン

2017/06/14
シネマカリテにて鑑賞

本当にこの監督はさ、殺人が起こる訳でもなくごく日常でもしかしたら誰にでもあり得る状況を作り出し一級のサスペンスに仕立て上げる事に関して天才過ぎる

ストーリーとしてはシンプルだけど、シンプルだからこそ綿密に人物描写や台詞、芝居を作り上げている

本当にどうやって演出してるんだろうか、あんな芝居を引き出させるって!

「別離」ほどの衝撃はなかったけど、面白いのである
KINO

KINOの感想・評価

4.2
とある出来事がきっかけで、当たり前の日常が、変わっていく。感情表現にひきつけられた。
ミステリーのようでありながら、夫婦、家族、イラン社会の問題などがうまく織り込まれていたと思う。被害者は加害者に、加害者は被害者にもなり得る怖さ。お互いに違う方向を見ている二人の表情が心に残る。たまにチラチラと映る可愛い猫が、緊張感を和らげてくれた。
SU

SUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とてもうまいけど、リアル過ぎて好きになれない、あまのじゃくな作品。

だって
よぼよぼのおじいちゃんが全身全霊愛してくれる家族を裏切って不倫した挙句、その相手に会いに部屋を訪れたらその人はもう引っ越していて引き下がるかと思いきや、シャワーあびていた主人公の奥さんに欲情してケガさせて自分も怪我したってすごいバカだし軽薄じゃん。そんでもっともうやめてもいいってわかってて執拗においかけまくる主人公も、もはやそれは奥さんのためじゃなくて傷付けられたプライド守りたいが如し、挙げ句の果てに怒りに任せて女子みたいな平手打ち食らわせといて、おじいちゃん死なせてしまうし、元凶作ったそもそも奥さんはすべての行動が軽率。

まったく納得いかないし、しっかりしろよ!って思っちゃうんだけど、よく考えたら人間の行動って多分みんなそんな感じなんだよな。人から見たらバカじゃんって思うことをやってしまったりとか、こーゆーイライラした気持ちって日常割と感じてるなと。そういう意味では100点な脚本。
yusuke714

yusuke714の感想・評価

4.5
「これぞ映画」という映画は久しぶり!
余韻が凄い、言葉が出ない(笑)ファルバディのファンになりました。
あいこ

あいこの感想・評価

3.5
「セールスマンの死※」をよく知らないから、ちょっと難しかったよねー。

映画のストーリーは最初仲良し夫婦やけど、事件をきっかけに急に亀裂が入って、倒壊の危機になる話です。

襲われるとか、夫婦がラブラブとか、直接的なシーンがない。女性の肌が全くみえない。当たり前のシーンがない…ほぅ、これがイランなのか。 

iPhone使うし、プジョーに乗るし、パスタ食べるし…なるほど、これがイランか。

この夫婦だけじゃなくて、娼婦にも、侵入者にも、みんなに守りたい生活があるってのを見せられた。

※急速な都会化が進む中、それについていけずにリストラにあったセールスマンがやむを得ず保険金狙いの交通事故死を遂げる話(らしい)
Nori

Noriの感想・評価

2.0
予告編を観れば、何者かに襲われた妻、その何者かを見つけ出そうとする夫、という構図が見てとれる。

犯人に対する憤りと共に、妻に対して声を荒げてしまう夫の描写ほか、男の身勝手さ、狭量さを思わずにはいられない。

そうして、女性は傷つき、分かりあうことのない男と女の溝は、決定的なものになるのかな。

自身の中にある暴力的なものについて、自問した人も少なくないのでは、と思いました。
すあま

すあまの感想・評価

4.0
ある事件が起きるまでも丁寧に描かれているなあと感じた。サスペンスなのだろうけど個人的にはこれといって驚くような展開ではなかった。
ただ、登場人物たちの心境や関係性など引き込まれ、かなり嫌な気持ちにさせてくれる。