セールスマンの作品情報・感想・評価 - 66ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

3.5
イラン。中年のエマッドとラナは、「セールスマンの死」で主演を務める俳優夫婦だ。ある時、住んでいるマンションが崩落したため転居を余儀なくされ、新しい部屋に移ることになる。だが引っ越し早々、部屋に何者かが侵入し、一人でシャワーを浴びていたラナが暴行を受けてしまう。警察に届けようとするエマッドだが、ラナは反対し、ショックから舞台に上がれなくなってしまった。気持ちの整理がつかないエマッドは、暴漢が落としていったトラックの鍵を頼りに独りで犯人探しを始めるのだが…



ファルハディの新作「セールスマン」。

いやぁ、クライマックスは凄まじい緊張感が画面に張り詰めていましたね!ファルハディ映画にしては珍しく、謎が残らず映画的にはスッキリする感じ。しかしラナとエマッドの関係性は、スッキリとはいかないオチ方で、いかにもファルハディ映画だなと(笑)。蛮行という〈弱さ〉を見せた犯人が、まさに劇中のセールスマンとダブるのが巧い。今年のベスト10には入る傑作ですよ。
【ネタバレなし】
自分がこの映画での劇中劇『セールスマンの死』を観ていたら、もっとより深く観ることが出来たのかもしれません…それでも、充分重い話しではありました。

重い…と言ってもカタストロフィーとかそういう類ではなく、夫婦に起こる”ある事件”がきっかけとなって浮き彫りになる、おそらく日常にも絶えず潜んでいる、関係性への考え方や意識の違いのようなものがテーマでした。

私事ですが、既に死別している両親がまだ健在だった頃のダラダラと燻るように揉めていた時の感じを、この映画で本当に久々に思い出して嫌な気分になりつつ、同時に懐かしかったです(笑)

劇中、奥さんに対して「ハッキリしろ!」「何を思っているのか言ってくれ」と思ってしまったり、旦那に対しても大義名分や夫としての意地とか、そういう原因で「本質からズレはじめてるんじゃない?」「怒ることに気持ち良くなっちゃってるんじゃない?」とか思ったり、そうなんだけど分からなくもない…ってやっぱそう思っちゃうのは男だからなんだろうなぁ…とか、それでもかなり頑張って理性的に冷静であろうと対処しているなぁ〜という場面もあったり、自分だったら、あそこにいくまでに、既に突発的に怒りが爆発してるなぁ〜とか。
(アメリカ映画だったら既に銃やナイフを握ってるな…とか)

でも、中盤からの事件が動き出すまでは、ちょっと長く感じました。

余談ですが、パンフを買う時に「サラリーマンのパンフ下さい」と言ってしまってたようなんですが、向こうにも気づかれることなく(多分)フツーに買えてました…
hanna227

hanna227の感想・評価

3.7
なるほど、とおもいつつも、、
自分の意思を超えたところで物事が進んでしまう怖さ。
セールスマンの死とストーリー展開の絡ませ方が秀逸。
2017/6/21
@シネリーブル梅田

Death of a Salesman by Arthur Miller
この話を知っていたら、もちょっと深く
観れた気がする…

男と女の違い。。。永遠のテーマですね。
Kiki

Kikiの感想・評価

3.5
フランス/イラン発
カンヌでは脚本賞&男優賞W受賞
アカデミー外国語映画賞受賞作品
(受賞式をボイコットしたことで話題になる 自ずとハードルが上がっての観賞となった)

小さな劇団に所属する夫婦に起きた暴行事件をきっかけに犯人を探す心理サスペンスが綴られる
戯曲「セールスマンの死」の舞台シーンとストーリーの織り成す展開が絶妙に夫婦の住処と同じくヒビが広がる

歯車が狂うってこういうこと…。

意外にも出てくるのは普通の人間…夫の気持ちも解る(そりゃそうだ)妻の言動も…と言いたいところだが、私にはこの事件を家族愛でまとめる心の広さは無い(結末は嫌い)

哀しみと喪失と怒りと"謎"が重く圧倒的な緊迫感に引っ張られ、あっと言う間の2時間だった
素晴らしい演技と演出には違いない!
人生における偶然と綻び。

オープニングから、再開発の影響によるものか、違法建築だからなのか、主人公夫妻の住むアパートの住人達は突然の退去を余儀なくされる。
窓に壁に亀裂が走り、物語の暗転を予期させる。

ある晩のこと、様々な偶然が重なり、妻が事件に巻き込まれる。
最悪の事態は免れたとは言え、事故ではなく事件であり、その後遺症を免れることはなく、夫婦の関係性に生まれたひびは容易に埋まることはない。
イランの国情なのか警察が事件を即引き受けることはなく、夫は事件の真相に迫ろうと足掻き始める。

〜〜〜〜

中盤はサスペンスでストーリーを引っ張り、その手法は地味で静かだが無理のない鮮やかさ。
エンディングに向けて、如何に落とし前をつけるのか、ぽっかり空いた穴を塞ぐに至る言葉や行動はあり得るのか?
我々は、それぞれの登場人物に感情移入を余儀なくされ、何か言ってみようと試みるのだが、アワアワとまともな言葉が吐き出せない。
お話としての見事な落とし所を縋るように希求する我々の願いは届かない。

次の公演を控え、化粧を施される二人。
人生は、日々の公演を演じ続ける事なんだと淀んだ気持ちで劇場を後にした。

閉じられた扉、開け放たれたドアの象徴的演出は、もはや小憎いなどとは言えず、その効き目の強さに感服するしかなかった。

2017劇場鑑賞64本目
narajun

narajunの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

アカデミーもカンヌの脚本賞もとってるのに、いまいちよさがわからん、、、


あんだけ物的証拠がありながらケーサツにいかないし、(素人でも見つけれるやん)
あんだけ復讐にもえてて最後パンチ1発で終わりなん?隣人は顔の皮剥ぐとか言ってたやん、、、
そもそも鍵をそれぞれがもてば

イスラム固有の事情がわかると面白いんやろか?
セールスマンの劇を知らないから?

ただのミーハーには難しかったです。
katohy

katohyの感想・評価

2.9
話の展開がよく分からず、思わず途中で睡魔に負けた。
イラン映画と言う事で普段なかなか接しない文化や景色に触れられたのはよかった。
みや

みやの感想・評価

3.7
他人からもたらされる社会的な死は、どんな選択をしても後々まで引きずってしまう。

どちらの意見も正しいような、狂っているような…
結局、怒りのぶつけどころが無くなってしまって、どう消化すればいいんだろう。
KEN

KENの感想・評価

3.5
自宅で夫の帰宅を待つ妻が何者かに襲われた。夫が独自で犯人探しをするのだが…
我が妻への復讐の気持ちと自分の不在時に起こってしまった不甲斐なさな気持ちが許せなくての行動なのだと思うのだが、犯人を見つけてからの彼の気持ちに葛藤と妻の心境が交差し、憎むべきなのにこれで本当に良かったのか、正解だったのか、なんとも後味の悪い結末だった。