セールスマンの作品情報・感想・評価 - 63ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

試写会にて。
個人的には、ひびの入ってゆく夫婦の関係に共感できなかった。自分が2人のようにもう少し年を重ねて再見することで見えるものも違うのかなと感じた。
もや

もやの感想・評価

3.7
惹き込まれる。芝居と脚本に。決定的な部分を見せないような撮り方にも。心理描写が繊細で、役者のどの表情も見逃せない。鏡やガラスのどれをとっても重要な表現材料になっていて、映るもの全てで何かを表しているように見えた。
一度見ただけでは追いきれてない部分がある気がしたので、もう一度見たい。
生活音、効果音、雑踏、息づかいが想像より大きく聞こえてくるのも、慣れると映画に入りこむ要素の一つかなと感じる。
ラスト2人の関係性の捉え方はそれぞれだけど、個人的に、あそこで終わってくれて良かったとも思った。

ただ、舞台上の芝居に私情を持ち込む表現は見ていて気持ちの良いものではなかった。
湊

湊の感想・評価

4.2
フィルマークスの試写会で拝見しました。
一般的に想像しているより遥かに現代的なイランに驚く。
不幸な事件をきっかけに夫婦のすれ違いを、見事に嫌〜な空気感を演出し憂鬱な気分にさせる。
横軸には見事なサスペンスミステリーがあり、真相に近づいていく様に心臓が痛くなるほど惹き込まれました。
tkred2046

tkred2046の感想・評価

4.4
『セールスマンの死』の舞台を公演中の夫婦が主人公。
夫婦が引っ越したばかりのアパートで夫の留守中に妻が暴行されてしまう事件が起きる。
犯人は一体誰なのか?
舞台と現実がリンクして実にスリリング。
計算され尽くした細かい演出や小道具や伏線がニクイ!
オスカー獲得も納得の上質なサスペンス。
achico

achicoの感想・評価

3.8
やり場のない怒りと、早く忘れたい思い、両方理解できるから苦しい。
charo

charoの感想・評価

4.0
この監督好き。安心してみれるサスペンス。ただ鏡とか色々深いところまでみないと理解できないから映画好きのための1本!アカデミー賞外国語映画賞とっただけある。
ヒトラーの忘れもの推しでしたが...
これはこれでよいサスペンス。
ただ過去作のほうが良質かな。
coco

cocoの感想・評価

4.0
イスラム的な女性の弱さを感じました。身を隠すスカーフが自尊心まで隠し、未だにそれに囚われてるような、イランは発展したかと思いきや、な社会性というか宗教というか。タクシーのシーン然り。
全作見てきたけどやっぱり天才だな。人物の気持ちを気持ちに収めたまま魅せるのは俳優の力量でもあるけどこれは監督が天才。
外国語映画賞ノミネート各国が揃って抗議したこと、この部門自体が国境としてカテゴライズされていること、フラットな世界を目指すって大変。アスガーの大いなるテーマになりそうですな。
夫の留守中にアパートでシャワーを浴びていた妻が何者かに襲われる。妻が警察への通報を拒否したため、夫は独自で犯人を捜し始めるが…。トランプ政策に抗議してアカデミー受賞式出席を拒否したという有名イラン映画。

ストーリーは比較的シンプルだが、登場人物達の心理描写が凄い。同監督の「彼女が消えた浜辺」「別離」と同様、人間誰しも持っている少しばかりの弱さや卑怯さや傲慢さが次々と抉り出され、「もしその場にいたら同じことをしてしまうかも」と、自分の事を棚に上げてはいられれない不安感に襲われる。しかも、こうした人間の心の弱さを見せつけておきながら、事件の顛末はそれとは関係無く不可避なものとして描かれる。予定調和が拒まれ続け、気持ちがどんどん不安定になる。

また、上記のストーリーと平行して、主役夫婦が属する劇団(?)によるアーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の稽古や上演風景が時折挿入される。それによって、本作のテーマが国の違いを超えた普遍的なものであることが際立つ一方で、イラン(あるいはイスラム文化)独自の因襲にも基づいていることが強調される。サブ・ストーリーとして設定されている戯曲のシークエンス群と、メイン・ストーリーとを、巧みに対比させ補完させ暗示させる構成が見事である。

「彼女が消えた浜辺」ほどの衝撃は無かったが、やはりこの監督は凄い。
Kコ

Kコの感想・評価

3.7
人生タクシーを試写で観て、イラン映画の力強さに感動していた最中の、アカデミー賞外国語作品賞。
ということで、気になって観てきました。

イランの文化、実情を描きながらも、この出来事はどこの国でも起こりうる話。でも、妻がそれを内緒にしたいというのはきっとアメリカだったら訴えると言うほとんどな気もする。
犯人を捕まえたい夫と、穏便にしたい妻。その2人の間の葛藤と夫婦の関係をじわじわ描く考えさせられる静かな映画でした。
MahSha

MahShaの感想・評価

4.1
この作品はありのままを見ても何も感じ取れません。作品の中に隠されてる、シンボルを元に深読みして、初めて意味を成す作品です。特に窓やドア、影の濃さや色や状況が物語を語ってます。