セールスマンの作品情報・感想・評価 - 62ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

Hina

Hinaの感想・評価

4.0
5月に香港に行った時既に上映中、アカデミー賞とか色々受賞してるし、筋書き読んだらなんか面白そう!と期待値マックスで観に行ってしまい、鑑賞後は、「うん、分かる、分かるねんけどな、言いたい事……」ってなってしまいました(^^;

事件が起きた後、夫が犯人探しをするというのを読んでたから、私きっともうちょっとエンタメ的な流れを期待してたんかな…
どちらかと言うと、事件後の夫婦の心理や関係の描写がメインでしたね。

もちろん書かれていた通り犯人探しして、その後の展開にはかなり意表を突かれました。後から考えるこの作品が色々受賞してはるん、なんか分かる気がしたわ〜
recoba20

recoba20の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

緊迫感がたまらない。
妻のイライラ、
夫のイライラがひしひしと伝わってくる。

この人は私の人生ですという言葉、
神に感謝、などなどが
二人を切り裂く

2017
アスガー・ファルハディ監督と主演女優タラネ・アリドゥスティが、トランプ政権による入国制限命令への抗議のため、アカデミー賞®授賞式へのボイコットを表明したことで連日ニュース報道され、世界の注目を集めた
ファルハディは日常が突如としてサスペンスに飲み込まれる居心地の悪い映画を作るのが本当に上手い。傑作。
今年一番すきです!!!!!
なんであんなうまいの。そしてカメラの遊び具合が大好きで
ああー!!!大好き!!!!!!!!!!
この映画と結婚しよう!!!!(????
八木

八木の感想・評価

4.0
「セールスマンの死」が要予習作品かもしれません。見終わったまず始めの感想は「これを『わからない』と言ったら頭悪いって言われそうでこわい」という焦りでした。そのくらい、ザ・文芸作品だと思います(文芸って言葉をこういうときこういう表現で便利使いするのもよろしくない気がした)。
ビジュアルや(良い意味での)定型的山場や音楽で、「面白い」ということをわかりやすく伝える映画ではないどころか、通常映画の文脈的に「当然こうあるべき」という展開はわりとうれしくない形でほぼ裏切ってくるのが最大の特徴です。そして上映時間は120分を超えます。この映画の合気道的気のそらし方が名人芸すぎて、長さは感じませんでした。監督作もこの映画単体も、2回以上の鑑賞に耐えるかどうかが価値判断の分かれるところではないでしょうか。
ジャンルで分ければ確実にミステリーなんですけど、ミステリー自体は超浅く、ミステリーを解き明かすために行動する動機はいつまでたっても明確に出てきません。謎を明かすために取る行動もまるで本気に見えない。途中、謎(でもないのだけど)にとても接近する「トラック追跡」の場面があるのですが、僕はずっと「いや店のトラックでしょ!だから店のトラックでしょって!誰のじゃなくて店のトラックでしょ馬鹿かよ!」と思ってました。現れた謎が弱ければ手がかりも思考も弱いから、ずっとミステリー自体には興味持てないんですね。そして、この映画は、エンタメになることを拒否することについては確実に一貫してた。だから、完成度が高い作品に思えてしまう。わりと名のある監督さんであることを後になって知ったため、余計にそう思える。自分に向いた作品ではなかっただけで、実際つまらないとは全然思いませんでしたし。
じゃあこの映画はどこを向いて作られた作品かというと、劇中の夫婦が劇中劇「セールスマンの死」でも夫婦を演じているという点と、イスラム的戒律がもたらす文化(笑えないあるあるのようなもの)という点から想像できたりすんじゃねえかなあ、と思います。例えば、抑圧され、統制された性に関することと、夫婦が構築する関係について。劇中で主役の奥さんがある悲劇に遭うのですが、「浴室に入った」というその意味合いは具体的に一切説明されないのですよ。少なくとも字幕では。そこから発生する映画的文脈に『移行させない』ということが、イスラム圏の人間でない僕には、映画自体も含めて異様なんですよね。全く違う文化を辿って作られた映画というのは『異様だった』という感想がまずきて、それ以外のことはまあ、とりあえず「セールスマンの死ってどんな映画なんかね」くらいなのでした。
終盤、一応ミステリーにおける超重要な山場で、見たこともないくらいダラダラとした新キャラ登場から揺さぶりが延々と続くのですが、この水中をもがくような人間たちの行動・言動って、まったく新しいスリルを生んでいたと思います。そして、ラストのカットを見た時には統制され、抑圧された事実を抱えながら生きていくという覚悟を主役夫婦に見た気がしました。ただ、当然終盤の幻のようなダラダラ展開に「はよ殴れよ馬鹿か」って人も当然おるでしょ僕も含めて。許してくださいよ。
いや〜アスガー・ハルファディ監督は、日常に潜む誰もが陥る闇を描くのが上手い!

小劇団で俳優活動をしている夫婦に、ある日突然襲いかかる暴行事件。

事件を表沙汰にしたくない妻は、警察への通報を拒否し、夫は独自に犯人捜しを始めるのだが...

途中から、妻を思いやる気持ちはそっちのけで、自身の自尊心に囚われてゆく男の心理に不穏な空気が蔓延してゆく。
いや、アンタ、一番傷ついてるのは誰か理解してるん??

それは愛じゃないだろ。と、観てて思うが、人間とはかくもそういう闇に囚われがちな生き物なんだよなぁ。

それにしても、このお話の発端であるマンション倒壊だが、何十人の人が住むマンションの横で住人が着の身着のままで逃げ出さなければならない工事を、何の警告も無く、何の保障もなく行うってどうよ?

イランの行政は一体どうなっとるねん。

「彼女が消えた浜辺」は、海と砂浜に打ち寄せる波が、物語の不穏なメタファーとなっていたが、今作は倒壊寸前のマンションがその役割を担う。

傑作。
ぽー

ぽーの感想・評価

3.4
うーん
100%被害者だったのに、思いがけず暗雲立ち込め後味悪い結末に…。
舞台役者でもあった主人公夫婦ですが、彼らの実生活の方がよっぽどドラマティックで、人生は小説よりも奇なり、あゝ無情…
て感じでした。
aono

aonoの感想・評価

3.7
日本の常識ではあまり考えられない描写が多くあり、登場人物それぞれの立ち位置による苦悩が凄く伝わってきます。
ten47

ten47の感想・評価

3.9
ファルハディ監督の良いところはイラン社会のマイナス点で生じる問題を上手く表している事だ
それに加え中盤のシーンに見れる妻の旦那にばらばらな要求や、旦那の妻や犯人に対する苛立ちでつい演劇の台詞で仲間に過剰な台詞を言ってしまうところなど人間の写実が本当にすごい
でも序盤は平凡なシーンが続き過ぎてちょっと寝てしまったし、最後のシーンは引きずりすぎて『別離』に劣るようなオチになってしまったと思う
アーサー・ミラーの『セールスマンの死』を読んだらもっと深い意味を読み取れるのかな……?
ayako

ayakoの感想・評価

3.7
レイプの被害とか、状況によって、人によって言えんよな。
リアリズムのイラン映画とか言いながら、非日常的にヒジャブをかぶらせるとリアリティがなくなる、って主演の女優さんが言ってた。
不自然なフレームもあった。
1人で家にいる時は絶対に被らないだろうけど、被ってた。
被害にあったのは髪を洗ってる時だった。
被害者が悪いんじゃない。加害者が悪い。
追い打ちをかけるように、殺しかけてきた人の死に際を目撃。不憫。

統一されてない宗教に口出しするもんじゃないか。
でも、アカデミー賞に出品して賞を取ったってことは、イスラム女性の抑圧とかを訴えているってことか?
「セールスマンの死」との関連がイマイチわからなかったもんで、こんなことばかり考えてしまう。
欧米も視野に入れて作った作品であるのなら、社会の移り変わりについていけない「セールスマン」は、むしろ、犯人を懲らしめようとしたセールスマン役の主人公以外の全員なんじゃないか?
伝統に固執していていいのかという疑問を投げかけているのではないだろうか。

主演の女優さん、実際見たら本当にかわいかったけど、この作品では老け込んでいて、アカデミー賞外国語映画主演女優賞って感じがした!