ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

デズモンド氏の神の行いの一方で黒人を徹底排除し日本軍兵士らを卑劣で無戦術なあんぽんたんに描き切ってメルギブはさぞ満足だったろう。ピンの抜けた手榴弾をパンチングとジャンピングボレーでナイスクリアする奴の方があんぽんたんだと気づけてないめでたい人ではあるけど。
niko

nikoの感想・評価

3.8
ノンフィクションはやっぱりいい!
感動ありまた、主人公が勇敢すぎたし内面が強すぎた。
戦争ものは見たくないはずなのに見てしまう。よかった。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
アメリカ史上、実際にこういう尊い信念のようなものを持った人がいたんだな…というまでだった。戦争ものって難しい。背景に戦争があって、その最中とても素晴らしい行いをした人がいる。それはとても尊い行いだとも思う。でもこの作品は私としては、その事実までだった。デズモンドが真っ直ぐすぎて、葛藤が響かなかった。女性を口説くデズモンドが、ちょっと気持ち悪くて怖かったよ(-_-;)
主人公が武器を手にしないという驚きの信念を、戦禍の最前線に居て尚崩すことのなかった、真のヒーローを描く。エンタメに徹した戦争娯楽映画。善人が仲間のために正義感に燃えて人殺しをする「戦争」に対して、受難の人メルギブによる一つのアンサー。
沖縄の浦添城跡が舞台とは思ってなかったので観てびっくり。あそこ長い滑り台があって子供の頃好きだった。


これから言うことは不謹慎と言われるかも。ただプライベートライアンなら良くて沖縄戦だと駄目ってのも変な話だしな。

沖縄戦の映画って大体首里城の司令部陥落後の鬱なお話がメインで戦闘シーンもないから好きじゃ無かったんだけど。

これは面白い!!戦闘シーン最高に面白い!!
前半はかったるいけど沖縄行ってからは興奮しっぱなし。
地元だからってのもあるかもしれないけど。
200人以上が近代兵器使って近距離で血みどろドンパチとか素敵やん。
かなりグロいんだけど映画的に脚色された魅せ方も良くて、その中で主人公が一切武器を持たずにひたすら負傷兵救出するだけってのも面白い。
宗教上の理由で武器を持たないんで臆病者扱いされてた主人公が最後まで死地に残って味方を救出し続けるのも熱い。

こんな激しいことを俺が滑り台で遊んでたとこでしてたなんてなー。


火炎放射器もってる奴はタンク撃たれて火だるまになるのはお約束。
リアルに描いてる風でちょいちょいとんでも描写入れてくるバランス感覚は流石メルギブソン。
ブレイブハートでチ◯コ切られながら自由を叫んだ男はやっぱ違うな。
デズモンドが善人であることは認めるが、背景は種々あるにしても同胞があれだけ無残に殺戮される映は観るに耐えない。
wimualee

wimualeeの感想・評価

5.0
最高の映画。主人公の信念と勇気に圧倒される作品。変えられないと思われているものを必死に変えようとした人間の物語。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.2
戦争シーンの悲惨さが途中辛かったけど主人公の意志・信念の強さに圧倒される。
観終わったあと、ほーってなった。
戦争物は苦手だけど色々と考えさせられるテーマ。
パケほ

パケほの感想・評価

4.3
デズモンドの信念から生まれた映画。たった一人で自分の信念と戦い続ける。これが実話だと考えるとすごいとしか言いようがない。ここまで苦労して受け入れてもらえなかったのに、救うことを選ぶ。デズモンドを表現するために仲間達が表現されているのではなく、最後に実際の人々がインタビューされている所も良かった。

戦いの場面はプライベートライアンを思わせるところがある。すごく細かく、出来るだけ戦争を表現しているように思えた。(自分は体験したことないから実際とは異なるかもしれないけど、恐ろしさは伝わるかと。)
仲間の頭が吹き飛び、内臓が見える。またネズミとうじ虫は見るに耐えなかった。あれを現実で体験したのか。

戦っている相手が日本兵であったこともあり、少し複雑ではある。日本人の考え方をアメリカの人間として捉えていると思えるシーンもあるかと。怪我人だけを狙う、卑怯というところがすごく強調されているところもあった。でも、相手方から見た信念や強さを含んでいるから尊重されているところはあるのかなと。勝利したことだけでなくて、どこまでも信念をあったことを最後の戦いと切腹で表してくれているのではないかな?

お父さんは最後まで悲しかった。自分達は忘れられた存在で立場を分かっているのに、次は自分の子供が同じ体験をしに行く。軍服が違えばもう捨て駒でしかならないような扱いも見ていて辛かった。
自分も戦争のことは習ったことや調べたことで分かるけど人までは分からない。分かることは無理だけど知っておきたいとは思った。一人一人で自分が成り立っている。(おじいちゃんの話を思い出した。)

デズモンドと戦場のひどさがすごく伝わる。仲間達は時間的にも省略されている部分はあるから1部以外は少し感情移入出来ないところもあったかと。
(あくまでライアンと比べると。)
映画の趣旨が違うからそこは比べてはいけないかもしれないけど。
Sinya

Sinyaの感想・評価

3.5

日本兵に疑問を持ったり、沖縄戦の一番悲惨なところを見せてないなど、
日本人として沖縄人でしての不満はあります。

メルギブと沖縄戦といったら、もう最悪な程ゴアな表現が来るかと身構えていたけれど肩透かし。

内容はしっかりとしたヒーロー物
世の中の現実VS自分の信念
信念を優先し、世の中のはみ出し者が、真の英雄だったと言うもの
結構、やり尽くされてきた内容
作品自体は面白かった。

私的に心に来る物が
ただ、もっと何かがほしかった。
と言う欲張りな気持ちになってしまった映画。

この映画で気づいたのだが、戦争新兵訓練と言うシチュエーションが私は結構好きだ。だからこそ、訓練場でなく、裁判所で前半が終わった事と、訓練所でのいざこざが少し少ないのが不満です笑

戦争シーンは圧巻で、ハラハラ、もう色んな事が起こるし、情報量が多くて、頭がごちゃごちゃで、たまに思考が停止してたり笑
ただ、今考えると見事だなと思うのが、今の占拠、敵味方の位置関係などなんとなくわかるんです。

後、父が懲罰としてベルトを使い、息子が人を助けてる為にベルト使う
しかも、その対比がすごく説明くさくない感じがすごく上手いなーと思ったり

後、はっきり主人公がこっちを見るシーンはぞくっとしつつも、だからこそ、一人一人が自分なりの答えを持った考えた瞬間だったりと

不満もあるが、やはり凄い映画だなー