ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信 - 6ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

つん

つんの感想・評価

4.0
最初はなんだこいつ、なんて空気読めないやつ、ここまで言われたら除隊しないのくらいに思ってた。
でも後半の沖縄戦、75人もの命を救ったデズモンド。75人の命ってことはその家族も、つまり何百人の命を救ったことになるよね。
ハクソーリッジでの戦いの最中は目が離せないくらい過激で、アメリカもだけど日本人の恐ろしさも際立つ。
この時代の人ってとてつもなく信念があって命をかけて国に尽くす。良いとか悪いとかじゃないけど、とにかく風化してる今現代の人って生ぬるいような気がしてならない。
1人の命がこんなに駒のように扱われてしまうの?あんなに訓練しても死ぬときは数秒。
グロい所もあるけど目を離さず見て欲しい、これが現実にあったこと。
日本VSアメリカという事もあり、沢山の人が見るべき映画だと思いました。
アンドリューガーフィールド、スパイダーマンは衛生兵として戦っておりました(TдT)
監督メル・ギブソンだったのね、さすがです。
1つ言えるのは、戦争反対!!!!
沖縄戦を舞台とした一実在した兵士の映画。勇敢な姿勢が勇気を与えてくれる。
まこ

まこの感想・評価

4.7
戦場がリアル。突然湧いてくる(ように見える)日本兵がものすごい恐怖。でも日本兵だってどんどん死んでしまってて、戦争だなと思う。見てよかったです。
沖縄戦を舞台に、銃を持たない、人を傷つけないことを信条とする男が、その信念とともに、衛生兵として活躍していく物語。

全体の構成はオーソドックスで、前半は主人公デズモンドが入隊し、人を傷つけない、銃を持たないという信条から、仲間や軍との軋轢、会議、それを乗り越えての展開があり、後半は戦地であり本作のタイトルでもあるハクソーリッジでの戦いが描かれる。

前半は、主に人間ドラマが描かれるが、同じ隊のメンバーの個性づけの紹介が実に素晴らしく、戦争映画でよくある、誰が誰か分からないということもなく、「グール」「金玉」などといった、個性的なエピソードと個性的な名前、そして個性的な外見で、リアリティを失わない範囲で、とても分かりやすくキャラ付けがされているため、キャラの認識及び、キャラへの愛着がしやすい。

主人公デズモンドの信念の特殊性と、軍との葛藤・軋轢においても、多くの戦争映画では見られない、厳しいマッチョイズムとは違う、優し気で思慮深い人間性が描かれるのも魅力的だ。マッチョイズムでありつつ、優しさも見せるところが、単なる型にはまった軍人のキャラクターというだけでなく、キャラクターとしての個性を持ちながら、より深みある人間らしさを感じさせてくれる。

後半は、デズモンドの衛生兵としての英雄的行動が、やはり一番の展開だが、しかし、監督メル・ギブソンの戦場の描き方が光る光る。

銃撃戦も単に、銃を撃って混戦している様子を描くのではなく、誰がどこで何をやっていて、どういう戦況になっているのかが、とてもわかりやすい。

そして、敵や味方が銃で撃たれる場所のエグさ、戦術のエグさ、臓器などのエグさなど、見る側をいかに驚かせ、いかに注目させ、いかにショックを与えるかといった、各シーンごとで、何を映すかが、とても選び抜かれていて、戦闘シーンでは終始驚きの連続が繰り返される。

そして、改めて感じる、本作の日本兵の怖さ。その狂気的な行動や表情もそうだが、夜のシーン暗闇のシーン、現れ方、展開などが、ほんとホラーかよ!と感じるほどの、いわゆる日本的な怖さと戦争の危険度をハイブリッドさせたような、独特の魅せ方がなされていて、実に驚かされる。

全体を通して、物語自体はオーソドックスだが、思わぬ発見があったり、リアルでありながら、エンタメ的見せ方も抑えてあり、状況もキャラも分かりやすいし、何より戦況の撮り方が最高すぎて、流石メル・ギブソンという映画でした。

戦況の映し方に関しては、戦争映画ナンバー1を贈りたい。
AOI

AOIの感想・評価

3.8
【人を殺めぬ信念で、銃も持たず戦場へ挑む男】

信仰上の理由から、人を殺めることも武器を携行することも拒絶したデズモンド・T・ドス氏の実話

前半の人間ドラマから後半、凄まじい沖縄戦へ
戦争の結末はともかく、日本との対戦ということも複雑な思いで見た

また暫く息止まってた(꒪⌓꒪)

兵士たちを動かすものは、愛国心でも家族愛でもなく、悲しいかな闘争本能、防衛本能に見える

本能に勝る信念を守り続けるデズモンド
孤独な正義を貫いた彼の祈る姿は神々しかった

ソモソモ、宗教上じゃなくても人を殺めたらあかん
( 」༎ຶ ۝ ༎ຶ )」<<もういい加減戦争はやめっ‼️

このレビューはネタバレを含みます

デスモンド・ドスという名の衛生兵の物語。信念を貫き通すことの大切さを知れる。そして戦争の残酷さがリアルに描写されている。良い映画だった
戦争映画はやっぱ迫力がある
衛生兵が主役ってのがいいね
戦争も良かったけど、戦争に行くまでの過程がとても良かった
まつ

まつの感想・評価

4.0
凄く良かった。命を諦めない気持ちに感動。戦場のシーンも凄くリアルに描かれていた。
タダシ

タダシの感想・評価

3.8
舞台は沖縄戦。戦争のシーンは全体の3割くらい。ほかは主人公対上の力って感じでした。それについては予想外だったけど、これがベストなんだなと思わせられるようなバランスの良さだった。でもこれ以上戦いのシーンが会ったら心が持たなさそう…自分があまり戦争モノに手を出さなかったからっていうのもあるかもしれませんが、、、
終始唖然としながら、見ることができた。
言葉では表せられないほど考えさせられる映画だった。

マトリックスにもでてた親父役の人が演技うまくてかっこよかった。
ヒロインもかわいい、こういう馴れ初めしたい。