ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

戦闘シーンは今まで観た映画の中で一番すごかったかも。
実話ということですが途中の親父の頑張りとかがどストライク。
ダーレン・アロノフスキーが想像(もしくは旧約聖書?)による絶望のクリエイターだとしたら、メル・ギブソンは史実に基づく絶望のクリエイターと言うべきか。

阿鼻叫喚・地獄絵図の中でも主人公の善意は消え失せることなく、敵(日本兵)までも助ける有様。

何がすごいって、彼の信念を最初は渋々ながらも受け入れた米軍(お父さんが一役買ったんだけどね)。きっと日本だと投獄されたままか、最悪の場合殺されていたのでは?さすが、合理的な裏付けさえあれば個人の意思を尊重する国!と言わざるを得ない。

この奇跡的なストーリーを作り出したのは主人公自身だけではなく、アメリカ社会の寛容さだと感じずにはいられない。
ADA

ADAの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ・ヴァージニア州の緑豊かな町で生まれ育ったデズモンド・ドス。兄とともに野山を駆け回る活発な少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトムは、兵士として戦った第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れ、母バーサとの喧嘩が絶えない日々を送っていた。ある日、兄との喧嘩で彼を死なせそうになる出来事が起き、自らを責め、「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。

月日は流れ、成長したデズモンドは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ち、心躍る時を過ごしていた。だが、第二次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの兄も周りの友人達も次々と出征する。そんな中、教えを大切にしつつも、デズモンドは「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。
決戦の地、沖縄にて日本軍の決死の猛追の中多くの命を救った衛生兵。
日本の視点から観ると少々思いは複雑。

ヒロインのテリーサ・パーマーが天使。
Chisato

Chisatoの感想・評価

4.2
後半の戦争のシーンはハラハラしっぱないだった
前半、軍曹たちに除隊するよう促されるも辞めずに自分の信念を貫く姿がかっこよかった
負傷して、動けずその場で敵から隠れる兵士にとっては、神に見えたと思う
くりた

くりたの感想・評価

4.4
恐ろしくむごすぎる圧倒的な戦闘シーンでは思わず恐怖で涙が出たけど、デズモンドの信念と勇気にはその何倍も涙が出た。素晴らしい。
R

Rの感想・評価

4.7
素晴らしい!!! めちゃめちゃ感動! 沖縄戦にて、ハクソー・リッジという切り立った崖を登ったところにある高知を攻略しようとするアメリカ軍と日本軍との熾烈な攻防戦のなか、自分の命を賭してでも、出来るだけ多くの負傷兵の命を救おうとしたドスという衛生兵が主人公。前半はドスがいかにしてキリスト教の信心深い男になっていったか、そして、荒れた家庭を離れて軍に所属し、人の命を奪う訓練は頑なに受け入れず、軍裁判にかけられてでも人の命を救うためだけに軍に残り戦場に赴くのだと、強い信念を貫く様子が描かれる。後半は、ハクソー・リッジ戦。まぁ残虐シーンのすさまじいこと! ここまでやると戦争の悲惨さを感じるというよりは、次にどんなエグいシーンが出てくるのかワクワクしてまう。刺激の強いシーンは早戻しスロー再生してついついじっくり見たりしてしまいました。内臓ちゅばーん、血びゅーびゅー、解体どーんのオンパレード。素晴らしい。前半はめちゃめちゃドスをバカにしてたスミティだが、後半には2人の間に友情が芽生えるのがとても心に熱い。それが終わったら今度は日本兵に見つかるか見つからないかのハラハラドキドキサスペンス。娯楽性高すぎて楽しむしかできません。けど同時に、人命救助という崇高な神の使命を、何があっても絶対に貫こうとするドスの姿に感動もする。そのどれもが不自然な盛り込みすぎ感なく驚異的なバランスで描かれててすごすぎるなーと思った。ちなみに、天皇陛下ばんざーい!な日本軍は、何考えてんのかわからん日本人独特の不気味さ(これは現在も変わっておりませんが笑)がしっかり出てて、面白いなーと思った。洗脳されて完全におかしくなってる感じ、そりゃ怖いわな、外人からしたら。それがすごい強さにもなってるけど、結局信じてるもんが軍部にその権威を利用された天皇というスケールの小ささやからどうしようもない。それに比べると、ドスは創造神である愛をまっすぐに信じ、その信念を貫くことで、人の命を救いまくるという偉業を成し遂げる。これは真摯な信仰心なしには絶対に成し得ないことだ。ボクは個人的に明確な信仰や哲学がある人に比べて、それがない人たちはぜんぜん弱っちいと思ってる。なぜなら、そういう人たちは、結局、長いものに巻かれてマジョリティと同じことを言ったり、したりすることしかできないし、状況が変われば平気で言ってること変えるし、そうでなければただ頑固になって愚痴っぽくなるしかないからだ。で、ただただ金の出所の奴隷になって、自分のためだけに生きてるくせに自分さえ幸せにできず、現実の不毛さから目をそらして、これでいいんだ、こういうもんだ、と自分を思い込ませて生きていくしかない。そういう人たちは、とかく中立や客観や相対やほどほどを好み、それに外れるものをおかしいと決めつけ、状況に応じて守りに入るか、逃げることしかしないから、大したことを成し遂げることもないし、本当の意味で信用することなんてできっこない。それと比べたときのドスの一貫性と忠実さは、崇高で美しく感動的だ。最終みんな崇敬の念を抱くしかなくなってる。結局従うことしかできない羊たちが尊敬してる人たちって、中立や客観や相対やほどほどからほど遠い、自分にしか従わなかった変態たちやん。ちなみに、戦争の悲惨さという点については、ゴーリーな戦場よりも、WWⅠでの悲劇と後遺症に苦しむお父さんと、その影響をモロに食らうお母さんの苦悩の方により色濃く表れてると思った。ひとつ気になったのは、アンドリューガーフィールド。顔が泥まみれになってない限り、さすがにもう若者には見えないよ…もっと明らかにツルツルで若かったら、前半の女口説きのキモさも半減以上してたんじゃないかと思います。とはいえ、全体としては素晴らしい出来栄えや。やっぱメルギブ良い!
神話のように描いてますね。

メルギブ得意のゴア描写で戦場をちゃんと地獄として描いてるんだけど、
英雄ドスの英雄行為についてはまったく堂々と英雄行為として華やかに描く。

前半の説明臭さが僕は好みではないし、
後半の戦闘も位置関係がよくわからないのでどれほどの広範囲で戦ってんのか伝わりづらかった。

前田高地の縦の構図は迫力もあり、
負傷者がロープで降りる様子は天界から救われたものが降ってくるようでかなり宗教的。


日本軍の描き方もドライだけど敬意は払われていたと思います。
沖縄戦での日本軍は残虐さは広く知られているところだし、牛島満の切腹シーンも突然丁寧でしたね。
(メルギブは切腹シーンで大興奮だったんだろうな。。)




アンドリュー・ガーフィールドが良かった。
まずルックスが本人に似てて驚くし、ちょっと地上から浮いてるような雰囲気がうまいですね。
戦争映画はあんまり好きになれんわぁ(;´д`)
いい映画なんやろうけどねぇ(;´д`)
面白かった、傷のメイクが生々しくてムリィェ〜ってなったお!!!歯糞立地