ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

海外からみた戦中の日本人のイメージが怖すぎるほどに伝わってきて怖すぎた
それ以上に人の命を救おうとする主人公の執念よ
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ☆

人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、遂には軍法会議にかけられることに。

妻や父に助けられ武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。

敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場に留まり敵味方の分け隔てなく治療を施していく。

今まで戦争映画ってホラーやのノワール系とは違った怖さがあるからあんまり観た事なかったんだけどこれはちょっと感動でしたね。

兵士ではなく衛生兵が主人公。

兵士が頭を撃ち抜かれたり火だるまになったりリアルで怖い部分もあったけど💦

でも戦争って人がいる限りいつまでも無くならないものなのかな?って思うと切なくなる。

他の戦争映画も観てみようかな?って思える作品でした🍀
ありさ

ありさの感想・評価

4.4
武器を持たずに戦場で戦った勇敢な男の実話。

援護する見方がいないのにも関わらず、夜通し神経を張り巡らせながら1人で75人もの兵士を救うって考えられないほどにすごいこと。
更に驚いたのは、仲間の兵士だけでなく自分の命の保障もされない中、敵である日本軍の命をも救っていること。
誰の命も殺してはいけないというデスモンドの考え方が現れているなーって思った。

自分の命の危険を犯し1人でも多く1人でも多くと仲間や敵の命を救ったデスモンドさんもとても勇敢。そして、両足もなく周りは敵だらけなのに1人だけで最後まで戦い抜いた兵士もみんな同じくらいに勇敢だった。ピアスが穴に入らなくて痛い痛いいってる自分が情けない。

日本軍はすぐみてわかるくらいに普通に黒人とか中国人ばっかりだったけど、後から調べてみたら沖縄県民のことを配慮し、本編に日本人は1人も写っていないらしい。

最後の方に日本軍が自決しているのをみて高校の時に行った沖縄のがまを思い出した。

何と言っても、この映画をみてすごい感動したけど、この話が実話であることに感銘を受けたし、最後のインタビューのシーンでこのような出来事も決して昔のことではなく最近のことだったんだなと感じた。
2006年にこの世を去ったデスモンドさんに2018年の日本人大学生にもデスモンドさんの英雄が知れ渡っていること伝えたい。

とにかくよかった
沖縄地上戦を舞台にした実話で武器を持たず前線で負傷者救助をした衛生兵の話。

前半は、信念により武器を持たないと決めて軍に志願し前線に行くまで。
後半は、戦場の悲惨さ、戦闘の苛酷さ、その中での活躍を描写してあります。

久し振りの戦争映画でした。ありきたりですが、戦争って悲惨なものと全世界の人が理解しているはずなのに無くならない。そんな風に思うのは平和な日本に住んでいるからなのでしょうか?
この映画の舞台は日本で、当時この戦いに参加した人のインタビューもラストにありそんなに大昔の話ではない事を思い知らされました。

戦争映画って戦時中は戦意高揚の為に作られ、平和な時はその抑止力になる物と思っています。
この映画も多くの人が観て、戦争という大禍の抑止力に少しでもなればいいなと思わずにいられませんでした。
きのこ

きのこの感想・評価

4.2
ハクソー・リッジという映画について綴る。

本作は実話を映画化したものだ。

つまり本作の主人公であるデズモンド・ドスも実在した人物だ。

僕はこれまで戦争を経験した人は誰もが人を殺めたことがあると思っていた。

けれどその認識は間違いだった。

戦争を後ろ盾に、多くの人間が殺めることを肯定するしかなかった時代に

自らの信念を貫いて、救うためだけに戦地に行くのだから銃は持てません!と明確に意思を示した人物が居たことを本作を観て知った。

拭いきれぬほどの大きな過ちを犯したとしても言い訳なんていくらでもできた時代だった筈なのに、それでも自分を曲げずに貫いた彼を心底尊い人間だと思う。

多くの人間が命を奪い合うことしかできなかった状況で、誰の命も奪うことなく75人の命を救った英雄の物語。

そして彼は作中で敵であったはずの日本兵さえも手当てしている。


大勢の意思は大勢の意思であって、決して全ての意思ではないのだと改めて感じた。

そして大勢の意思の中には不本意も沢山あった筈だ。

これからは平和が続いて欲しいと切に思う。
沖縄での戦いを舞台に、戦闘行為を拒否した主人公を通して描いた戦争映画。

とにかく、戦闘シーンが怖い。鬼気迫る日本兵、米兵。互いに殺しあう。ヘルメットさえない日本に勝ち目はなかったんだな、と改めて思う。

あの時代に生きた人たちは、どういう思いを抱いて戦っていたのだろう。
主人公も人を殺したくなかったし、他の人も、自分が殺されないために人を殺していたのだろう。

やっぱり戦争から得るものはないと改めて思う。
Unosuke

Unosukeの感想・評価

3.5
アポカリプト以来、10年ぶりのメル・ギブソン待望の監督作。前田高地での沖縄戦を忠実に再現した感動作で、岡本喜八の沖縄決戦と合わせて観賞するとより感慨深いです。
雪

雪の感想・評価

4.3
ほんとに戦争なんかしちゃいけない。
みんなそれぞれ家族がいるし、人の命より大事なものなんてないと思う。
銃で撃ちまくってるところは直視できないくらいだった。
これは映画だけど実際そこにいた人達のことを思うと………
最後本人たちが出てきたときは涙が止まりませんでした(。>д<)
carpediem

carpediemの感想・評価

3.7
勇気があればなんでもできる
戦争は一人でやってるんじゃない、家族でやってるんだとつくづく思う
10年ぶりのMギブソン監督作。
久々のメガホンなはずなのに、流石の才能。単純に凄い!

ストーリーは大きく出征前後の2部に分かれるが、前半で主人公のデズモンドの生い立ちや思想を丁寧に描いている事で、後半の戦闘シーンがより厚みを増している。

戦闘シーンは過去の名作と比べても、最高峰に位置するようなリアリティ。
残虐で生き地獄のような激しい映像は、慣れていない人だと気持ち悪くなるのでは…

ギブソン監督ならではの宗教観もよく出ており、主人公のデズモンドは、話が進むにつれて、キリストを描いてる様に感じさせた。敵味方問わずに救出しているところなんてまさに、という感じ。

キャストの熱演も素晴らしく、Aガーフィールドは線の細さを活かしつつの好演。
父役のHウィービングもPTSDに悩まされる難しい役柄を好演。あらためていい役者だ。

良心的兵役拒否者という言葉を初めて知った!