ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

びびり

びびりの感想・評価

4.5
素晴らしい映画だった。
武器を取らずして信念を貫いて勇敢に戦う姿にただただ感動した。
戦争物は考えさせられることが多いが、教科書の何倍も強く印象に残る。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.2
衝撃的な戦争映画だと思う
リアルで生々しい
でもその分主人公のすごさがわかる
実話という衝撃
戦争の映画はあんまり見たことがなかったけど、この映画は間違いなく名作だと思う。戦争の恐ろしさを隠すことなく映していた。
武器を持たずに戦場に飛び込むのはとても勇気がいるだろうし、銃弾が飛び交う場所で命を救う姿は、誰よりもかっこよかった。
敵国である日本に対しても、軽蔑するような描写ではないところがまたこの映画の凄さを感じた。
実話はいつも最後に本物や実際の映像ながれるがこれがまた感動します。
男同士の語り合いや、男同士の絆、信頼は戦争ならてわはで青史を共にする仲間の団結とか熱くなります!戦争シーンは 生々しくかなりの迫力でした。
武器を持たず、人を殺さないと決めた兵士の実話を基にした物語。

人を殺したくないから戦争には行かない、とはならず戦争に行くことを望む主人公。
矛盾しているように感じるけれど、この人の信念は揺るがない。

周りが戸惑うのも分かるし、見ているこちらもこの人のやり方が正しいのか正しくないのか、いろいろ思いながら見ました。
(せめて銃を持つだけ持って撃たなければいいのでは…とか)

それを吹き飛ばすのがこの人の戦地での活躍です。
「もう1人、もう1人だけ…」
あの凄絶な戦場で何人も兵士を助けていく姿は胸に響くものがありました。
山田

山田の感想・評価

5.0
戦闘シーンが凄まじく、日本人はバカスカ殺られていく。登場人物も早い段階で誰が誰だかって感じだけれど、そんなことは置いておいて、心が熱くなるストーリーだった。強い信念を胸に真っ直ぐ突き進む姿は尊敬。
あの状況下で、他人を責めることなく、自分の意思を貫いた強さに敬服する。
にぼ

にぼの感想・評価

3.3
デズモンドの生き方は決して間違ってはないと感じる。
凄まじい戦闘シーンはなかなかの見応えであった。
だがあれが沖縄戦だなんて。
海外作った映画の日本兵は少し真実と違う。
戦争物は普段観ないけれど気になっていた作品。

太平洋戦争時、沖縄本土決戦において75名もの米軍兵士の命を救った実在の衛生兵、デズモンド・ドスの物語。

デズモンドの幼少期~戦場に行くまでの中盤までは正直ちょっと長く感じていた。「人を殺したくないけれど兵士として役に立ちたい」というデズモンドの考えは本人が劇中で言ってる様に変わっていて殆ど理解出来ず、なんなら軍の上官や他の兵士達の側に共感して「人を殺したくないなら何で兵士に志願したし!?人を救いたいなら他でも出来るし…え、除隊も嫌なの!?銃持ちたくないのに!?一体どうしたいんだお前は!?」ってちょっとイラッとしたり…史実を調べて居なかったので沖縄戦の話だということを初めて知って少し観るのしんどくなりそうな予感を感じたりしつつ観ていたけど、そんなモヤッとしていた気持ちを一気に晴らした後半の戦場シーンの迫力。圧巻の一言。

生々しく凄惨に痛々しく呆気なく簡単に次々と人が死んでいく。
洋画の戦争物は割と綺麗めにドラマチックに人死にのシーンを描くイメージを持ってたので、まるで日本の戦争映画を観てるみたいだ…というのが感想。同時に以前観た塚本晋也監督の「野火」の戦場シーンが思い出された。生々しく泥にまみれて惨たらしい、そしてとても呆気ない死に様が連なる地獄の風景。
そしてその惨たらしい戦場の中で「もう一人助けさせて、もう一人…」と神に祈りながら何かに憑かれた様に人を救い続けるデズモンドの鬼気迫る姿に魅入った。

やっぱり日本兵が鬼か悪魔の様な描き方であったり、上官の切腹シーンだとかちょっと引っ掛かる部分はあったけど、この作品の見せ場である戦場シーンの圧倒的な迫力と凄惨さ緊迫感の中にあっては然程気にならない。

そして戦場を乗り越え、偉業を成し遂げた後のデズモンドの姿を観て初めて理解した。
偉業を成し遂げる真の英雄の考えは、多分誰にも理解出来ない。
というか多分誰にも理解出来ない考えを持つ人だからこそ他の人には出来ない事が出来るんだろうなぁ…。
ninn89

ninn89の感想・評価

3.4
アメリカサイドから作るとこうなる。日本との雲泥の差を感じた。