ガザの美容室の作品情報・感想・評価

ガザの美容室2015年製作の映画)

Dégradé

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:85分

3.5

あらすじ

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。 パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容院は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――。 極限状態…

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。 パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容院は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――。 極限状態の中、女性たちは平静を装うも、マニキュアを塗る手が震え、小さな美容室の中で諍いが始まる。すると1人の女性が言う。「私たちが争ったら、外の男たちと同じじゃない」――いつでも戦争をするのは男たちで、オシャレをする、メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それこそが、彼女たちの抵抗なのだ。

「ガザの美容室」に投稿された感想・評価

最後の最後、涙流しながら食べてるショットがとってもよかった。食べるって明日に繋がることだから。生と死が入り混じっていく展開は、ややあからさまだったけど、その中で食べる行動をもってして生への意志や生の強さが表現されていたのは、ほんとよかった。
miyu

miyuの感想・評価

4.0
うーん、また、凄い世界を見せて貰いましたょ。

まっ、今の時代だし、スマホや携帯をみんな使ってるんですよね〜フツーに。
ここ、ガザ地区でもね。
スマホや携帯片手に、メッセしまくり…
電話かけまくり…

でも、ワタシら住んでる平和な世界とは違う。。。
コレは見ていて、本当違うなぁ〜って、すご〜く感じた。。。

ここは、ガザ!
パレスチナ。。。
ホントに、美容室にやってくる人々の半日?ぐらいの出来事なのに この内容ゎ濃い
しかも、イキナリ 停電!
戦時中だしなぁ〜💦

普通に、美容室に来た人々の人間模様なのに…
濃い…

外に出るのにも、髪を隠さなければならない女性たち….

美容室の中では、結婚式を迎える新婦…
その母(喘息持ち)と姑…
いまにも赤ちゃん産みそうな妊婦…
ビッチなおば様方…
妙に 宗教にのめりこんでるフリ?みたいな女性…

オーナーも、何故か、ロシアからガザ地区で美容室…

そして、そこを手伝う彼女も、彼氏はライオンを店の前に連れてくるようなイカレタ彼氏がいる…

美容室のまわりでは、イキナリ
戦闘が繰り広げられるが
みていても
それは、男の闘い…
みたいな感じで、美容室の中は
別世界、女の世界!

壁を一枚隔て
戦時下でも、美容室は戦闘中の男性とは
一線を画した世界にいる…

見ていて
また、世界広し!
と、思える世界を体感させていただきました。。。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
いろんな状況の女性がいて、年齢を重ねて経験を重ねた分の痛みがあって。そこに閉塞感とか命を脅かされる日常が加わって、もう観てる間中グッと締め付けられるような緊張感があった。予告編観て思ってたのとは、ちと違ったけど。
taku

takuの感想・評価

3.8
戦場の中の美容室というのはなかなか面白いフレームである。アイデアの勝利だ。

ガザの美容室にはそれぞれ個人的な問題を抱え、イライラを募らせている女性が集っている。
戦場はほとんど描写されず、女性たちのごくごく個人的な問題についてのやり取りで物語は進んでいく。
そして、店員のパートナーである男性を通してのみ、この女性の園を取り囲む「紛争」という悲惨な状況が顔を覗かせる……。
そんな構成もこの映画の面白い点の一つだ。

戦争の中にも人々の生活がある。最近はわりとよくあるテーマだが、この映画はそれを構造の妙で魅せてくれる。
chiaki

chiakiの感想・評価

2.5
戦争と美容室での日常風景のギャップが呑気さではなく必死さで現れている気がした 戦わずして戦っているようなそんな感じ。彼女らの会話から背景を読み解くのは厳しくて、共感できないままサラッと終わってしまった...
蛇らい

蛇らいの感想・評価

2.5
特に残るものがない映画だった。観客へ訴えかける強さがない。テーマの重さと映画に対する熱量が釣り合っていないように感じた。

戦時下での女性の強さ、考え方、生活を美容室という箱の中だけで表現しきれていなかった。美容室の客を含め、10人くらいの女性が他の客や美容師との会話で国の現状や自らの家族構成などが、説明されていく。そこに時間がさかれすぎて、内容の密度がスッカスカ。テーマだけで突き進んでしまった感がある。

キャラ分けはされていて、解りやすいのだけど共感はできなかった。美容師がダラダラしすぎて、イラッとした。いちいち手を止めるし、個人的な事情で席離れるしで1人が完成するまでに日付変わるんじゃないかレベルで遅い。美容師が夫に「10人のヒステリーがいるから手を離せない」みたいに電話で言うのだけどいや、元凶お前なとつっこみをいれたくなる。

初監督作品だからなのか、技量がテーマに追い付いていない残念な1本だった。
nogsing

nogsingの感想・評価

3.8
ジャンルとしては戦争映画に分類されるんでしょうが、戦闘描写はまったくありません。美容室の中のみの密室劇。珍しいパターンです。

次第に追い詰められ憔悴していく女たちが、それでも平静を保とうとする。無益な争いを続ける男たちとは違うのだと言わんばかりに。
戦闘描写がないのに物凄い緊迫感。そして強烈なメッセージ性。平穏でたわいない日々が、いかに大切かを実感します。

戦闘地域のある日常。我々の知らぬ平常時と非常時のあり方がリアルに伝わってくる。こういう作品を観ることで、考えなければならないことが確実にあると思います。
パレスチナガザ地区のとある美容室において、紛争に明け暮れる男性と対照的に、日常性を求める女性たちの一日を描く。人種も境遇も年齢も異なる女性たちが、それぞれの形で必死に生き抜く様が力強い。
 
パレスチナと聞いて、常にヒジャブを着用していて何となくふくよかな印象だったりという感じだったんだけど、映画の中でそれぞっれに個性のある一人の人間として表現されていて、自分の中で集団としての「イスラム女性」しか見えていなかったことに気づく。
 
女性としての戦い方を考えるような感じで。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.4
女達が身なりを整えている美容室のすぐ外で戦争が起きていて今までにない戦争映画だった。扉の向こうでは争いが起きて、死と隣り合わせな状況なのに美容室で身なりを整え、愚痴を言い合っているところは、彼女達なりの抵抗だと思った。途中2人の女性が取っ組み合いの喧嘩になった時、主人公が、これじゃ外の男と同じじゃない、と言っていた。それと、いつも戦争するのは男よ。というセリフも印象に残った。外からの銃声爆発音は普通の戦場シーンよりもリアルで身近に感じられて怖くて、後半は見ているのに疲れた。映画館で観て、実際にあの小さな美容室に自分が居るかのようだった。最後まであの部屋のみのカットだし間延びしてるかなと思ったけど最後の緊張感で満足しました!
この、何も起こらないけどぞわぞわする感じがフランス映画っぽいなと思っていたらやっぱり合同制作。
戦争を描かずして戦争を見せつけるストーリーと、女たちのどろどろした感じが好きだった。
>|