君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

yukarainen

yukarainenの感想・評価

4.5
ティモシー君の瑞々しさに胸が痛くなった。
LBGTを描いているけど、そのくくりに収まらない。良作だと思う。

人の寛大さとか愛情深さが描かれてると思いました。

暖かい気候で、裸で寝転んだり、その辺になってる果物を食べたりしてのんびり暮らしたら、大概おおらかになっていろんなこと受け入れられるかもなあってちょっとズレた事も寒い土地に住む東北人の私は思うのです。
少年の、一夏の、目覚め、恋。
彼のシャツの匂いとか肌の感触とか指でなぞるような描写でファンが喜びそうな作品だなと。
個人的にヒョロっこい少年よりガチムチの方が好きなのであれだけど。
お父さん、いいひとよね。
tomato

tomatoの感想・評価

4.2
無理。尊い。破壊的な語彙力だけど、とても良かった。ただ、当時15歳新高校1年生、映画館で観るのは少しだけ勇気が必要だった。シーンごとの映像美とクレマの街が本当に素敵で観るべきものだった。これを見てから以降、Sufjan Stevensのファンになった。
Kyoko

Kyokoの感想・評価

-
動機がイマイチ分からなかったけど、こういう恋もやっぱり苦しいのかな と感じました。
matilda

matildaの感想・評価

5.0
映画見終わったあと、しばらくの間ジーンとしてた。
見たい見たいって言いながら全然借りてもこなかったけど、やっと借りてきた作品。

なんか今思い出してもちょっとうるってきてしまうくらい本当によかった。
とりあえず全てが美しい。深い青とか緑とかそういう色がとても印象的だった。

静かに流れる映画は得意じゃないけど、これは見ていて全く飽きなかった。どこのシーンを切り取っても絵になるし、ティモシーの表情がいちいち儚い。
車の中で泣くシーンは本当に印象的。あの表情につられて私も泣いた。

彼らは一緒になれなかったけど、確かにお互い何かを感じた。何一つ忘れない、ってセリフ切ないなあ。
エリオは最後のシーンで全てを思い出してたんだろうな。
彼らの全部は儚いし、美しい
ire

ireの感想・評価

-
違和感なく見れた。普通に憧れちゃう純粋な恋愛映画という感じ。
eisart

eisartの感想・評価

4.7
「君の名前で僕を呼んで。僕の名前で君を呼ぶ。」
rii

riiの感想・評価

4.5
ひたすらに美しい。2人の想いが通じ合ってからは、なぜかずっと涙しながら観ていて。これが儚い美しさってやつかと。ご両親がホントにいい人たちで救われる。
とにかく優美だった。
>|