君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

一夏の恋。一夏の思い出。
うーん。
イタリアの景色で成り立ってる映画。
mrstk

mrstkの感想・評価

4.1
川で遊んで、上裸で読書して、庭でなった果物かじりながら木陰で勉強して、水辺で昼寝して、明るい時間からバーで飲んで、、なにこれ最高か?

永遠に見ていられる(むしろ見ていたい)オリバーとエリオのいちゃいちゃ。エリオがオリバーを見る眼差しはただひたすら恋する少年だった。普通に女性からもモテそうなオリバーだったから、でしょうね、っていう最後だったけど、あの小さな街でエリオはオリバーの影を追いながら生きていくと思うと切なくてしょうがない。
ラストの暖炉の前のシーンは、台詞もなくただ泣くエリオが体感5分くらい(もっとかな?)続くんだけど、悲しみだけじゃない色んな表情をしていて、目が離せなかった。

きっとまた見ると思う。この時期に。
たつこ

たつこの感想・評価

3.8
思ったよりエロくなかった。ソレよりきれい。
この話は誰も責める人がいなかったけど、他の国なら関係を知ったら誰かが止めると思うけど全然なくてきれいなお話でまとまってた。

同性愛に進んでそうな国でもやっぱり禁忌は禁忌なのね。宗教によるのかな。
Chitanda

Chitandaの感想・評価

1.3
評価が高いので気になっていて
WOWWOWで録画したのを観てみた

やっぱり私には無理だった
主人公は女の子みたいな
キレイな男の子で
彼氏もキレイな大学生
フランス映画的なのは
やはり苦手だった
情緒的な映画が好きな方は
マストなんだろうな‥
すごく綺麗だった。内容も映像も音楽も良かった。儚くて繊細だった。
ずっと好きで忘れなかった主人公と次に進んでいく余裕があった相手との違いは、それ以外の自分の世界を持っている大人とただ純粋にそれだけを育てる子どもの差なんだろうな。
だけど間違いなく2人の過ごした夏は恋だったと思う(TT)
夏が来るたびに観たくなる作品
主演のシャラメがとても麗しくスクリーンで一目見た瞬間、感電したように痺れた
私のベストムービーです。
ぱるむ

ぱるむの感想・評価

4.7
美しい初恋か、
一生忘れないひと夏の恋か。
結婚しても、全部を言えない世界でも、
心の中でいつまでも思い出すんだろうな。

背景を考えれば考えるほど苦しくて、
でもそれを超えるくらいに美しくて
美しいなんて言葉では全然足りなくて。
お互い探り合って、繋がって、嫌われちゃわないか不安で。
繊細すぎる、きゅんきゅんです。
そこらのカップルよりよっぽど愛に溢れてる。

エリオの両親も素晴らしくて、
親の思想とか、育った環境によって
オリヴァーと、心配するポイントがこんなにも違うのか

エリオのパパが最高なの。
痛みを知って大人になっていくんだけど、
ちゃんと痛みを見守れる器、包容力、知性、信頼。
羨ましいって言えちゃうの

痛みを葬るな 感じた喜びも忘れずに。
大人になればなるほど出来なくなるの
心は擦り減るって。
痛みを押し殺したら、せっかくの喜びも死んでしまう。
それなでしかない。
痛みを恐すぎて、喜びすら得られなくなっている自分に刺さり過ぎた。
あんな親になりたい。
yurio

yurioの感想・評価

4.4
本当に人を好きになると、恋をすると、最初は自分の気持ちにも気づけないし、恥ずかしい行動しちゃうし、素直になれない。

でも、気持ちが通じ合った時の喜びと、相手を大事にしすぎてしまう気持ちといったら!そしてそれを失った時の悲しさといったら..。(最後のシーン....!)

ただただまっすぐな、美しい田舎の中での愛の物語でした。
そしてパパとママがまた素敵すぎる。
ふうま

ふうまの感想・評価

4.0
端的にいうとエリオの淡い夏の成長恋物語て感じかな。北イタリア(ロケ地がどこかは知らんが)の夏の風景が最高。エリオの家も、町の建物も伝統的な建築やし、川遊びやら、家の中の本やアンティーク、自然と伝統の調和、とにかくあそこに住みたいとあそこで成長したかったとものすごく思った。イタリアの生活てあんなに優雅なのか?設定が1980年代だからか?あの年代でLGBTQを受け入れるあの両親(友人にもいるからだろうが)は素晴らしい。家族の会話も学問的で、おそらく物凄く階級の高い家族だろうな。羨ましい、2時間弱ずっと羨ましいと思い続けた。あとは音楽も最高に良い。バックで流れているピアノやサントラも状況と映画に完璧に合ってたし、ラジオや車、ダンスでかかる音楽も最高だった。ストーリーもいいが、とにかく世界観が良かった。とにかく美しい映画。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

4.3
劇場にて再鑑賞。この季節に観られて良かった。世界観にどっぷり浸かってデトックスされたような爽快感があった。「サスペリア」の時も、監督のセンス恐ろしいくらい好き!って思ったけど、本作があまりにも全てバシッと決まっていてとても好き。17歳のエリオと24歳のオリヴァーの一夏の恋物語。互いを意識しながら距離が縮まる様子がたまらない。泳ぐシーンも気持ちよさそうだし、ダンスシーンもソワソワして焦ったい。公開当時観賞後、LP盤のサントラを勢いで買ったくらい音楽が好み。というか作品にマッチしてる。イタリアの夏の日差しや緑、景色が美しい。スタイリングも好き。エリオがオリヴァーのこと大好きでかまってほしい素振りがかわいいし気持ち分かるしでこそばゆい。ラストのお父さんがエリオに語るあの場面。前回観た時も良いこと言うなあと思ったけど、今回もストレートに響く。傷つくこともそのまま受け止めて感じることを肯定してくれているようで、個人的に好き。傷つかないように蓋をする、気づかないフリをすることが苦手なわたしは前回も今回もお父さんの台詞に励まされる。でもって年を重ねることの寂しさも感じて切ない。
ティモシー・シャラメはキラキラしていて魅力的。エリオとオリヴァーの夏の記録をまた来年も繰り返し観たいなあと思う。
>|