君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

takuto

takutoの感想・評価

4.0
若手実力派として最近人気のティモシー・シャラメが気になり鑑賞。

舞台となるイタリアの街並みにティモシー・シャラメが映える。それに反してガニ股だったのが気になったが、あれはセクシャルな部分を隠そうとする自己防衛的な演技だったのだろうか、、、

物語を進める上での説明的な会話を省き、役者の演技、演出だけで伝えようとする感じが好き。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
同性愛の映画だと知らなくてちょっとびっくりしたけど、世界観が綺麗に描かれてて切なかった。
見てて思ったのが上半身裸多いな笑
ca

caの感想・評価

-
すべてが美しかった。
一夏の恋..
最後のお父さんの言葉すごくよかった..
提案です。
この映画のポスターに合わせて、Marron5の
【What Lovers Do】
を流してみませんか?
映画の雰囲気と異なったポップな曲ですが、どうにも劇中この曲が頭の中で流れました。

Ooooh, oooh , Been wishin' for you.
ずっと願ってるんだよ

Ooh, ooh , Tryna' do what lovers do.
恋人同士がするようなことをしたいって

どうぞ、気が向いたらポスター見ながら聞いてみてください(笑)
切なくて切なくてエリオの気持ち計り知れない
シャラメくんといい映像といいめちゃくちゃ美しいね
映像がとても美しい。
思春期ならではでした。
家族の理解により、捉え方が変わるし、その子の人生も変わる。
ラストシーンは良かったです。
切ない気持ちが伝わり、ティモシーシャラメの演技力の高さが光る。
これだからヨーロピアン映画は、、、と言いたくなるエロティックさよ。ひとつ思ったことが、両親の理解度によって、思春期の子供の未来は恐ろしく変わってくるということ。私もこんな親になりたい。
私には感情移入しすぎて観れない映画がいくつかあります。
勝手に涙が込み上げてきて映画の中からしばらく抜け出せなくなってしまう。
結論から言うと本作もそのひとつとなりました。

いつもは自分の映画ノートに書いてからレビューするけど今回はこちらに先に書きます。

クリップもしていなくて何となく「いつかは観たいな」ぐらいに思ってた作品。鑑賞直後「ああ〜いい映画だった…」と思った。帰宅後作品を思い返しながらサントラの「Visions of Gideon」を聴いていたらふとオリヴァーと父親に感情移入してしまったんです。一番可哀想なのは彼らなんじゃないか?と。そう思ったとたん涙が込み上げてきて、溢れて止まらなくなってしまいました。暫く動けないほどに。

めちゃくちゃな日本語ですがこれが私のこの映画に対してのレビューです。

君の名前で僕を呼んで。
h

hの感想・評価

4.8
やっっっっとの思いで観賞
自然光の差し込み方が計算され尽くしていてとても印象的。
映像の綺麗さでオリヴァーとの一夏の思い出の儚さが強調される。
絵画みたいに、出てくる小物や描写の仕方にそれぞれ意味があるんではないかと考えざるを得ない緻密な演出が素敵。

二人の恋が耽美的に描かれていて綺麗。純粋に好きなんだなあ〜と感じる。ティモは安定の演技力で脱帽、、
加えて、エリオの両親の愛が暖かい。最後の父親の言葉はグッとくる。
肉浪費

肉浪費の感想・評価

4.0
僕はあのいけ好かないはずの博士志望のおっさんがどうしても気になる!
お互いが"官能的なヴィーナス"との出逢い
過去でありながら現代に迎合すべき"両親像"

北イタリアの世間離れしたかのような異国情緒の感じる地で、戯曲のような"詩情"を大いに絡めた言い回しや表現がいいですね。
それが俗物的な言い回しになりますが、「BL」の耽美性を高めているかとw(そういう俗物的な消費は嫌悪を覚えますが…)

かと品位・意識がお高い映画に思われてしまうかもしれませんが、しっかりティモテ・シャラメさん演じる17歳の少年の"思春期然"とした、同性愛の入口に立った"変態性()"もしっかり描写してるのが、視聴者的にクるんじゃないでしょうか?w
同性の男から見たらウェッとくる描写も、恋する異性へと変換すれば…(いや、あんな事はしねぇよ!?)な性の拗らせも、キュートかつリアリティが湧いてくるかと思われます。

男性ボーカルのナヨっちい歌唱曲(褒め言葉)も実にセンシティブな男寄りの心情を映したサントラでしたね。

超絶好みな"詩的表現"で、一時の出逢いで済ませたくない恋愛でも「時代」が通過儀礼へと変えてしまう"非情"を描く側面もあって、その詩的さがファンタジーと現実の"多い隠せない"良し悪しも感じましたね。
それは、少年エリオの"両親"の存在。「同性愛」がねじ伏せられる時代背景の1983年で"未だ"なのはもちろん、2020年の現在を持ってしても日本や迎合的なアメリカでさえ、"未だ"な現状があります。
それなのに、"同性愛に理解ある「両親」"という存在は、どうしようもない『虚像』に過ぎない冷酷さを感じました…それに加え親も、その"時代の通過儀礼"経たという真実は、この映画の"苦み"をさらに倍増させます…

いやでも、女性関係にも全く困っていなくて、"バイ"という立場でシャラメってる姿は「この野郎!」とも思いましたがね!(笑)
>|