わたしたちの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

ゴー

ゴーの感想・評価

3.5
【メモ】
マニュキアの色/オレンジ&青
バストショットの多さ、俯瞰ショットの少なさ
巻き寿司
小学生女子の心の揺らぎをあえて手のマニキュアで表現する感じ、好きっす…
叩かれて叩き返したらじゃあいつ遊ぶの?って弟ちゃんの台詞、すごい核心ついてくるじゃないか…(;_;)
123。悪い意味ではなく、古傷というか胸が痛む作品。面倒と感じてしまう自分はやさぐれたのだろうか。じわりじわりと後から効いてくる。弟!好きだ。
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】良く出来てる! 何より、オープニングから最後まで感情移入しすぎちゃって、疲れた…(・ω・`) ドキドキハラハラしすぎたよ
TOT

TOTの感想・評価

3.8
叩かれて叩き返して、じゃあ、いつ遊ぶの?
家族とは別に初めてできた大切な、あなたと私の“わたしたち”。
些細なことで行き違い、なんとなく和解して、また離れてを繰り返す、ぎこちない友達関係。
小さな世界で起きる、小さな胸の内のほとんどを占める日々の機微と諍いを丁寧に写した女子小学生あるある(中学はまた違う)がイタ切ない。
やった。やったわ。こういう玄関前でのよくわかんない押し問答。
仲良しグループが変わってる休み明けのあのビッミョ〜〜〜な空気。
そうして、好きや嫌いや、どうにもならないことへの対処を身につけていく少女時代。
狙いすました描写が是枝監督作品を思わせたり。
監督が、あの時何を見て感じて必死に生きていたか、残しておこうと思って撮っただろう少女時代の物語。
そういうの、すごくいいと思う。
小学生の少女達の間で行われる妬み·摩擦·イジメ·ケンカ等のやり取りを描いた作品。

子供達の芝居が自然なうえ、
その少女達のやり取りの展開が生々しい。

あと、主人公の弟がとてもカワイイ♪

2017年9月に映画館で鑑賞
最初から最後までドキュメンタリー観てたぐらい子どもの演技は演技を超えてリアルだった。
torisan

torisanの感想・評価

4.0
個人的には子供達の未熟さに胸糞悪さも感じてしまったし、心が落ち着かない映画だったんだけど、それは誰の子供時代にもありえた感情を見せられているからなんだろうなあ。
y

yの感想・評価

4.1
子供の繊細な演技がすごかった。
静かだけど、凄く良い作品だった。
孤独な少女ソンと転校生のジア。
小四の夏休みの初めに出会った二人は直ぐに"親友"となるのだが、二学期が始まると少しづつすれ違うようになる。
あの子のことスキ、あの子はキライ。
同年代の男子には理解しがたい、女の子たちの独特の関係が繊細なタッチで描かれる。
思春期の入り口の年代は、親たちの社会が子どもたちにも投影され始める。
塾の月謝が払える家と払えない家の子、子どもにケータイを持たせる家とそうでない家の子には、スクルールカーストが生まれ、あの子の親は◯◯といった噂も、"穢れ"となり友だちを選別する。
自ら作ってしまった幾つもの溝に引き裂かれ、モヤモヤを抱えながら毎日を過す少女たちは、いかにして葛藤にケリをつけるのか。
お姉ちゃんに負の連鎖を悟らせる、弟くんの名言が光る。
「私の少女」のチョン・ジュリに続き、イ・チャンドンが素晴らしい才能を見出した。
ユン・ガウン監督は是枝裕和にも大きな影響を受けたそうだが、どこまでも丁寧に心情をすくい取る心理劇に、二人の"師匠"の特質はしっかり受け継がれている。
「우리들(わたしたち)」という示唆に富んだタイトルが、最後にスッと腑に落ちる。
これ、今同じような境遇に陥ってる子どもたちに、凄く勇気を与えるんじゃないかな。
お見事なデビュー作だ。
ブログ記事:
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-1055.html