わたしたちの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

わたしたち2016年製作の映画)

우리들/The World of Us

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:94分

4.1

あらすじ

小学校4年生の少女ソンはいつもひとりぼっち。終業式の日に偶然出会った転校生のジアと友情を築いていくが、新学期になるとその関係に変化が訪れる。さらに、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの、互いの家庭環境の違いも二人の友情に小さな暗い影を落とす。そんなある日、ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまう……。

「わたしたち」に投稿された感想・評価

TOT

TOTの感想・評価

3.8
叩かれて叩き返して、じゃあ、いつ遊ぶの?
家族とは別に初めてできた大切な、あなたと私の“わたしたち”。
些細なことで行き違い、なんとなく和解して、また離れてを繰り返す、ぎこちない友達関係。
小さな世界で起きる、小さな胸の内のほとんどを占める日々の機微と諍いを丁寧に写した女子小学生あるある(中学はまた違う)がイタ切ない。
やった。やったわ。こういう玄関前でのよくわかんない押し問答。
仲良しグループが変わってる休み明けのあのビッミョ〜〜〜な空気。
そうして、好きや嫌いや、どうにもならないことへの対処を身につけていく少女時代。
狙いすました描写が是枝監督作品を思わせたり。
監督が、あの時何を見て感じて必死に生きていたか、残しておこうと思って撮っただろう少女時代の物語。
そういうの、すごくいいと思う。
小学生の少女達の間で行われる妬み·摩擦·イジメ·ケンカ等のやり取りを描いた作品。

子供達の芝居が自然なうえ、
その少女達のやり取りの展開が生々しい。

あと、主人公の弟がとてもカワイイ♪

2017年9月に映画館で鑑賞
最初から最後までドキュメンタリー観てたぐらい子どもの演技は演技を超えてリアルだった。
torisan

torisanの感想・評価

4.0
個人的には子供達の未熟さに胸糞悪さも感じてしまったし、心が落ち着かない映画だったんだけど、それは誰の子供時代にもありえた感情を見せられているからなんだろうなあ。
y

yの感想・評価

4.1
子供の繊細な演技がすごかった。
静かだけど、凄く良い作品だった。
孤独な少女ソンと転校生のジア。
小四の夏休みの初めに出会った二人は直ぐに"親友"となるのだが、二学期が始まると少しづつすれ違うようになる。
あの子のことスキ、あの子はキライ。
同年代の男子には理解しがたい、女の子たちの独特の関係が繊細なタッチで描かれる。
思春期の入り口の年代は、親たちの社会が子どもたちにも投影され始める。
塾の月謝が払える家と払えない家の子、子どもにケータイを持たせる家とそうでない家の子には、スクルールカーストが生まれ、あの子の親は◯◯といった噂も、"穢れ"となり友だちを選別する。
自ら作ってしまった幾つもの溝に引き裂かれ、モヤモヤを抱えながら毎日を過す少女たちは、いかにして葛藤にケリをつけるのか。
お姉ちゃんに負の連鎖を悟らせる、弟くんの名言が光る。
「私の少女」のチョン・ジュリに続き、イ・チャンドンが素晴らしい才能を見出した。
ユン・ガウン監督は是枝裕和にも大きな影響を受けたそうだが、どこまでも丁寧に心情をすくい取る心理劇に、二人の"師匠"の特質はしっかり受け継がれている。
「우리들(わたしたち)」という示唆に富んだタイトルが、最後にスッと腑に落ちる。
これ、今同じような境遇に陥ってる子どもたちに、凄く勇気を与えるんじゃないかな。
お見事なデビュー作だ。
ブログ記事:
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-1055.html
なつ

なつの感想・評価

4.8
主人公ソンちゃんの、ゆらゆらゆれる瞳から感情の機微が伝わり、最後まで目が離せなかった。
女子特有の意地悪で残酷な“世界”。
やっぱり、10歳頃から本格的にこの世界の幕が開いた気がする。
誰もが通過した思春期の戸惑い、友情、裏切り、そして…浅ましい嫉妬。
そんな感情を覚えた頃を思いだし苦しくなった。
だって“嫉妬”なんて感情あるって知らなかったもん。
人としての基本は、
・相手が嫌がることはしない。
・自分がされて嫌なことはしない。
だと思うが…。
はからずも、大切な人を傷つけてしまったら、真っ直ぐな気持ちを伝えてみることだと思う。

そんなことを、主人公のちいさな弟君が、思い出させてくれたように思う。
全ての女性に捧げたい映画だ。
猫

猫の感想・評価

4.1
男子にはわからないかもしれない。
出だしのドッチボールシーン。
ジャンケンポン
で好きな?(欲しい?)人を選んでいく…
韓国でも、同じなのか?
今でもまだ、やっているのか?
のっけから胸に響く。
私は、例えば遠足のグループ分けで、いつも最後の数人に残る子どもだった。
少し、言い訳をさせてもらうと(笑)
他人の悪口をいうことで、結びついている、女の子のグループが嫌いで、何処にも所属していない子どもだったせいもあると思う。
イジメではない。でも子ども心に、
どうしてこういうグループ分けをさせるのか?
担任を恨んだ。

少なからずこういう体験を
見聞きした人ならば
この映画がスルリと胸に入ってくるはずだ。
いや、
仲のいい友達と些細な事で仲違いをした経験は、きっと誰にでもあるだろう。
だからこの映画はまさに
「わたしたち」の映画。

弟がいいんだよねー。最初から最後まで、素直で。あきれるほど単純で。
そして、その弟の一言で
わたしたちは、気づかされ
その一言を深く胸に刻まなければいけない。

虐めやハバにされた子達の映画は沢山造られているから
この監督には
次回
虐める側の子ども達の「こころ」を描いた映画を撮って欲しいと、心底思う。まだまだ
この子達に近いところにいる
力のある監督だから。
そして、そちら側にいる、と思っている子ども達は実は自分でもある、と気付くだろうから。

 2017.09.10 あいち国際女性映画祭にて鑑賞

このレビューはネタバレを含みます

 イ・チャンドンの映画かと思ったらそうじゃなかった。そりゃそれだけ寄ってロングテイクで撮ってればそういう風な見え方になるだろうね、という。爪の演出にしても仲良しインジケーターじゃないんだからさ。良識ある大人なら回避するであろう冒頭のドッヂボールのチーム決めの嫌な感じがずっと続く、がしかし決して新鮮ではない。the world of us というだけあって世界が狭い。それにしても主演の彼女のいわゆる「キョロ充」特有の、周りに異様なまでにお伺いを立てるような目の芝居に始終心をかき乱された。
 人間関係に何か求めだすと途端に不安に襲われる。この二人の友人関係はいずれ疎遠になるだろう。だがそれの何が悪いのだ。ベタベタとくっつくだけが心を通わせる方法ではない、だろ?
子供たちの精一杯生きている世界を、イキイキとリアルに見せてくれた特別な映画。観終わって胸がいっぱいになり、しばらく涙が止まらなかった。