光の作品情報・感想・評価

2016年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。…

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。 それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父 として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

「光」に投稿された感想・評価

Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

1.0
とにかくマイナス要素しかない。
久しぶりにここまでネガティブな悪意に満ちた作品観た。

ジェフ・ミルズなんでこのサントラのオファーを受けたんだろう!?
マイナスプロモーションにしかなってないし、彼の音楽が全く活かされていない。

しかも、3.11後に、津波というプロットをああいう形で使うデリカシーの無さ。
そうした配慮の無さを更に挙げるならば、同年に「光」(河瀬直美監督作)という既出があるにもかかわらず、
同じタイトルをぶつけてくる無神経さ…

ガツンとくる不快な作品の中にも観たものへのメッセージ性とかがあればまだしも、本作はとにかくあらゆる方向で不快。

後は大人になった美花役、どう見ても橋本マナミのほうが適役だったのでは…!?
ああいう女のオーラー顔から体から滲み出てるんですけど…
途中までそのつもりで見てたから、余計にこのキャスティングに違和感。
しかも、濡場ではあそこまでやっておきながら完全に乳首だけはガードする姿勢にも違和感。
あそこまで執拗にガードするって、もはや黒ずみ過ぎて恥ずかしくてとても見せられるものではない。という理由なのかと思えてくる。

色々と突っ込みどころ満載の不快極まりない作品で、酷評ではあるんだけれど、ある意味ここまでひどい気分になる作品も稀なので、
是非劇場でこの貴重な体験をするのもお勧めです。

唯一評価できるのは瑛太の演技。
彼だけが光ってた。後は糞。
岡本太郎も途中引っ張り出されていたけど、こんな作品に使われちゃって気の毒…
この映画に関わった人、瑛太以外は誰も得してないんじゃないかな!?


P.S.
本編とは無関係だけど、久しぶりに一般応募者が参加する試写会というもので映画を観ました。
マナーの悪さにドン引きです。
鑑賞中のお菓子の袋のワシャワシャ音にはじまり、しまいには携帯の着信音(しかも4~5回)
その着信音は同一人物なんだけど、鳴る度に舌打ちして「これは電源が切れないんだ」「家の留守電が転送されてくる…」とか、
ブツくさ言い訳を声に出して言っているのも輪をかけて迷惑。
やっぱ試写会ってこういう民度の低い「懸賞乞食」の集まりなんだと理解。
試写会にて。

久しぶりにモヤモヤする映画を観ました。
なかなかよかったです。
この感じでいろいろと考えながら帰るの好きです。

冷静で冷酷な信之と、輔の無邪気な笑顔が観れば観るほど怖かったです。
お二人の演技は素晴らしいです。

橋本マナミさんのお尻より長谷川京子さんの唇に釘付けでした。

音楽の感じは嫌いではなかったけど、好き嫌いが分かれるかなと思いました。
予告に惹かれて試写会で鑑賞!

あらたさんの怪演が光っていた。

物語は予想通り進むのにそれがまた虚しい。

あとはBGMがすごく気持ちいい!
アメブロを更新しました。 『「光」息苦しくなるほど愛おしい人を手に入れたいと思う気持ちは止められない。』 https://twitter.com/yukigame/status/929004881041539073
YSAI915

YSAI915の感想・評価

4.0
舞台挨拶付き先行上映
日本最速上映にて。
原作既読で展開がわかっていても
見応えある作品でした。
個人的には足立正生監督が
強烈なキャラで登場して釘付けに。
mukoryo

mukoryoの感想・評価

4.2
プレミア試写会で鑑賞。大森立嗣監督と井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミの舞台挨拶あり。
主要キャストの4人ともモデル出身で立ち姿が絵になる。30分位の監督と出演者陣のお話が深く、この作品を見る心構えになって良かった。タイトルの「光」とは真逆の「闇」しかみえない作品。登場人物が全員ダークでヤバい人で、圧倒される。近年稀に見る衝撃作。映画館で観る商業映画というより、昔、大学の講堂で観たような、日本独特の湿気のあるドロドロ、ザワザワしてくる世界観。三浦監督は『まほろ駅前…』シリーズで瑛太を知り尽くしているのでしょう、瑛太の演技が光ってます。井浦新はどんなに残忍なことをやっても上品でスマートさがあるので、嫌いになれない貴重な人材。この二人の内側からえぐるような愛憎対決を見るだけでもこの映画を観に行く価値がある。ひららちゃんもあの幼さであの役は衝撃です。瑛太が「元気がないと最後まで観れません。」と言っていたように、もし自宅でビデオでの鑑賞だったら途中休憩入れずには観れなかったかもしれない。赤松陽構造の「光」題字デザインが良い。漢字圏でない人にもなにか感じさせる絵になっている。
あず

あずの感想・評価

3.9
新しい挑戦・芸術を目指した、というコメントにはとても納得。
話の内容も相まって好き嫌いは大きく分かれそう

でも大画面大音量で見るべき映画だと思いました。
そしてなにより、役者さんたちの演技がとにかくすごい!
na777na

na777naの感想・評価

4.5
ただただ凄かった。
後味の悪さやテクノミュージックなど好き嫌いが大いに別れる作品だと思う。

でも、井浦新と瑛太の本能のぶつかり合いは凄まじく、もはやリアルな感情なのか芝居なのか境目がわからないほどに、役と一体化していて圧倒された。
2人の演技を見るだけでも価値がある、いや、ぜひ見てもらいたいとさえ思う。

目の光が消えた無機質な井浦新の不気味さと冷酷さ。無邪気さと純粋さと狡猾さをないまぜにした瑛太のコロコロと変わる表情、そして狂気じみた笑いが脳裏から離れない。

共感できる登場人物は誰もいない。でも、愛情に飢え、時折捨てられた子犬のような顔をする輔を、ただギュッと抱きしめてあげたくなった。
なな

ななの感想・評価

-

舞台挨拶付き先行上映。

登壇者:井浦新・瑛太・大森立嗣監督
sssakura

sssakuraの感想・評価

1.0
三浦しをんさんの作品の中では異色、かなり重い内容だということでレンタル待ちかなと思っていましたが、舞台挨拶があったので、観てきました。

挨拶の中でも「大丈夫かな」「覚悟して」とおっしゃってましたが、始めから悪いことしか起きないような音楽と雰囲気で、ただただ目で追うのが精一杯でした。

光、なんてなかったような。
光、なんて求めてなかったような。

終わってから色々考えてしまう作品でした。
>|