光の作品情報・感想・評価

2016年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:137分

3.0

あらすじ

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。…

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心 に回っていた。 ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を 救うために男を殺す。 その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。 それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父 として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

「光」に投稿された感想・評価

紗羅

紗羅の感想・評価

2.5
なんだろ。
嫌いじゃないんだけど、なんか惜しい。
もっと人間の深い部分を描いて欲しかった気もするし…
ストーリーの割に軽い感じ。
でも、瑛太最高!

このレビューはネタバレを含みます

酷い作品だった。
人間の汚い部分が凝縮されている中に、急にテクノBGMが鳴り響く。
内容が浅い。登場人物がないがしろになっている。
kentaro

kentaroの感想・評価

-
中上健次。

ジェフミルズの使い方に目からウロコが落ちた。
名作「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」や北野武も想起。

橋本マナミも良い。どんどん女優やるべき。

この「悪い場所」、「悪い島」から逃げることはできない。
(cf.椹木野衣)
roko

rokoの感想・評価

2.5
途中音デカすぎんねんっ(笑)
びくっ!てなったわー
子役からの長谷川京子…
え?整形??顔変わりすぎ(笑)
橋本マナミくっそエロい!
よう分からんまま終わってたー
rico

ricoの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかに分厚い原作を読んで、これをどう映画化する、と半ば挑戦を挑むように視聴。
感想は、うーん…と言ったところである。

原作もなかなかにドロドロした内容だったけれど、でもその中に登場人物の切なさが描かれていたのに対して、映像化するとエグさだけが残ってしまった印象。
子役時代のやりとりが非常に重要であったのに対し、そこの描写は時間の都合であるのか想像以上に簡素だった。
原作を読んでいるから主人公たちの関係性がわかるものの映画だけみたら意味不明なまま終わりそうである。

3人の歪んだ執着、特に輔が信之になぜあれほどまでに固執しているのかは、もう少し子役時代の関係性で描いて欲しかった。

あとはそれを狙ったのかもしれないが、折々で流れる不協で激しい音楽が、とても気持ちをざわつかせて、それだけで見ているのが苦だった。

小説の表紙の写真のように、この作品のテーマは静かなる暴力、そしてそこに歪に差し込む一筋の「光」だと感じていただけに、世界感が自分のイメージとマッチングしなかった。
配役が決まったときから楽しみにしていただけに、がっかり。

ただ、役者の演技は良かった。
瑛太のラストシーンは、切なさももった狂気で、昔から好きな役者さんだったけど素直に役者として伸びてきたなと実感した。
かつ

かつの感想・評価

2.8
これ普通に先が読めてしまう。

誰しもが持つ闇?愛?を深くまとめた映画で、そこにあるのは闇だけで面白味が感じれない映画だった。
↑まぁ、闇って表現は違う気がするけど

途中途中で流れるテンポのいい音楽はいるかな?って凄い思った。

長谷川京子の悪魔みたいな微笑み、
めちゃめちゃ怖かった。笑
ちょっともうツラかった。暗いシーンから急に不気味な音が流れてびくっとする。瑛太の演技はすごかったけど、余計に気味の悪さを増していた。「光」の要素ある?翌日までひきずるくらい後味わるい作品でした。
Tak

Takの感想・評価

2.0
三浦しをん原作に期待しすぎたか。

救いがない。希望もない。光も見えない。
BGMは最低。

これで最後かなと思うシーンが何度か有る。
何度か有った後もダラダラと続く。時間が無駄に過ぎるだけ。
そしてようやく本当のラストシーンはといえば…
小さな女の子にどれ程無理をさせたのかと、見ていて辛くなるようなシーンで終わる。

後味が悪すぎる。
レオ

レオの感想・評価

-
何より音が不愉快。
だけどそれが狙いなんだろうから、受け入れられないけど、そうしたかったんだね、って感じ。
全体的に大きく見れば愛の話で、監督大森立嗣だし、なんとなくさよなら渓谷思い出す
愛と性と死を共有した三人がそれぞれ相手に愛を求めて性を求めて死を求める
根元からぽとりと落ちる椿は昔から人の首が落ちる様と比喩される。そこだけは良かった
最初、橋本マナミが?だった。
なんかすっぴんで疲れた30代いけるかもって思ったら、そうでもなかった。
>|