不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.0

あらすじ

「不能犯」に投稿された感想・評価


そうきたか〜と思わされるところ
があっておもろかった、という記憶

エリカさま薬やっても美しい💊
あとめっちゃハキハキしゃべる
you

youの感想・評価

-
サスペンス大作

dドラマ版を観てからだとより一層ストーリーがわかっておもしろみが増す。
出演者もいいしおもしろい。
小説(ノベライズ)も購入しました。
べりす

べりすの感想・評価

3.0
エリカ様は薬をやってても劣化もしなく美しいのになぜ何もしていない自分はこんなにもブスなのかっていうツイートがバズってたので見れなくなるとやだなーとこちらを見てみました。
とりあえず、あらすじはとても好きそうだったんだけど内容はサスペンスでもなくどちらかというとホラーとか好きな人なら納得して見れるのでは?な感じでサスペンス好きは納得して終われないと思いました。

姉妹の話は、どんだけ辛くてもやっぱ妬むような人間って同情もできないし不幸にしかならないなって思いました。
キウチ

キウチの感想・評価

3.0
松坂桃李が好きで見たが、途中で寝てしまい頭の悪い私には難しかった記憶がある。
Kakeru

Kakeruの感想・評価

3.5
めっちゃ面白いってわけではなかったけれど、普通に飽きずに観れる作品でした。
沢尻エリカがめっちゃタイムリーすぎるのと、松坂桃李はどんな悪い役でもイケメンだなって思いました。
1時間46分が無駄になった。
松坂桃李さんが好きな方は楽しめるのではないかと…。
漫画として読んだら面白いんだろうなあという世界観。
漫画に出てくるような、作者のやりたい設定を遂行するために、単に物語を進行させるために突拍子もない言動を繰り返すサイコパスとか、狂気的な人間がそもそも苦手で、それがそのまま実写化されてるので、更に私としては苦手でした。
漫画も読んだことあるのですが、漫画は作者自身が自分で作った世界観を持っていたのでそれなりに面白かったです。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

3.0
爆弾のくだりが端的に言って糞。しかし携帯をへし折って地面に叩きつける沢尻エリカが可愛すぎるし、とってつけたような敬礼も可愛すぎるし、沢尻エリカは誰にも支配されないという予言の映画である(適当)工藤Dいたね?

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく面白くなさそうだなと思いつつも、
NETFLIXにあったので観てみた。
主演は松坂桃李。原作を知らないけれども、
かなり適役に思えたしかっこよかった。
最初からあまり期待せずに観てしまったのも悪いのだけれど、
結果も特に印象に残らなかった。
悪くもないが良くもなくて、
物語の一部分を切り取って映画を作ったような印象。
結果的に、不能犯について何も解決することは無く、
映画の始まりと同じ状況がただただ今後も続いていくであろう結末。
(不能犯という性質上、しょうがないのかもしれないけど)
以上です。
ただ、松坂桃李がかっこいい映画。
漫画原作の映画。

ザックリとした印象は全体的にチープ。

あと、主人公が主人公らしくない。
セリフがふんわりしているというか…。

松坂さんは怪しげと色気がいい感じに
混ざり合ってて、雰囲気でてました。

あと、主軸のストーリーがよくわからなかった。事件数が多く、犯人を導いてるのは全て不能犯。

その目的も大雑把だし、警察も特に何もしないし。

解せぬ。
>|