gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

fun

funの感想・評価

4.0
メアリーの賢さと可愛らしさに引き込まれました。
数式なんてほんとに??だらけの私としては問題が解けていくのに楽しみを見出せるというのが勉強を強制的やテストのためにしてきた凡人と天才の大いなる差なんだなと改めて思いました。
それにしても自分の出来なかったことと見栄を押し付けるステージママのごとしエブリンには閉口し恐怖にも感じました。
血を分けた親なのになんて他人より遠いのだろうか。
最後にダイアンが託していた思いには人生をぼろぼろにされた悲しみがぐさりと伝わりました。
子供にも大人にもどうにもならない裁判結果って本当に酷な時も多くてつらい。

と、ここまで書いていてつらい事ばかりになっていますが、そればかりじゃないんです。
メアリーとフランクの絆や子供らしい体験をさせてあげたい気持ち。
いつもムキムキのキャプテンがこんなに普通の人をしてるのもキュンキュンします。
無邪気な笑顔のメアリー。
タレ目でかわいいんです。
いつも寄り添ってくれる隣人や恋人(アリシア・ビキャンベルみたいでとってもかわいい人でした)と片目のフレッド。
美しい映像(夕日とか)音楽も染み渡ります。
そして何よりフランクがメアリーに見せたかったあの瞬間の人々の幸せに包まれたシーン。
もう、ただ、ただ涙溢れてしまいました。
ダイアンの選択は間違っていなかった。
kumi

kumiの感想・評価

4.3
並外れた才能の持ち主だった姉、その娘、
もっとも近くて見ていた(る)弟。

それぞれの想いが強ければ強いほど
対立してしまう母と息子。

紆余曲折(文字通り)ありつつも
最終的にギフトを手にしたのは
ダイアンが託したものを弟を経由して母、
メアリーとフランクの新たな関係。

ラスト近くでラマヌジャンの名前が出てきて
『奇蹟がくれた数式』を観ていたからこそ
どれほどすごい能力かを再認識。

最初から最後まで、とても良かった。
chami07

chami07の感想・評価

-
どんな気持ちで姪を引きとり7年間一緒に過ごしてきたのか、ケンカから仲直りまでの様子や、片眼の見えない猫を特別な存在に魅せていて、描写がすごく優しくて温かい作品。
子どもの泣く姿には弱いもんです
メアリーの魅力に私もはまった。
あんなすてきな叔父さん羨ましい。
色々既視感はあるのだけれど、それでも最高に良かった。

生意気な小娘ってペーパームーンを思い出すし、引き離される親子(叔父と姪か)はクレイマークレイマーとか思い出したけど、いやあ脚本がなんたって良い。そして子役の表情の素晴らしさは書ききれない。

泣いて笑って驚いて、監督のされるがままになっとるが、それが気持ち良い。泣いて笑って喧嘩してたら、それはど根性ガエルだ。

気になってた片目の猫のフレッドは脚本家の猫らしい。信濃八太郎が言ってた。

信濃が良い人ばかりだと珍しく脚本家を責めてたけど、そういう映画があっても良いと思う。なくちゃ困る。
メアリーことマッケナちゃんがとてもキュートで演技がすごい。
何気ない表情もすごいし、特に別れのシーンなんかほんと感動しました。
少し似ているアイアムサムのダコタファンング以来の衝撃です
なんとなくストーリー展開は読めるのですがメアリーとフランクのやりとりを見てるだけで幸せな気分になれる映画でした
Hokkaido

Hokkaidoの感想・評価

4.5
とても解りやすく整理されたストーリーや役割で素直に作品を楽しめました。
また、単にシンプルなだけでなく、メアリーのようなギフテッドと呼ばれる所謂普通の人々とは異なる能力を持った子に加え、配役等にも人種、障害、職業、社会構造等様々な差別に対するメッセージも隠し味のように織り込まれており深みがあります。
私たちは皆、失ったようでいて与えられていたり、与えられているようで失っていたりするのかもしれない、そんなことも考えました。

以下諸々、、、
一応若い独身男性らしい行動はするものの、本当に大人なフランク、自分が彼の年齢だった頃を想像すると恥ずかしいものがあり、人として尊敬します。
フランクがフレッド以外の二匹の猫(チリとルーイ?)も当たり前のように連れ帰るシーンも猫好きにはたまりません。

夕日をバックに語り合うフランクとメアリーのさりげないシーンが絆を感じさせ染みました。
そして何よりマッケンナちゃんの睫毛にやられました。

オリジナルと吹替え版、両方観る機会がありましたが、いつもは観たことを後悔する吹替えも、台詞、声優さん共に違和感無く観る事が出来、吹替えも悪くないかな、と思わせてくれました。
Atsushi

Atsushiの感想・評価

4.0
ありがちな内容ではあるが、ハートウォーミングさが日曜日にぴったり!
良かった!クリスエヴァンスのちょっと困った感じの顔。あれ好きだなぁ。

って感じ。内容忘れた笑笑
どんなに頭が良くてもやっぱり小さな女の子なんだなって思った。

バスで男の子をかばうシーンなんて最高。

すごい子役だと思った。他の作品も見たくなる。
nickryok

nickryokの感想・評価

2.8
自分が親になると印象が変わるのかな?テーマは良かった。でも登場人物の誰にも感情移入できなかった。特にメアリーの学校の先生は最悪だった。あと、お姉さんと隣に住んでるおばさんと黒人弁護士のバックグラウンドが見えなすぎて、彼らの台詞や想いが何一つ刺さらなかった。猫のフレッドは超可愛かった。なんだろ、この全然入れなかった感じ。