50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 13ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

MTGSZK

MTGSZKの感想・評価

3.5
アル中の母と不倫父の間で裕福ながら退屈な日々を送る14歳のマイクと風変わりな転校生チックを中心としたロードムービー。「青春」と冠すにはあまりにも犯罪度が高すぎてあれですが、同時代それなりに親に迷惑をかけてきた自分としてはシンパシーも。道中のエピソードが軽めに描かれることで思春期のスピード感を追体験。それだけにラストの「約束」が響く。音楽のチョイスと使い所のセンスが素晴らしい。エンドロールも斬新。
出会いと別れの中で経験していくんだね。当てもない旅、羨ましい。
ほっこりとか、にんまりとか、心がキュンとするみたいな、青春ってのがあったらなー
りな

りなの感想・評価

3.5
「一夏の思い出」「少年」「クラスのはみ出し者」「ロードムービー」
はい好き。ありがとうございます。も〜友情も恋もグッとくる〜〜!良い!こんな破茶滅茶やったら一生忘れられない!きっと50年後、彼らはまた出会う。見入ってたらなんだかわたしもその約束に混ぜてもらえてる気分で、ほんのり嬉しい気持ちになりました。
kht

khtの感想・評価

4.0
ひと夏の冒険という意味で割と食傷気味な設定ではあるけど、やっぱりこの手のには漏れ無く弱いなあ。恋愛描写を爽やかにまとめ締め括った大英断。水辺で寝そべる3人が完全に父母子の並びで笑った。このくらいの年の子にとってサッカー選手と言えばゲッツェなのかぁという謎の感慨。転入早々、浮き気味のチックがクラスメイトの名前をちゃんと覚えてて、後ろ姿だけでも判別してたのは何か泣けた。いいヤツだったよチックは……。

公開当初はドイツ版『グッバイ・サマー』なんて触れ込みだったっけ。色々賛否はありましょうが、爽やかで、いい意味で軽くて、僕は好き。京都シネマで見たら良かったな。

このレビューはネタバレを含みます

「何年後にここで」というタイムカプセル要素は素敵だけど、50年後と言わずすぐこの3人を会わせたくなる。

哀愁漂う名曲『渚のアデリーヌ』が最高の使い方をされている。
男同士のドライブで流されたら、そりゃゲイかってなるよ。
ミサヲ

ミサヲの感想・評価

3.5
グッバイサマー感〜!
14歳って1つのターニングポイント的に題材にされるのが多い年齢だと思うけど、そういうの見る度に、自分が14歳の時って本当に何にも考えてなくて与えられた環境に疑問も何も抱かず享受していたから、退屈だとか反抗心とか、糞食らえっていう気持ちとか持ってハチャメチャしちゃうのが凄くかっこよく、羨ましく感じてしまう…!
爽やかだったな。50年後あの場所で再会するのでしょうね。良いなあ。良かったです。
Tommy

Tommyの感想・評価

4.0
【2018.04.09.MON】

ドイツ版グッバイサマー。

こういう時期の、
こういう経験って大事。

まあ息子がそんなことしてたら
笑って許せる自信はありませんが。笑

でもマイクはチックに出会って、
これからの人生を変えるような
そんな夏休みを過ごしたことは
間違いない。

彼らがまたどこかで
出会えると信じています。

チックが松田翔太に見える。笑
旨味

旨味の感想・評価

4.0
50年後までの途中に僕はいるんや。

永遠のお別れかもしれんけど、絶対会おうぜ、って。
また会えるのを楽しみにしてるで。
ざっくりしたあらすじだけでいえばミシェルゴンドリーのグッバイサマーと同じだけど、こちらは大人になったらきっといい子になる。

ミシェルゴンドリーのほうは大人になっても治らないこじらせ男子。