50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 13ページ目

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

「グッバイ、サマー」のドイツ版みたい。
こちらは、本当の車で移動する、14歳。

変人で、クラスで1番美人な子の誕生パーティーに、クラスでただ1人誘ってもらえなかった冴えない主人公。
そこにやってきたモンゴル系ロシア人の転校生。

夏休みに入って、母は、アルコール中毒を治す施設へ。
父は愛人と旅行へ。
1人の主人公のところへ、転校生が盗んだ車に乗ってやってきた。
旅に出ようと。
彼らの旅は、危うい。
しかし、今までに経験したことのなかったことを経験。
途中で、女性まで拾って旅をすることに。
毎日、毎日、何が起きるか分からないけれど、それも楽しい。
そこが若さだね。

しかし、旅は事故で突然終わり、転校生はどこかに行ってしまった。
新学期、旅で周りの子より大人になった主人公。
好きだった女の子に声をかけられても、もう、どうでもいい。
心配なのは転校生。
彼はどうしているんだろう?
私も気になった。
逃げているからボランティアの罪だけじゃすまないかも?

50年後まで待てないから、早く会いたいな。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.9
『JUST DO IT!』

クラスのはみ出し者2人による、青春ロードムービー。
監督は、ドイツ人監督、ファティ・アキン。
まだ44歳という若い監督ですが、既に世界3大映画祭で受賞経験ありという素晴らしい才能。

ひと夏の経験で、一皮むける主人公たち。
こういう、バカなようで、大切な経験(笑)
こういう時間が、人を成長させるのだなあと。
あんまり無駄無駄と、決めこまないで、衝動に身を任せてやってみるのはたいせつだなあと。

大人になってくると、思考優位になって、何でも損得で考えがち。
だけど、そんなの、つまんねーって、正直思います(笑)
感情の動きもあまりない、心の底から感動することのない生活なんて、まっぴらごめんだ!
と、思いました。

「大人になりなさい」と、よく人は言いますが、
つまらない大人にはなりたくないと、常々思ってます。
大人として経験は確かに積み重ねるけれど、いい意味でで子供らしい純粋な感覚は自分の中に持っておきたい。
経験だけに頼らないといいますか。
「感動する心」は、何よりも大切と思うから。

早く、世間一般で言われているような「おとな」になることだけが、大切ではないと思います。

作品のメッセージが、「JUST DO IT!」。
「考えすぎずに、やってみようぜ」と、ポンと、背中を押してくれます。
思考過多になっている、大人たちにこそ、なんか響いてくるような気がします。

そんな、「いやいや、その動機なんか軽くね?」と、大人が一蹴してしまう行動にこそ、この映画のように人生の中で大切なものがあるのではないかと思いました。
思ったより、いろいろなことをもらった映画でした。
ありがとう!
n

nの感想・評価

4.4
はみ出し者たちの青春ロードムービー。人種を超えた友情にほっこりして、少しだけウルっときた。無条件に好きなジャンル。マイクもチックもイザも皆魅力的だった!ラストも素敵!
藤くん

藤くんの感想・評価

3.4
俳優の表情一つ一つが良かった
自分はどうかなって考えてしまった
#050
衣装や色々が青い、黄色い。たまに緑。
チックのファッションが好き。
音楽がなんだかアンバランスでまとまりが無い、けど、それも魅力的だった。
ふたりが可愛いかった
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.7
パーティに呼ばれないはぐれもの男子二人のちょいワルロードムービー。正反対に見えた二人が仲良くなるくだりとか、ちょっとした会話にキュンと来ますね。そっちに傾いたってええじゃない!
旅先での出来事がパッとしないので盛り上がりには欠けるが、ほどよいリアルさが良かったんだと思う。
こういう体験をして成長すると、モテるようになるかもしれんがワルになってしまいそうですな。
3年くらいじゃいかんかったのか。50年は長すぎるぜ。
チックが最初から最後までただの悪ガキにしか見えず、魅力を見い出せなかった。チックの悩める一面や背景を見せてくれたらまた違ったかなと思う。あとはドイツ映画×ロードムービーに最初から評価を上げてしまったところも…

途中で合流するイザが魅力的で、彼女のスピンオフが見てみたいぐらい印象に残る。
mao

maoの感想・評価

4.0
ただただ最高だった。
けどちょっと期待しすぎた。
友達と川に飛び込むような青春送りたかった。
emi

emiの感想・評価

4.0
若さ‼️若さ‼️
面白かった。またいつか観る作品。冷凍ピザのシーンが最高。
まこと

まことの感想・評価

3.7
「カッコいい上着だな」
よくあるロードムービーなんだけど、そこはかとないロック感。
劇中でよく流れるのはロックでも何でもないリチャードクレイダーマンなんだけどね。


なんか子供が将来の約束をするのってグッとくるものがある。
子供の頃、近所に性への目覚めが早かった年上の女の子がいて(3~4つくらい)なんかちょっとしたことでからかわれてカーっなったんだけど、そんな時代を思い出した。


そういえば、書きながら思い出したんだけど小学校の校庭にタイムカプセルを入れたなぁ。
何年後かに廃校になるみたいだし、あれ掘り起こしてみたいな。
何入れたか全く覚えてないや。
案外キン消しとかカードとかしょうもない物なんだろうなぁ…。