50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

チックがひたすら街で暴れて騒いで大変だったっていう話かと思ったら全然違った。

友達と無茶な旅をして本当の友達になって成長する良い話だった。

エンディングでチックのその後も分かって良かった。
弱虫な少年が破天荒な友人と旅に出て、急激に成長を遂げる。

よくあるパターンの青春映画だけど、それが好きなんだなぁ〜

車が欲しくなった🚗
ちょっとヤバ系謎の転校生が、かけがえのない存在になる、ひと夏の経験。
ちょっぴり大人に成長した少年の姿が眩しく、50年後に再会できたら良いのにな~っと思えた作品。
n0ri

n0riの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

夏休みを目前にクラスに現れた転校生チックと主人公マイクの街を飛び出したひと夏の物語。

こういう夏!冒険!って映画すき。

とりあえずキスしよっかと言ってしまうイザが可愛かった。14歳にとっては結構な衝撃だったと思う。羨ましい。ひと夏超えたらなんか雰囲気大人になってるやついたいた。
チックがクソダサくて、クソ格好良い!!

2人の無鉄砲、無敵感は好き。若さですかね。

・ドイツ映画
・男二人の逃避行
・コンパクトな作品
これらの要素からノッキン・オン・ヘブンズドアを思いました。
また、多くの人が示唆してしますが、グッバイサマーと作品の内容が酷似しているなと感じます。
つまりは、「若いうちからやりたい事やっとけよー」「大人になってからじゃ戻れないよー」という事を主張している作品なんじゃないかなと。
旅立ちの最初にスマホを壊される所も良いですよね!文明の利器もなく、オンボロ車で旅に出る!いろんな世代の人の琴線に触れるように作られているのでしょう!

作品を通してリチャードクレイダーマンの曲がずっと流れています!
個人的にはここにも懐かしさを覚えました。小さな頃、僕の地元ではテレビコマーシャルでやたら彼のライブCMが流れていたので、物凄くノスタルジーに浸ることができました!(有名な人だったんだなぁ笑)

最初にも記しましたが、グッバイサマーをもう一度観たくなりました。当時よりも楽しめる気がします。

邦題、安直すぎない??
素敵な言葉だとは思いますけども😅
zelig

zeligの感想・評価

3.4
アキンらしいと言えばそうなんだが、あっさりしすぎて作品に力強さをあまり感じなかった。それだけこの監督の映画への期待度が高いので
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.5
ファティ・アキン監督作品ってことで観賞。

アウトサイダーな2人の少年のひと夏の成長物語って感じかな。好きだ。
クラス1の美女タチアナに仄かな恋心を抱くも、クラスではサイコ(変人)扱いされて全く相手にされない日々を送るマイク。転校生のチックはその上をいくヤバい奴…!変な髪型で二日酔い…明らかに周りから浮いている。そんな2人がひょんなことから盗んだ車で走り出す(どっかで聞いたことあるようなフレーズ)ロードムービーなんですよ。

思春期あるあるだな~って思うのは、好きな子に相手にされないことで、人生終わりだって絶望しちゃう気持ち。でも、ある時そんなことより大事な物を見つけちゃった後の気持ちの切り替えの早さ。これ、大人になるまでに絶対経験するであろう事柄だと思うんだ。このひと夏の短いけど濃すぎる時間の中で、彼らが生涯の親友になる過程…観ていてすごく羨ましかった。チックがマイクにカミングアウトするあのシーン。勝手な想像なんだけど、彼自身も誰かに言うのは初めてだったんじゃないのかな?それをサラッと受け止めて、一瞬でも心がゲイに傾いちゃったマイクが愛おしくて堪らなくなったもんね。やっぱり無理ってアッサリ否定しちゃうところも。

罪を認めて少し大人に近づいた新学期のシーンが、私はとても好きだった。あんなに好きだった女の子からの視線にも動じずに、見つめる先は隣の空席。50年後…ほんとに会えるのかな?それが楽しみで仕方なくなっちゃったよなぁ。
SSTK

SSTKの感想・評価

4.5
そのハートフルドラマのようなタイトル・ジャケットイメージからはまるでかけ離れた、実はかなり反骨心剥き出しのメッセージ性の強い大人のための青春ロードムービーです。

クラスでもハブられ者だった冴えない14歳のマイクが、転校生チックの破天荒な行動に巻き込まれながら出かけた、ひと夏の旅を追ういわゆるロードムービーですが、単に子どもたちの冒険を描いた青春ごっこには終わりません。世にいろんな青春モノの作品がある中でこの映画の読後感はまた一味違います。

ワンシーンごとに、観ている僕たちの回想の扉をぐいっと開けてくる力がある。彼らが旅で遭遇する出来事と自分の過去にある共通点を見つけては、あの頃感じていた追憶の気持ちを摘み取りたくなる。

そのつぼみでしかなかったあの頃の「似たような何か」は今の自分の中に咲いているのか?それは大人になるにつれていつのまにか跡形もなく消え失せてることにすぐに気付くんだけど、もう会わなくなった友人、思いを馳せた異性、過去に交わり離れていった者たちすべての人たち、みんなどこかで自分と同じように日々を生きている。それであればいい。それぞれが振り返る「あの頃」に経験したことの大小なんて、50年後になれば微細な凹凸の差でしかない。何かこう、いろんな事がいい意味で「大したことない」って思わせてくれる読後感。うまく言えないんですが。

14歳そこらの主人公たちがその旅の途中で50年後の再会を誓うんだけど、50年後に本当に再会するかどうかにあまり意味はなくて、その50年を各々がどう生きるのかってことが重要で、そしてそれはその50年をまさに生きている全ての人に響いてくるんだろうね。とてもいい映画です!
白豚

白豚の感想・評価

4.6
誰もが経験した14歳の多感な時期を思い出して共感出来る映画だと思う

スタンドバイミーの現代版って感じ
何も考えず仲間達と感じたままに行動してたあの頃を思い出して久しぶりにみんなに会いたくなりました