50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

いわを

いわをの感想・評価

3.3
ありきたりな成長ものではあるが良質なロードムービーに仕上がっている。

観ていて爽快な映画。
hrsw

hrswの感想・評価

3.5
ドイツ映画でノッキンオンヘブンズドアって言う超名作があるんだけど、とうもろこし畑を車で突っ走るシーンは熱かったなー。映画自体はリベラル寄りだけど、沢山問題提起をしていて面白かった。強いて言えば、それらがもっと整理されてたらもっと良い映画だったと思う。
skip

skipの感想・評価

-
ダサすぎるけど実は私は好きですでお馴染みのこの人。相変わらずセンスに惚れちゃうときがありました。青春映画やってもモヤモヤしない。母への愛とかキスシーンとかどれもいいよね。
P.S.でもやっぱり大人の新作が早く観たいよわたくし。
爽快。全編通して観られた『青空』の様な作品だった。青春って、おじさんになってからでも素敵って思えるっていいなぁって感じた。序盤、女の子の誕生日パーティに乗り込んだあとの、2人のグータッチ(?)に鳥肌がたった。ヨリじゃなくてあえて?引きで見せたのがイヤらしくなく、この先が楽しみでワクワク感が倍増した。
50年後、還暦を過ぎた3人は再会できるのか、ワクワク感が止まらない。
ああいう水色の車に憧れていた若い頃を思い出してまたホッコリした気分になれた。

こんなぶっ飛んだ友達が必要なんだよ。

なんだか夢みたいにきらきらした夏の日。ラストシーンからふりかえるという構造が前提としてあるので、このくらい夢心地でよい。

アニメーションを駆使したエンディングがクール。


2017-127
Fuka

Fukaの感想・評価

3.6
映画館で見るから面白い、ロードムービー
どこがグッとくるものもあって、でも見終わったらスッキリしてる
成長ってきっとこういうこと
神

神の感想・評価

1.0
リチャード・クレイダーマン引っ張ってくるのもあざとい感じがするし、何だかとにかくだめだった。
aicher

aicherの感想・評価

3.8
ロードムービー 少年

悪くないはずがない。

このレビューはネタバレを含みます

成長するというよりはただワルになって帰ってきただけ…私の中のロードムービーに対する期待を超えるものではなかった。でも道中面白かったし、最後に明かされる約束は素敵。実現してほしいな。
Akari

Akariの感想・評価

3.7
グッバイサマーは超えないけどおもしろかった
ロードムービーすき
14歳の男の子がドイツの自然の中をどんどん旅して成長して。こんな濃い経験したら絶対に忘れない
ぜひ映画館で観て欲しいやつ