50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

tori

toriの感想・評価

3.7
中学の時にこんなワラキアへの旅をしていたら人生変わっていただろうな

エンドロールの歌詞に全く共感
クラスに馴染めてないはみ出し者の14歳の少年2人の無鉄砲なひと夏のロードムービーってのが良い
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.8
ドイツ産ザ中2病ムービー。

「グッバイ・サマー」や「ぼくとアールと彼女のさよなら」など、ここんとこ10代ものの良作が多いなー。

でも、ちょっと掘り下げが甘かったのは何故なんだろ?

それでもチックはホントいい味だしてたね〜。クレイダーマンとか風車と夜空、イザとのシーンとか。沖縄離島でバーやってる某友人が若い頃はこうだったろうな、と。余計に笑えた。

自分がこの歳の頃と比べるとマシなほうだと思うけど、こんくらいの冒険はアリな世の中じゃないと面白くないよな。

監督はなんとイスタンブール音楽シーンをロードムービー的に紹介してた「クロッシング・ザ・ブリッジ」のファティ・アキン。
なんとも清々しく後味スッキリなひと夏の冒険物語。

決してめぐり合わないような彼らなのだが、いつしかお互いの心を寄せあい、共に生きた証を残しているよなぁ。
50年後にその場所に刻んだ【しるし】を本当に再会して仲間で見つける事ができたら当時が駆け巡ってくるだろう。。。
どう生きるべきかを考えるきっかけになった14歳の夏休み。子供でもなく大人でもないマイクが世の中を受け入れる変化が、クール( ´∀` )b
mashe

masheの感想・評価

3.2
ロードムービー。
シンプルイズベスト!
主人公同様、チックとイザにまた会いたい

チックかっこいい。あーなりたい。
炒飯

炒飯の感想・評価

4.6
こー見えて主婦です☆
って真顔で言う
どー見ても主婦な女性が会社にいます。
その場の時を止める発言って本当に世の中にあるんですね、炒飯です。

邦題がまさしくアオハルなタイトルですが、原題は

to chick

はみ出し者主人公、マイクと
転校生アウトロー、チックの一夏の、それでいて人生の数少ない大事な時間を切り取ったロードムービー

上映期間中に見にいけず、本日TSUTAYAダッシュをかましました。

良かったー。
想像以上とはいかないけど、良かった。

ドイツの映画はあんま見た事ないと思うんですが、思ったより尖らず、でも独特の雰囲気がありました。

また、風景が建造物を含めなんだかパキッとしてて、造形美萌えな私からしたらどストライク。

大勢でワイワイより、少人数でケラケラのが好きな私にピッタリな映画でした。

エンドロールまで美味しいまるで尻尾までクリームぎっしりなたい焼きムービー

は、流行るかな、たい焼きムービー笑
ヒコウ

ヒコウの感想・評価

3.5
未来なんてクソくらえ。中学の同級生から変人扱いされるマイクは日々の生活に嫌気をさしていたが変わり者のチックが転校してきて最低が最高の日々に変わる。青春ロードムービー。グッバイサマーに似てる。学生の計画無しの旅はホントに最高、純粋になれる気がした。
Mana

Manaの感想・評価

2.8
将来息子ができたら10代のうちに見てほしいなと思った。
若さからくる溢れるエネルギーを何に使ったらいいか分からずモヤモヤしている時に観ると、とりあえず行動してみようという思いになるのではないかなと思った。
tt

ttの感想・評価

4.1
ベタな内容なのかもしれないけど良かった。
少年の成長を感じる物って、なんだかグッときてしまう。
そして青いラーダがほしくてたまらなくなった。
JTK

JTKの感想・評価

4.0
青春映画にありがちなステレオタイプなシーンの連続なんだけどグッとくるのは何故だろう。
ロードムービーって何でこうも「映画」になるんだろう。
クラスで全くモテない男子2人と丁度いい頃合いで合流する女子(かなり可愛い)との珍道中。
仲良し3人組は50年後の再会を誓う。
そして、一夏の冒険を経て少し大人になった少年は、、、。

凄くいい映画だった。