50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

14歳の頃に未来へ馳せた想いって、なんだか特別だったよな〜。シンプルにオススメの青春ロードムービー。
華

華の感想・評価

3.5
これは良いロードムービー。
アル中の母親のことを作文であのように表現できるのはなかなかの才能だ。
悩みが解決するから、一瞬心が傾いちゃうところにグッとくるロードムービー
m

mの感想・評価

3.8
はちゃめちゃでやりたい放題の旅、面白かった
こういう思い出があるっていい
50年後また会えるといいな
LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

4.0
大好きなファティ・アキン監督で楽しみにしていた映画。「愛より強く」や「そして私たちは愛に帰る」と同じ監督?って思うほど雰囲気全然違う。

でも、14歳の頃のめちゃくちゃで若気の至りみたいなノリがとてもよくて、ひと夏の経験でこんな旅あったら一生忘れられない。何日か間でマイクは凄く変わったと思う。
旅のときにみせるではなく、ラストにあのシーンを持ってくるのがいいな。
やっぱり、好き。ファティ・アキン
88点

131

ずっと観るのを楽しみにしてた映画。あの年頃の無茶な感じが良かった。
aymm

aymmの感想・評価

4.2
「未来なんてクソくらえ」
本当にその通りのクセあり青春ロードムービー。
冴えない少年がひと夏の経験で大人への階段を登るって映画はよくあるけど、これは最高にクレイジーで、大人たちや社会への中指たてっぱなし感が際立っていて気持ちがいい!
親友のチックがもう笑えるくらい悪くて、けどマイクに向ける笑顔は子供らしくて可愛い。
旅が終わるシーンも彼等らしいインパクト。
夏休みに観たい一作。
tori

toriの感想・評価

3.7
中学の時にこんなワラキアへの旅をしていたら人生変わっていただろうな

エンドロールの歌詞に全く共感
クラスに馴染めてないはみ出し者の14歳の少年2人の無鉄砲なひと夏のロードムービーってのが良い
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.8
ドイツ産ザ中2病ムービー。

「グッバイ・サマー」や「ぼくとアールと彼女のさよなら」など、ここんとこ10代ものの良作が多いなー。

でも、ちょっと掘り下げが甘かったのは何故なんだろ?

それでもチックはホントいい味だしてたね〜。クレイダーマンとか風車と夜空、イザとのシーンとか。沖縄離島でバーやってる某友人が若い頃はこうだったろうな、と。余計に笑えた。

自分がこの歳の頃と比べるとマシなほうだと思うけど、こんくらいの冒険はアリな世の中じゃないと面白くないよな。

監督はなんとイスタンブール音楽シーンをロードムービー的に紹介してた「クロッシング・ザ・ブリッジ」のファティ・アキン。