ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

私は世界史の知識が、ありません(*^^*)

世界大戦時中の英国が舞台
ドイツ軍が、フランスまで差し迫り非常に苦しい時期に英国の首相に就任したチャーチルのフィクション演出の施された史実。

◆良い点/注目ポイント
・英国の国王が、かっこ良すぎます。スーツのデザインとサイズ感や体型から、言動まで全てがクール過ぎ!その偉大さは、バーフバリ級。チャーチルの体型の方が、ドラクエ的には、王様らしい感じです。
・ロンドンの地下鉄のシーンが、最高の山場。流石は、紳士淑女の国。全員自然に起立する民度の高さは見事。もし都内の地下鉄車内で安部首相が、登場したらみんな座ったままスマホで撮影してそう。
・後半の演説のシーンでの台詞回しと、良いタイミングでの卓叩き、格言がどんどん飛び出す様は、大物の貫禄です。

◆改善点
・歴史に詳しいとさらに楽しめます。これは私の個人的な問題です。

◆総括
・他のレビューアーさんのレビューを拝見していると、『ダンケルク』という映画を観ると良さそうなので、挑戦してます。

-2019年56本目-
た

たの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ゲイリーオールドマン好きだから見ました。
チャーチルについてはよく知らんが、傲慢さと豪快さが人柄に出てた。そんな人が泣くの見ると人間味あってかわいいなとも思った笑
奥さんとか周りの支えがデカイと思う。
最後のスピーチは圧巻。
イギリスは強い。我々は強い。言葉は強い。チャーチルはカッコいい。
チャーチルの勇気に震えた。
ものすごく難しい舵取りを押し付けられた中で、よくぞここまで耐えたと思う。

映画の中で閣僚同士が方針を議論する際に自分の戦場・戦闘体験をもとにものを言っていて、有事に日本の政治家ならば、何を拠り所に何を語るんだろう?と考えさせられた。
Kazuaki

Kazuakiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

当時のドイツ軍の誇っていた強さをひしひしと感じさせられた。そのようなナチス軍を作り上げたのは、ヒトラーの求心力の賜物だったに違いない。
そして、そのヒトラーという独裁者を倒したのは、ヒトラーのように弁が立ち、民衆を動かすことの出来る演説を行うまた別の独裁者という側面を持つウィンストンチャーチルだったのだ。
そのようにこの映画を観て感じた。
また、人々を動かす力、というものの恐ろしさを感じた。なぜ人々はこんなにも操られうるのか。人は本質的には多様性ではなく同質性を望む生き物なのではないか。色々と考えさせられるポイントがある映画だった。
VOD、字幕版にて初観賞。ダンケルクと繋がると聞いて。歴史背景に疎かったので英国がこんなにギリギリとは驚いた。
あと光と影の組み合わせが好きなんやなと。
さすがとしか言い様がない演技力
KAORInn

KAORInnの感想・評価

4.0
映画館で観たい!(間に合わず)→ディスク買おう!(忘れて)→ヒトラーのやつ(私の記録より)オモロいやんけ、あ!観るの忘れていた!!なう


ところで、そもそもはゲイリーオールドマンだから…あの変身ぶりが観たい!!
でした。
そして驚愕です。
ゲイリー流石すぎて、ほぼゲイリー要素ないヴィジュアルのままストーリーは進みます。

さて、ここにはダンケルク推しの方が多い様ですが、そもそも比べる批准が違うような…こちらはひたすらに、チャーチルと言う人間性に着眼した作品かと。

戦略的な口述も余りに簡素ですし、そもそもそこはこの作品に置いてはおまけ程度…かと。
そもそも、この時代を学ぶのであれば2~3時間そこいらで語れる内容でもありませんものね💦

勿論前提として、これらは忘れ得ぬ過去の記録となり得るでしょうが、しかしいかんせんこれはエンターテインメントに属する映画です。

言葉の戦争と現場の戦争…の様な気もします。こう言うと、軽すぎて上手く表せませんが。
作中ラスト間際での「言葉で…(ネタバレの恐れあり💦)」が、とてもしっくり。

もっと口悪く言えば、テンポ的にも
「おじーちゃん」と「孫」位の違いが…。
勿論、私には。私には!!ですが。


そして、何より素敵なのは「英国王のスピーチ」を彷彿とさせる魅せ方!
分かるか、分からないかの吃音。
これにはクスッどころか、圧巻されました。
狙っての事だとは思いますが(さすがに偶然はないですよね?💦)、あのストーリーからここに繋げる英国作品…むしろこの英国時代は私達の様なオタク気質をニヤニヤさせてしまいますね。

更にはいかにもな英国らしい暗めのトーン。
うちのテレビ液晶しんだ?!思わせるような色彩バランス。
大好きです。


最後に、過ぎるご批判の前にまずは楽しまれてはいかがでしょうか?
そして楽しみ方は千差万別なので、言葉が過ぎていたら申し訳ございません。す
コロ助

コロ助の感想・評価

3.9
記録
2019年211本目
>|