モンパルナスの灯の作品情報・感想・評価

「モンパルナスの灯」に投稿された感想・評価

かーく

かーくの感想・評価

3.8

ただのロマンスではなかった。モディリアーニを演じた役者さん始めみんな素晴らしかった。ラスト、ジャンヌの表情はこの後の事実を知ってるとメンタルぐちゃぐちゃになる
再見。初見は@ル・シネマ?

メロドラマではなくて、サスペンスだった。
あくどい画商、リノ・ヴァンチュラにしびれる。
ナエ

ナエの感想・評価

3.0
絵描きはこんな風に生きていくのかと。
全く想像したことのない絵描きの一生を、白黒映画で細やかに描かれている。
部屋の間取りが気になるのは私だけではないはず、、。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.8
画家モディリアーニをテーマにした作品。自分には退屈でした。酒を奢ってくれる女としか寝ないって最低かお前笑。しかしこういう男に女は弱かったりするんだよなぁ。画家なのにキャンバスに向かう画面がほとんどないのも割と退屈。これじゃただのアル中&女たらし野郎と何が違うの・・・?
dude

dudeの感想・評価

4.0
画家モディリアーニの伝記映画。これが自尊心の強く常に酔っ払っていて人に報いないやつなんだが、画家であり続けようとして潰れていった人間を完全に否定してしまうこともできん。まあ才能はあってしかもモテるんだけど...。死後に評価されるならまだマシだと思ってたが、それで全然関係ない人間が得することもあるわけね。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

売れない画家が売れないまま死ぬ話。
好きなものしか描きたくないのに、どうしてそれを仕事にしようと、それが仕事になると思えるのか?
実際あんな生活続けてて、甲斐性もないくせに守ってあげなきゃならないようなお嬢さんと一緒になろうだなんて図々しい。お金持ってるお姉さまにかわいがってもらってるくらいがちょうどいいんだ。
ラスト、お金だけ渡されて絵を受け取ってもらえなかったことが原因でショック死したようにしか見えないんだけど。宣言通り画商が絵を買いに来たくだりで一気にホラー映画だよ!
skip

skipの感想・評価

-
伝記が熱を帯びている。モディリアーニの半生を学べればなんていうハードルの下げ方はしない。絵に対して画家だからというように、伝記に対し映画作家だからと言わんよう。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.6
画家、モディリアーニの半生を描いた作品。

酒に溺れ、体が蝕まれていく主人公のモディリアーニ(ジェラール・フィリップ)。親に反対されても愛し続けるジャンヌ(アヌーク・エーメ)…。

この2人の美しい恋愛模様が中心かと思いきや、貧乏な当時売れなかった画家の悲劇が物語の要だった。

ジェラール・フィリップほどの美男が必死に人々に懇願する様子はもはやみていられなかった。

「男と女」のアヌーク・エーメ、若い頃もかなりお美しい。
たいち

たいちの感想・評価

4.3
ヒロインと相合傘をする流れになった主人公が傘を取り上げて、「雨くらいは一緒に楽しみたい」的なことを言い、二人共びしょ濡れになるシーンが好き。こんなモテテク見たことありますか?パンピーメンズなら相合傘で満足してしまう場面でこの対応。やっぱりモテる男は違うな。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.8
べっケルにしては、かなりおとなしい。

アヌーク・エーメとジェラール・フィリップは常に良い。特に女の方は美しすぎる。出会いの画塾からずっと。終盤の陰影バキバキのところも美しい。

特有の極めて肉体的に来る暴力も少しではあるがあった。
>|