ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

今までのタランティーノ作品を観てから鑑賞。

さ、さいこううう!!
1969年のハリウッドの世界観、とにかくたまらない!車、レストラン、そして音楽どれ1つとってもセンスめっちゃ良い

リックがテレビで演じてた役が今までのタランティーノ作品のジャンゴやバスターズを思わせるようなシーンがあって興奮の連続。テレビドラマを流すだけの撮影をみてもほんとにタランティーノ監督は映画やドラマ大好きなんだなって思う。

間にちょいちょい入るお笑い要素も良き!ブルースリーのところやセリフ忘れにリックがブチ切れるシーンも!

たった4日間しか描かれていないけど、それだけでもリックやクリフの会話で友情以上の絆が観ている人にビシバシ伝わってくる。

最後のシーンはシャロンテートを物語の中で生き続けることでみんなの心の中に生き続ることと事件の犯人であるヒッピーたちにクリフたちが罰を与えたんじゃないかなぁ。

とにかく全てにおいて最高であることに間違いない!

この映画によって、セコムよりも犬の方が防犯最強である説浮上。
Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すっごい面白かったのに思ってたのと違ってた笑
シャロン・テート事件のことを取り扱った映画だと思いきや1969年頃のハリウッドでの映画やドラマの裏側を表現したコメディちっくな内容でした。
全然シャロン・テート事件起きないなーと思ってたら特に起きなかった笑
ただ当時のヒッピーだったりアメリカのカルチャーがより分かりやすい内容だったのかなと。
ヒッピー達が殺しのドラマや映画をテレビで流して私たちはそれを観て育ってる。(役者として)人を殺しまくってる奴等が豪華な暮らしなんてしてるんだ!みたいなとこは気付きそうで気付かなかったポイントでした。
確かに昔から刑事ドラマやアクション映画で敵を殺したり倒してるのに特に気にも止めず、正義のヒーローが悪を倒すって構図が知らず知らず出来上がってたような気がします。
タランティーノっぽいブラックジョークのような脚本や演出は面白かったですね。
trsw

trswの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんか哲学的....タランティーノなのに...

「虚構の街」ハリウッドが生み出してきたものへの敬意とそれゆえの批判的視点を持ち合わせているタランティーノならではの1969年の描き方

ハリウッドのスタジオで俳優たちが鉄砲遊びに勤しんでいた頃、海の向こう側では本物の銃や火炎放射器が大量のベトナム人とアメリカ人を死に追いやっていた
ヒッピーの少女の言う「彼らが人々に殺しを教えたんだ」ってのはどこまで行っても完全には否定できない

1969年、サイケデリックカルチャーや新宗教など新しい虚構が過去の虚構を洗い流していく虚構の世界から人が押し出される ここが映画としてのエモーショナルさを補強してて良いよね

そして、この映画もまた虚構に過ぎない カリカチュアされた暴力を描くことには人一倍の強みがあるタランティーノが、虚構を通して表現したかったのは何か?それは、虚構によって、虚構に奪われた現実を取り戻す脱構築の営み
「ヘルター・スケルター」から存在しない陰謀を生み出したチャールズ・マンソンは虚構の中でシャロン・テートらを殺害し、現実を奪った それを、映画という虚構の中で取り戻し、本当にあるべきだった現実を我々の前に提示する シャロン・テートが撮るはずだった映画の数々...それを、存在しない映画作品やドラマを虚構に存在されることを生贄に現実に召喚する

もしかしたらフィクションが原因で、今も中東の人々の命が奪われているかもしれない それは断言できないけど、事実として2021年のDCではフィクションが原因で人が死んでいる でも虚構は同時に現実を取り戻すこともできる 2時間だけだったとしても....(We can be heroes just for one day)

車、かっこいい!!!!!!!!
実際の事件をアレンジした作品、出演者がなんとなくタランティーノぽくないなと
思っていたらちゃんと帳尻合わせがありました。娯楽映画としてはかなり面白かったし。
マーゴット・ロビーもそのまんま感が良かった。
クボ

クボの感想・評価

-
映画館で観れて良かった〜
eim

eimの感想・評価

2.8
予備知識がない状態で見た私が悪いのだろうとは思いつつ、あまりにも起伏を感じられないシナリオで上手く楽しめなかった。
ラストの二人がめちゃくちゃすぎて笑ってしまった。
モート

モートの感想・評価

3.4
ディカプリオとブラピが共演した作品だから見てみた。
眠い時に飛行機の中で見てしまったからかもしれないが、あまり印象に残らなかったので時間のある時にもう一度しっかり見直したい。
愛の暴力
chichichi

chichichiの感想・評価

3.9

タランティーノ脚本、「トゥルー・ロマンス」につ次ぐ2作目。

前回ぶっ飛び過ぎていて皆さんが高評価していても、自分の評価が分からなくて凹みました。

今回の作品もそんな気がしたのでフォロワーさんから頂いた情報により事前に予習してから観ました。

時代背景自体がまだ生まれてないこともありその予習のおかげでとても分かりやすかったです。

タイトルの通りおとぎ話になっているのですが、
ディカプリオとブラピという2大スターの初共演だけても十分なのに、この作品の事件の被害者になるかもしれない女優にハーレ・クインのマーゴット・ロビーが出ています。
もう、白いミニスカートがとっても似合う。

レオナルド・ディカプリオ演じる俳優が、以前は大スターでしたが現在は、少し落ちぶれていても、演じることに誇りを持っている生き方、俳優魂が素晴らしく感じ取れます。
少女との会話で泣き崩れるのがとても印象的なシーンでした。

ディカプリオのスタントマンを演じるブラピ。
アロハシャツと愛犬を散歩するのがとっても似合ってます。
アンテナの修理の為に屋根に上がり、Tシャツとアロハシャツごと一気に脱ぎ、上半身があらわになるシーンは眼福ですぞ😍
まるで、用心棒みたいにも見えてラリっている時は、なぜか、とっても魅力的。
「トゥルー・ロマンス」の時もラリってたけど(笑)


シャロン・テート事件を予習しておいたので、おなかの大きくなったシャロン・テートが残虐に殺されることになるのかなと…
やっぱり、タランティーノ的なんだ!
って思っていたら完全に裏切られてしまいました。

他の方のレビューで読んだのですが、
タランティーノ監督にとっては、シャロン・テート事件は許せないこと。
つまりシャロン・テートは殺されなかったと、夢であったかのように…

そうするとなるほどと理解ができたのです。

ラスト13分辺りから、時刻が表示され、事件に向かうタイムリミット的な緊迫感が迫ってきます。

チャールズ・マンソンの侵入した信者と対峙した時、ブラピが愛犬に指示するサインとアイコンタクトが、もう、カッコよくて痺れました💕

ラストシーンで、最初に、ディカプリオが使っていた火炎放射器が出てきたのは見事な伏線回収武器でしたね(笑)。

それと、思ったのは、プール水の中に潜れば助かるものをスタントマンの見せ場をここで演じさせたのもタランティーノ監督の映画愛の意図なのかなって勝手に思ってニヤけてました。

エンディングもおとぎ話のようで楽しめました。


タラちゃん初心者のわたしにとって、まだ、まだ、予習して観る作品であることがわかりました。
次回は、「パルプフィクション」に決定!



※参考までに登場人物を書いておきますね。

・テリー・メルチャー:前の住人で音楽プロデューサー(チャールズ・マンソンの恨みをかっている人)
・ロマン・ホランスキー:今の住人で映画作家
・シャロン・テート:今の住人で若手女優
リック・ダルトン:隣の住人で落ち目の役者
・クリフ・ブース:今の住人でスタントマン


シャロン・テート事件は事前に知っておくとよく理解できます。
うふふ

うふふの感想・評価

4.0
脚光を浴びなかったクリフの日常がマジモンの西部劇って感じでカッコよすぎ。
>|