サーホーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(64館)

「サーホー」に投稿された感想・評価

ATSUSHI630

ATSUSHI630の感想・評価

3.5
時間配分とか起承転結とかサーホーな自由で楽しいインド映画を堪能。コロナ疲れの目の保養にぴったり…これにて自粛解禁!
頭からテンション200%。先が読めない展開に目が離せませんでした。
映像、音楽、脚本、そして俳優さんすべてが濃厚です。テンションアップを音でコントロールしているので劇場の大音量で観るべき作品。
ダンスも良かったし、MVシーンが絶景揃いでとにかく美しくかった。
サーホーだから仕方ないで終わらない力強さと説得力があった気がします。ごちゃごちゃも勢いの要素の一つかな。いちゃもんつけるとCGがちょっと浮いちゃてイマイチな所が残ってたかな。この作品は減点法でなく加点法で評価したほうが楽しめます!
面白かった。
miyani65

miyani65の感想・評価

4.0
脚本がよく出来てる。
正義vs悪ではなく、誰が味方なのか?
最後まで見逃せない。
オープニングの長さに完敗です。(^^)

インド映画の無限の力に乾杯!
バカ盛りインドエンタメ。
アクションも歌もマシマシ。
登場人部もみんな濃くて関係もゴチャゴチャ。
長い上映時間で、観終わるとフラフラ。
楽しいけれど、コロナ休館明けで最初に観るにはヘビーでした。

現地語と英語のチャンポンで会話していて、現代インドでは普通なのかな、と興味がわきました。
『マガディーラ』の会話も確かそんな感じでした。
Theアクションインド映画!

アクションがぶっ飛んでる
毎回敵を倒すシーンのスローモーションの動きからのスピードアップが最高
重低音の音楽も最高

しかし要所要所の内容はすごく面白かったが全体的に話がわかりにくい
情報量の割にテンポ感がはやすぎてついてけなかった
強盗系と恋愛系のストーリーを両方混ぜるのも無理があった気がする

これカッコイイと思うだろ〜?みたいなシーンも必要以上に多かった
戦車に乗ったり戦車が車つぶすシーンはここでこれ?と度が過ぎてて笑ってしまった

最後の方はバーフバリにしか見えなかった笑
3時間近い長尺の半分がイントロ!?プロローグ!?
カメラが窓ガラスすり抜けてる!!
規格外の「傑作」だけどあまりにも「異常」な映画。超作画俳優プラバースの存在に全ての成否を委ねた思い切りが良すぎる脚本。国家予算級の車両航空アクション。サイコスリラーめいた前半部から一転して『サーホー(万歳)』となるタイトルコールは超絶的ショータイムの嵐!!

完璧に構築されたプロットに説得力をもたらしているのが「だってプラバースだから」の一点しかない。やばい。

展開は後半まで持続し主要人物それぞれの格を保ちながら圧倒的速度で大気圏を超えていくサーホー=プラバースのカリスマがやばい。
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

超・超・超ボリューム!!

どんでん返しがドンッ! ドンッッ!! ドンッッッ!!! っと立て続けに起こるので展開が早い早いw
約3時間なので見る前は長いな〜と思っていたがあっという間でした。

プラバースさんは現代が舞台でも圧巻の“““王”““ですね!
バーフバリが好きな方にもおすすめです。

プラバースさんは小顔でムキムキで足が長いなのでリアルキャプテン翼だな…と思いましたw

ダンスシーンは女性も男性も煌びやかでドレスやスーツが素敵なので観ていて楽しかったです!
情報量の映像暴力装置。
なにこれ。あたまおかしなるよ……

予告を見る限りでは、インド版ミッション・インポッシブルか?としか思えないのだけど、それは氷山の一角から削れ落ちた氷片にすぎない……

演出のクドさが極限レベルなのに、伏線や人間関係も複雑。歌とダンス。自然と未来都市。2時間半越えの超ボリューム。超特盛り全部乗せ。

何が起こったのか、もはや振り返る事が困難。
長過ぎる冒頭説明。闇堕ちした滝川クリステル。二転三転する視点。コブラ・肉屋・黒豹・筋トレ集団。プラバースの反則みたいな車。遅すぎるタイトルコールに劇場で頭抱えた。相棒が買ってきたバーニングマンのチケット。ウルヴァリンみたいな顎ひげ白人悪役。宣戦布告のビル破壊の意味は?ジェットメン。蛮族カーラケーヤは近未来でも健在?最強装備はやはり鎖。

とにかく、プラバースがバーフバリの頃よりイケメン度がマシマシだった。
スタイル良すぎ&スーツとサングラス似合いすぎ。
3時間あるの知らずに観て、終わった〜だまされた〜と思ってたら前半1時間ちょいがイントロ?で、「万歳」とショータイムの反転から、まだまだ続くしエッ!が止まらなかったし、最後結局まただまされててもう感動しました。