北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイの作品情報・感想・評価

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ2016年製作の映画)

Liberation Day

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:100分

あらすじ

ライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収されるほか、いざ作業を始めると会場のスタッフとは話が噛み合ず、メンバーのイライラは増すばかり。そんななか、禁じられているにも関わらず、バンドのリーダーが勝手に町を散策するという違反を起こし一触即発の事態に。講演までのタイムリミットは刻々と迫るなか、解決すべき問題は山積み。…

ライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収されるほか、いざ作業を始めると会場のスタッフとは話が噛み合ず、メンバーのイライラは増すばかり。そんななか、禁じられているにも関わらず、バンドのリーダーが勝手に町を散策するという違反を起こし一触即発の事態に。講演までのタイムリミットは刻々と迫るなか、解決すべき問題は山積み。さらに韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生する。果たしてライバッハは無事にステージに立つことができるのか……。

「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」に投稿された感想・評価

buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
他の国より幸せそうってセリフもあったけど音楽学校の生徒の素朴さには面食らう。
そしてあの美人通訳さんとか北朝鮮サイドはどういうキャリアを経てそのポジションなのとか興味をかきたてられる。
他の公演だったらサクッと準備できるのに〜というメンバーやスタッフのイライラが伝わりまくるしこの映画にしても素材が満足には無かったろうにと苦労が偲ばれる。
白頭山の歌カットされたミナさんのグチ聞いてあげたい。
白頭山の歌は多幸感あってEDMリミックスとか出たら普通にヒットしそうだな。
sawak

sawakの感想・評価

3.5
海外のドキュメンタリーにありがちな、ヴォイスオーバーの多用とナレーションを廃した編集はやっぱ好き。
煽りVがしこたまかっけえから間が持つ。
変わりゆく北朝鮮を感じられる1本。
とにかく映像が素晴らしい。編集から音楽の入れ方まで見事。ライバッハのプロパガンダのよう(笑)しかし、内容は単調。ドキュメンタリーだから仕方がないが、もうひとつなにかがあってよかったかも。
音楽により何かが変わることもできる。それは北朝鮮側のスタッフたちの姿を見ていても分かる。希望がそこに感じられた。
ラストのテロップは、見事に皮肉が効いている。
Sari

Sariの感想・評価

3.3
2018/07/16 名演小劇場

ナチスを彷彿させるパフォーマンスで物議を醸すスロベニアのロックバンド、ライバッハが、北朝鮮の祖国解放70周年記念日に招待され、ライブを行うまでの1週間を追ったドキュメンタリー。

世界で最も隔絶され、欧米文化が厳しく規制されている北朝鮮。西洋のロック・バンドがコンサートを行うのは異例で、ライバッハが初とも言われているそうだ。
何故彼等が選ばれたのか?劇中、その理由は明かされてはいない。 〝北朝鮮をロック…〟のタイトルから想像していたよりは、意外に真面目なドキュメンタリーだったけれど、
普段ニュースでしか観る事のなかった独裁国家、北朝鮮の違う一面を観れた事と、ライバッハと言う極めて異色なバンドを知る事が出来て面白かった。

北朝鮮の提示する条件や様々な難題をくぐり抜けライブを成功させたライバッハ。
やっと曲が聴けると思ったラストのライブシーン、たった1曲しか通しで聴けなかったのが残念だったな。
AS

ASの感想・評価

3.6
ロシアからは出禁をくらい、旧ユーゴ崩壊の1つの要因とまで揶揄されるバンド『ライバッハ』。過激なパフォーマンスで知られる彼らがなぜか北朝鮮に招かれライブを行うことに。(表面上の)ファシズムを共通分母とする両者の邂逅、そして前代未聞の公演に一種のカタルシスを期待して鑑賞したものの、浮き彫りになったのは北朝鮮の徹底的な監視体制と検閲の恐ろしさ。
狂犬からかませ犬へ。彼らは意義深い挑戦だったと語るが実際は…。随所にインサートされる緊迫化した軍事境界線の映像も効果的とは思えず。消化不良
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.5
同時期にイメージフォーラムで公開中の「ワンダーランド北朝鮮」よりも断然こちらの方が観る意義がある。
館内にはライバッハのファンらしき人々もチラホラ見受けられたが、
バンドのドキュメンタリーという感覚で観る内容ではない気がする。

バンドの存在感以前に、プロデュースに暗躍した、モルテン・トローヴィクの功績感が強い。
tatari

tatariの感想・評価

3.5
観たこともない、北朝鮮にワクワクするし、北朝鮮とスロベニアの大きく価値観の違う人たちが一つのステージ作り上げていく様はかなり面白いんだけど、なにしろバランスが悪い。
これはもしかしたら、政治的な力が働いて使える素材に制限があったかもだけど、お互いの妥協点を極限まで探し合うとても長いリハシーンを抜けて、ラストの本公演シーンがたったの一曲だなんて、流石にカタルシスがないよ。
るい

るいの感想・評価

2.5
試写会にて🎥
外国人が多いので誰が何者か、理解するのに時間がかかった。ドキュメンタリーとして作られているので、口元が映らず、誰が喋っているのかわからない。時折、戦時中の映像や、ポスターのような映像がはいってきて、心臓に悪かった。歌も、ずっと不気味だった。ずっと重い空気の中見るしかなかった。ディズニーだいすきなわたしには難しい映画だった。。。
//試写会にて

物語の中の話とはいえ、こんな国が、世界が存在するのかと衝撃を受けた。
もともと北朝鮮には行ってみたかったのだけれども、その気持ちがより一層刺激された。

なにが幸福か、人によって違うだろうし分からないけど、私たちにはいろんな選択肢があること、いろんな世界があることを知れること はとても有り難いことだなと思えた。

音楽も良いので、好奇心旺盛な方にぜひみてほしい映画です。

試写会参加させていただいてありがとうございます!
fishbed

fishbedの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

オープニングの、各国の映像をミックスしてバックにライバッハの音楽が流れていたけれど、次第に見分けがつかなくなっていたのが印象的。
また、確認に時間がかかる、やりとりがスムーズにいかないことに、国民性が深く関わっていたこともとても心に残った。
>|