北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」に投稿された感想・評価

umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
アジアンドキュメンタリーズにて

北朝鮮の「祖国解放記念日」を祝う政府主催のイベントで、海外のロックバンドとして初めてコンサートを行うことになったスロベニアのバンド「ライバッハ」
本国では全体主義やファシズム的な出立ちでパフォーマンスし、「礼賛か批判か」と物議を醸し、右に左に全方向から非難轟々の彼等がなぜ招かれたのか。

彼等と北朝鮮の主催者が揉めに揉めながら当日を迎えるまでのドキュメンタリー。

非常に興味深かったし、仕事でバンドの海外ツアーに何回かついて行ったこともあり、「わかるわかる」的なところもチラホラ。

「どんな国でどんな文化だろうと、出来るだけバンドのやり方でライブを成功させたい」
と思ってるのはバンドも北朝鮮の主催者も実は一緒で、待っているのは更に上に決定権がある「検閲」だった。

ライバッハチームの
「体制や思想の違いで差別はしない。お互いの文化を尊重して双方ともに礼儀を尽くすべきだ。」(あれを削れあれを辞めろと言われすぎてちょっと怒ってたけど)という、日本にいて北朝鮮関係の報道を見ている限り、到底真似できない姿勢にはとても好感が持てるし、「出来ることをやろう」とグータッチしながら言った北朝鮮の主催者にも「中間管理職はどの国も大変ですなぁ」と微笑ましくなったりもした。

なにより「太陽の下で」とはまた違った市井の人々の姿に、自分の中に出来上がったバイアスを感じ、これまでの認識が崩れていく感覚があり、これは色々見る必要があるなと思ったり。
国同士の外交ゲームに教育や規制で国民感情を利用するのは本当にやめて欲しいなあと思ったり。
文化交流ってスゲーんだなと思ったり。

非常におもしろかった。
おすすめ。
スロベニアのネオナチ風バンド、ライバッハが北朝鮮で公演を行うというドキュメンタリー映画。

内容としては特に目新しさはなく、バンドメンバーの「北朝鮮は最も成功した共産主義国家に見える」という皮肉なのか褒めているのかがよく分からない微妙な発言ぐらいしか印象に残る物は無かった。

全編に渡り、北朝鮮の統率が取れていないスタッフ達と共に何とか公演を成功させようというライバッハのメンバーの姿が描かれているけど、わざわざ映画にしなくて良かった気もする……。
nnk

nnkの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・なんとなく流しておこうと流していたのに途中から本気で観てしまって、最初の方はちゃんと観れていない。

・外国の人のカメラがあるからの壮大なやらせじゃないの?と思ったりもしたが、バンド側の人がやらせではなさそうだと言っていましたね。国に入って内側を外から見たら幸せそうに見えるのかそうなのか〜。

・国全体で統制を取る事に物凄く厳しいのに、会場のセッティングやリハの時の現地スタッフのはちゃめちゃ感が面白かった。自分の考えを持って個人で動く事ができなくなっている、と。

・合唱隊?の人本当に歌上手いのね。

・音楽を聴きながら映像が観れない・爆発のシーンに驚く、の指摘、偉そうに物申しておきながら恐らくその人その場で寝てる、とか結構笑えるポイントがある。

・外側の人からすればどうでもいいように思える事でも、とにかくこれはだめあれもだめと厳しく禁止するのは、そうする事で完全に洗脳ができるようになるという事なのか?
「あれとこれをお願いします」と話すと、集まっているたくさんのスタッフがバラバラに行動しはじめる。国民性が出ているとでもいうか。トップからのいい加減な指示なんて、日本の公務・政務にも似たようなところがある。60年代、ビートルズが来日しようというときには、大人たちが「あんなのはエレキ・モンキー」(エレクトリック・モンキーだったかもしれない…)みたいな揶揄をして問題になったそうだが、異文化に対する警戒心というのは、アジアでは特に強いものがあるのか。
しかし、はじめて体験したロックがライバッハというのは、ロック全体について誤解を与えそうだ。
否定からではなく肯定から
北朝鮮でいつの日にかライバッハの影響でロックバンドが結成されると素晴らしいね
面白かった
eop421

eop421の感想・評価

3.6
北朝鮮の平壌でライブをやったのは⁡
知っていたのでそのドキュメンタリー⁡
というので観てみました。⁡

とにかく異様な国であることがよく⁡
わかります。⁡
街中を散策するのも制限があったりで⁡
大変そう。修学旅行で勝手な行動する⁡
なよ、と散々注意されたのに勝手な⁡
ことする迷惑な子ってよくいますよね。⁡
メンバー一人がそれをやってしまうの⁡
です。場所は北朝鮮なので危険を伴う⁡
可能性があるのに!見つかった後に⁡
叱られるたのは言うまでもありません。⁡

お客さんが皆お行儀良く座って見て⁡
いるのも異様です。なんだかシラケた⁡
ような表現だし…。演ってるほうも⁡
やりにくそう。⁡
ハル

ハルの感想・評価

-
北朝鮮で公演できたライバッハも凄いが日本の猪木やプリンセス天功や江頭2:50も凄い!!
梅村

梅村の感想・評価

4.5
ユーゴスラビアや北朝鮮の歴史をよく知らなくても楽しめる。というか知らないから色々と新しいことを知れてめちゃくちゃ面白かった。

声出して笑うところもあったし、ハッとするやうな言葉もあった。

ライバッハが壊せる国なんか存在する意味がない

どのような壁にも魂の入り込む隙はある
八月

八月の感想・評価

4.8
めっっっっちゃくちゃ良かった…
ヤバすぎて最初モキュメンタリーかと思ってた
1つの国の国民として、なにが幸せなのか、国とはなにか…わたしにはまだよくわからない
YAMAHAのピアノなんだな

このレビューはネタバレを含みます

旧ユーゴで結成されたファシズムを崇拝するクレイジーなロックバンドが、北朝鮮の記念日に海外ミュージシャンとして初めてライブをした際のドキュメンタリー映画。
リアルな北朝鮮が鮮明に描かれててとても良かった。
基本的にライブの準備の映像がほとんどでライブ自体の映像は10分ちょいとかだけど、北朝鮮の人々の仕事の仕方や、やりたいことと検閲の間でどう落とし込むかという葛藤が見れる作品。

一番印象に残ったシーンは30人くらい検閲官とかが見に来てるけど誰も仕事してないとか、全員が合意していなければ何も決められないとか評されてるところで、完全に日本社会では?ってなった。日本も北朝鮮もクオリティは違えど思想には大差ないと感じた。

あと、観客が椅子に座ってショーシャンクでも見てるかのような神妙な面持ちでライブを観賞してたのはめちゃくちゃ面白かった。アーティストがライブやりにくそうな国ランキングはぶっちぎりで第一位です。

ちなみに北朝鮮で使われてるピアノはYAMAHAでした。
>|

あなたにおすすめの記事