ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

Soyeob

Soyeobの感想・評価

-
高評価される意味がわからない作品。
主人公のあのサイコパスみたいな演技も気分悪くなったし、ゴツゴツしてる骨張った体も怖かった。
ル

ルの感想・評価

-
『ジョーカー』って言葉自体知らなかったから主人公の名前かと思ってたし、
ピエロ出てくるし怖そうやからITみたいな感じかな〜って再生した
全然違った

え、これ妄想?あ、現実、じゃあこれが妄想?あれ?これもガチなんかな、あれこっちは妄想やった?え?どういうこと?ってなってたら終わっちゃって、
あぁそういうこと?どういうこと?ってなった、めまぐるしい
シーンごとに色々思うことはあったけど、事前知識がなさすぎてスタートから置いてかれた感がある
もっかい見ようと思います。
きゃお

きゃおの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

Movix

最初のタイトルが画面いっっぱいにドーーン!!って出てくるのがたまらなく大好きすぎる
バットマンだな、あの子ってなった瞬間は割とトリハダ
しおん

しおんの感想・評価

4.8
ジョーカーに感情移入してしまう
殺人は絶対いかんことなんだけど、これを見ると殺人が正当化されてる様に感じる
…とにかくこのジョーカーも好き
今回の作品は他のジョーカーの作品と比べ、ただの狂気と悪に満ちただけでなく、正義の悪として描かれていて新鮮だった。主演のホアキンの演技は流石としか言いようがないくらい惨めさ、潜む優しさ、狂気を忠実に再現していた。
あや

あやの感想・評価

4.2
光の使い方がとてもよいと思いました。

ニューヨークに行っておいてよかったなと思う映画。

何が悪で何が善なのか、自分はどの立場になり得るのだろうかと考えさせれる。
みー

みーの感想・評価

4.6
今さら感あり!?
これ映画館で見たかったのに、結局観ないで終わってしまった作品。
旧作になるまで粘りましたよ。
そして後悔…。
あーぁやっぱり映画館で観れば良かった。
久しぶりに何回も観たいと思えた作品。まず、映像がカッコいい!
タイトルが出るところとか全体的にスモーキーな感じが、私の感性を刺激しまくるのです。
サイレントでも楽しめるんじゃないかと思うほど、どのシーンもポスターになるくらい印象的なシーンがたくさんありました。
『なぜジョーカーになったのか』謎が解明されていきますが、解りやすい!
たまにある、『想像してください』
ではなく明確な理由や、妄想と現実の狭間の答え合わせなど、きちんと教えてくれるので、ストレスなく見れる。
ジブンデカンガエルノモスキダケド。
とはいいつつ、ラストは色々な解釈ができそうな余韻に浸れる。

ジョーカー&バットマンシリーズ見たくなりました。

前知識なく見たけど、私的にそれが正解!
バットマン詳しくないけど、楽しめる!
まだの人はイナイカ…是非見てほしい。
一つ!バットマンの名前は知っていても損はないかも!?
suzuka

suzukaの感想・評価

5.0
これは、、、娯楽としての映画作品の範疇を超えてきた。賛否両論あるけど、これがまさにアートだし、表現するということ。たくさんの批判を受けながらも、高い評価を得ていることに納得。

作品の文脈をちゃんと捉えたくて、見た後にいろいろ調べて、今まで観たどの作品より、スコアをつけるのが難しかった。個人的な感想、私の好みかはひとまず置いといて、⭐︎5.0。監督はこれを世に出すことの危険性と批判を受けること、十分理解・認識したうえで、ここまでまっすぐジョーカーというキャラクターにアメリカの社会問題を表現させていたのがすごい。本当に素晴らしいアート作品だった。
無糖

無糖の感想・評価

3.5
後味悪いって言われてたので覚悟したけど私はそうでもなかったです。人間が落ちることまで落ちるとこうなるのかなって思いながら観てました。あと、ジョーカー役の俳優の演技が圧巻でした。
みどな

みどなの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アメコミ。
「ジョーカーの誕生」を描く。

「カリスマ」とは…預言者・呪術師・英雄などに見られる超自然的・または常人を超える資質のことを指す。

今作のジョーカーは殺戮者ではなく、
「アーサー・フレック」というゴッサムシティ下位層の住民の人生である。
悲惨な人生の中でも、コメディアンになることを夢見るアーサー(ホアキン・フェニックス)。

ピエロの化粧は素顔を隠すためではなく、女性の化粧と同じ。
アーサーの「喜劇」の人生を表している。
「今」が楽しいから「笑っている」のである。
ピエロの仮面を捨てたのは「偽り」の人生とおさらばする為。
「アーサー・フレック」との別れ。

そして階段を踊りながら下るシーン。
人生を「堕ちていく」。自ら楽しそうに「選んだ」のだ。
フランク・シナトラ「that’s life」に乗せて
「これが人生」と言わんばかりに。
他人に批判されようが、彼の「主観」では「コメディー」なのだ。

「アーサー」がジョーカーだったのではなく、
「ゴッサムシティ」が「ジョーカー」という「カリスマ」を生み出し、
結果、アーサーがジョーカーと「呼ばれる」ようになっただけで、
もしかしたら別の誰かが「ジョーカー」になっていたのかもしれない。