108~海馬五郎の復讐と冒険~の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(2館)

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」に投稿された感想・評価

metoo

metooの感想・評価

-
笑った‼︎
で、面白うてやがて哀しきsex哉、とも思う
やがて哀しき〇〇、と色々言えそう
tomratt

tomrattの感想・評価

-
@シネ・リーブル池袋scr2
お尻の穴までみてちょ~だいって…
みたくねーよ!(笑)
すべてさらけ出す。
表現者としてエロい…もとい、エラい!のかな?
『愛のコリーダ』以来のR18映画だった。
この映画では上映中の痴漢騒ぎは起こらない。裸体はいっぱい出てくるけど、いやらしくない。面白い。
高校生が見てもいいんじゃないか…という気にもなる。ダメだけど。
そして、老いを意識し始めた大人には切ない話。
きっと大人たちは『これでいいのか』といつも迷ってもがいてる。
誰かに言って欲しいのだ。
“いいんです”と。
nibaisoku

nibaisokuの感想・評価

3.0
ウワォ!!!!!
お客さんがなさそうですありそうな世界って言ってたのが印象に残ってた
「108の煩悩」のメタ的で、男のちっぽけなエゴが炙り出されるが、ギャグとコミカルさとエロ要素を盛り込んだ演劇的ドタバタ劇に。妻の浮気のオチは悲しいレベルのナンセンスさだが、作品のテイスト同様にナンセンスさを突き通したことが良く、そのオチが大して問題にならないことが作品の妙でもある。

切っ掛けなんか、最早どうでも良いような、散々、男にとっての性的な趣向を追い求めて、快楽をレベルアップし続けた挙げ句の果てに。解決しても、それでも向かう、未だ見ぬ楽園を追い求める、男のサガの悲しさが溢れ出ることに。辿りつけないのが楽園であって、彷徨い続けるようなメタ的な航海が、何とも言えない味わいに。
我慢しきれず何度吹いたことかwwR18なのでせーくす描写は多いですけども。世の中の旦那さん達は嫁が追っかけしてるとこんな妄想を抱いているのですかね。うざいですね。勘違いも甚だしい(笑)
そして復讐の方法ったら。
人間の悲しい性に気づくまでお金がかかるものですねww

あ、後みぽりんの喘ぎはキレイでした
(*´∀`)
航

航の感想・評価

3.8
大人計画の舞台は好きですが、これは舞台では無理だろうなあ。

妻のFacebookを見たら、見知らぬ男と写り、108のイイネがあった。そこから思いつき、108人の人とやる復讐が始まる、という話。ネタやら展開やら、盛り沢山。かなり笑いました。松尾スズキ、すげえなー。言葉のセンスが更に冴えてるし。しっちゃかめっちゃかになって、シンプルに戻るの演出はさすが。

同じく大人計画の星野源が主題歌。作詞は松尾スズキでした。
面白かったです。
フリーパス11本目
茶碗

茶碗の感想・評価

3.5
松尾スズキの疲れや諦めや虚しさが全体を覆っていた。そういう感情を作品として形象化してその全てに正面から向き合うというのは、自分自身を追い詰めることになると思うけれど、同時にそうやって形象化して外に出すことで何とかやっていけるというようなところもあるんだろうと思った。見た自分もこの世界の虚しさに直面させられた気がして、重い気持ちになった。
タバタ

タバタの感想・評価

3.5
星野源の夜のボートが凄まじく良い。ラジオで聴いてから観たから知ってはいたのだけど、この映画を見た後に聴くとまた違う良さがあった。

内容自体はコメディ色が強く、いい意味で好きなこと好きなだけ詰め込んだ感が出てて私は好きだった。それで終わっても良かったのだけれど、最後の曲があることでどこか品のある作品になっていた。曲で綺麗に梱包されていると思った。
めちゃくちゃ面白かった ギャグが冴え渡ってた 松尾さんおじさんになって新たな境地を獲得した感がある 全裸監督ありがたがるぐらいならこっち全員観てほしいな