ロボット2.0の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「ロボット2.0」に投稿された感想・評価

ヒー

ヒーの感想・評価

3.6

前作の方が面白かったです。
チッティが、登場するまでが、微妙に感じましたが、助手のニーラの活躍や意味のわからない使い方のCGを使ったアクションシーンなどは、面白かったです。環境問題や、スマホによってのくだりはあまりいらないと感じました。インド映画のよくある歌のシーンが、あまり今回は、無かったで、少し残念に感じました。続編あったら
観たいです。
おシゲ

おシゲの感想・評価

4.1
ちょいちょい主人公側の方がやってること悪役じゃねーか!ってツッコみたくもなる。ただスーパースター、ラジニカーント様の前ではそんなもの関係なし!!
勢いとエネルギーそして少しのメッセージ性が絶え間なく押し寄せて来るから疲れてるときは観ない方がいいです。万全の体調で観るべし。
rrrrry

rrrrryの感想・評価

3.0
試写会イベントで観たのですが、アクションスゴい、荒唐無稽、めちゃくちゃ面白い映画で☆5としたかったのですが、前作「ロボット」のテーマ性が素晴らしかっただけに、どうしても物足りなさがあった。前作が良すぎた。
⚫︎物語⚫︎
おっさんロボvsスマホロボ

⚫︎関心⚫︎
前作の方が面白かったです。
前作はマジでワケわからない雰囲気とダンスがあって良かったが、今作はスタイリッシュすぎて少し残念でした。

⚫︎映像⚫︎
終盤のサッカー場での戦いは最高でした。
今作も銃を吸い寄せてまとめて撃つシーンがあり嬉しかったです。
高いエンターテインメント性のなかに隠された重厚なテーマという意味で、極めて優れた映画だと思う。

最初、空中に吸い上げられたインドじゅうのスマホが集合体となって鳥のロボットになるなんて、なんて子供だましなふざけた映画なんだ!と思って、失笑しつつ見ていたが、後半、怪鳥ロボット誕生の秘密を知るにつれ、感動…。オープニングのシーンとも繋がり、非常に納得した。

携帯は雀たちの棺桶だ!って名言でしょ。

電磁波の害から鳥たちを救おうとする年老いた学者の姿は本当に感動的。本当なんだと信じたが、どうなんだろう…?

別の角度から見た感想を言うと、インドのオッサンスーパースターのラジニカーントのロボット『チッテイ』の映画にMARVELの『ファンタスティック4銀河の危機』のCGが合わさったような、つまりマーベル色がついた映画。チッテイ3.0なんて、まるでラジニーカーント版アントマンだしね。笑

ちなみに、チッテイ2.0は、プレスリー風で笑える。(^O^)

それから、この映画、HONDAがお金をいっぱい出しているようだ。HONDA色が強い。そもそも、HONDAのマークがワシの羽なので、ワシのロボットなんだろうし、それをやっつけるチッテイの肩にも露骨にHONDAのマーク。HONDA好きの自分としては喜ばしい映画だ。

というわけで、携帯電話やスマホの使用は、知らず知らずのうちに、鳥たちを苦しめている。

使用はやめるべきだ。

どうしたらいいかは、わからない。

とりあえず、助手ロボットの二ラーは妖艶すぎる。

m(_ _)m
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.2
前半はとにかく無理がありすぎて笑ったが、話の背景はわかり易かったし生前の教授のシーンは引き込まれるものがあった
提唱したい問題点も明確で、ある種のクリティカルデザインとしての作品とも感じ取れる
ロボや怪人のキャラデザも悪くなかったし、エンドロールのクリエイティブがめちゃ好みだった
インドのSF超大作「ロボット」の続編。
インド映画史上最高の製作費90億円を投じたらしい。

かっこいいのか悪いのか…。
戦闘シーンは壮大なんだけどどこかマヌケだよね。

スマホが集まって巨大な怪鳥になるのはいいね。
悪役はデビルマンみたい。

全然踊らないなと思ったらエンディング踊ったー。
Aya

Ayaの感想・評価

3.1
あの、ロボットの続編だったのか!
もう一回前作見たら面白さも倍増なのかも。(Filmarks 始める前に見ていた映画なので記録はないが鑑賞済み)
でも普通に面白かった。何も考えずに楽しそうな映画を見たいという気分にはぴったりだった。
⒊0可愛い笑
たむ

たむの感想・評価

2.5
あの衝撃の『ロボット』、続編です。
やり過ぎ度はさらに上がって、何故か携帯や環境問題への警鐘は明確に、ドタバタ騒ぎが繰り広げられます。
さすがに前作より驚きは減りました。
CGアクションが似たようなものになっているのも残念な印象です。
アイデアと表現は凄まじいですが、ついていけない作品でしたね。
最初は一歩間違えると携帯が人を襲うB級ホラー。と言った感じ。

しかしそこはインド映画。
莫大な製作費、映像はハンパなく進歩している!スケールアップ
この映画で伝えたい事(環境破壊・携帯依存)もハッキリしている。
演出は相変わらずのぶっ飛び様。
突っ込みどころ満載。good