誰がハマーショルドを殺したかの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(2館)

誰がハマーショルドを殺したか2019年製作の映画)

Cold Case Hammarskjöld

上映日:2020年07月18日

製作国:

上映時間:123分

あらすじ

「誰がハマーショルドを殺したか」に投稿された感想・評価

すいません、全くハマりませんでした。
前半ウトウトして、後半晩メシのこと考えてました。なので評価は出来ません()
HAL

HALの感想・評価

4.2
眩暈がするような悪意。MGSシリーズのサイファー(作中で呼ばれる組織の名は"サイマー")や007のスペクターみたいな悪の組織が本当に存在するのか?しかし暴かれた証言と推測はあまりにもおぞましい。
T

Tの感想・評価

-
あれが仮に本当なら、普通にダサすぎるからやめたほうがいいっすよ、CIAさん。
Sachika

Sachikaの感想・評価

3.8
1961年、当時の国連事務総長ダグ・ハマーショルドの乗った飛行機がアフリカで墜落。
原因不明の事故として処理され、長年謎に包まれたままだった、ハマーショルドの死。
この「墜落事故」を追ううちに、私たちは暗殺計画、秘密組織の謎、国家絡みの陰謀と、驚愕の事実を知ることになる。

恐ろしさとドキドキと、いろんな感情でいっぱいだった。すごいドキュメンタリーを観てしまった気がする…。
陰謀説、秘密組織サイマー。
正直「観た」と書いただけで、命を狙われそうな気がしてしまうくらい、国家規模のものすごい話。
こういう本当なのかな?っていつまでも追って考えられる作品、大好きなんです。

とりあえず最後に、
「信じるか信じないかはあなた次第」
小野

小野の感想・評価

2.8
寝て起きて寝て起きての繰り返しでした😂
誰が誰だかカタカナ多くて💦

信じるか信じないかはあなた次第です。
な映画
緑

緑の感想・評価

3.0
徹頭徹尾漂い続けるモキュメンタリー感(貶してない)。
要因としては、
監督と黒人女性タイピストふたりの会話の脚本感、
監督ひとりのシーンの茶番感、
証言者や協力者の素人感のなさなど。

おもしろいかつまらないかで言ったらおもしろい。
出てくる人物名多すぎで混乱してもおもしろいのは、
偏に極端なまでに細かく刻まれた章立てのおかげだろう。
今なにを語ろうとしているのか/明かそうとしているのかが
非常にわかりやすかった。
koro

koroの感想・評価

3.5
頻繁に前後する時系列と、入れ替わる登場人物の多さ、人の名前なんだか何だかわからなくなるカタカナ名称、そして似たようなホテルで似たようなタイピストに語る2つの場面…だいぶ混乱して、途中眠くなりました。
でも興味深く面白い内容。どこまで真実なのかわからないけど。
タスク

タスクの感想・評価

3.5
陰謀かはたまたアホらしい妄想か
ハマーショルドの死とそれに携わったとされる秘密組織と謎の人物を調査していくドキュメンタリー

スペードのエース、未公開情報、秘密結社、絶滅計画、白い服…etcなど謎の多い国連事務総長の死から浮かび上がる映画のような疑念とキーワード達
前半は少したるいが後半組織に近い人間が出てくることで次第に陰謀論が現実味を帯びてきて面白くなる
imapon

imaponの感想・評価

3.6
コンゴ動乱 言語道断 w
新型コロナなんかもそうだけど、陰謀論とはファクトとかフェイクとかはどーでも良くて、そんな事もさもありなんと思考するだけで楽しくも恐ろしくもあるわけだ。
さらに陰謀は暴かれたり解明されたりしない謎に価値がある。
前半ダルいがだんだん良くなる。
口実を二人の黒人女性に今時タイプさせる。
マッツ・ブリューガー監督のいかがわしい演出と彼自身のキャラ魅力もあり十二分に面白かった。
1961年、アフリカのザンビアで起こった第2代国連事務総長・ダグ・ハマーショルドの飛行機墜落事故死にまつわる謎に迫ったドキュメンタリー。

監督も作品冒頭で「誰やねん」扱いしている通り、私もハマーショルドさんについてはまったく存じ上げませんでした。

ただこの映画はハマーショルドさんについて最低限のことは教えてくれるものの、さほど深掘りすることはないという。

しかも「ハマーショルドの墜落死が暗殺だったのではないか?」という疑惑の解明が動機だったはずが、次第にその本筋からズレていき、その事件に関わったとされる秘密組織・サイマーとその中心人物、ドクター・マックスウェルの正体探しに焦点が当たっていくのですね。

ほんでまたサイマーにまつわる話ってのが、とてつもなく怪しいというか、英国系の諜報組織が絡んでるだのなんだの、典型的な陰謀論チックで、だんだん「これ、全部フィクションなんちゃう?」という気にさせられるんですな。

このあたり、おそらく監督は意図的にやっていて、ホテルで2人の黒人秘書が監督の証言を古いタイプライターで打ちながらやり取りするという虚構めいた演出をインサートすることで、あえて観客を混乱させてると思われる。

この人を食った、ある種愉快犯的なアプローチは好悪が分かれそうですが、わたしゃ全然好きな方ですね。

サイマーの件は後半、南アフリカのアパルトヘイトを巡る信じられないほど非人道的な秘密工作にまで行き着き、まあ結局どこまでが事実かは証明されずじまいなんですが、あまりに重たい話だけに、完全なフィクション化も正調なドキュメントにも出来なかったのかと想像する次第。

マッツ・ブリューガー監督、ふざけた中にも硬骨なジャーナリスト魂が宿った人なのかなと、この怪作は伝えてくれています。